大手前学園_2019年度大手前大学入試ガイド
28/117

大手前大学 | 現代社会学部 / 総合文化学部 / メディア・芸術学部公募制推薦入試(B日程)(併願可)全体評定平均値×10調査書50点配点次のいずれかに該当し、出身学校長が推薦する者 ❶高等学校もしくは中等教育学校を卒業後5年以内の者および2019年3月に卒業見込みの者で、高等学校もしくは中等教育学校(後 期課程)1年から最終学年1学期または前期までの欠席日数が25日以内のもの ※特別な事情のある場合はアドミッションズ オフィス TEL.0798-32-7541までご相談ください。❷文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外施設の当該課程を修了した者および 2019年3月までに修了見込みの者 出願資格選考方法調査書(配点50点)+適性検査(配点200点)=合計250点満点で判定します。(P51「Q6」参照)数 学適性検査時間出題科目4教科5出題科目より2教科2出題科目選択外国語教科国 語『数学Ⅰ・数学A』『英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)』『国語総合(古文・漢文を除く)・現代文B』「世界史B」または「日本史B」地理歴史学部14:00~15:0010:00~11:0011:40~12:40200点選択配点※3科目を受験することはできません。2科目だけ受験してください。※「地理歴史」および「数学」については適性検査当日、問題を見た上で選択することができます。(P52「Q14」参照)※受験科目について事前の登録の必要はありません。それぞれの受験科目の適性検査時間に受験してください。(P52「Q14」参照)※解答は、「外国語」・「地理歴史」および「数学」は、すべてマークシート方式です。ただし、「国語」はマークシート方式に加えて一部筆記による解答方式となっています。※「数学A」は、「場合の数と確率」「図形の性質」を出題範囲とします。※本学が認める技能審査において、指定のスコアを取得した者は、本学実施の「英語」100点に換算します。詳しくはP93をご確認ください。 なお、英語特待生を希望する者は、本学実施の英語試験の受験が必要です。郵送出願期間(消印有効)・入学検定料取扱期間窓口出願日合格発表※通知書投函日12月21日㈮―2018年11月22日㈭~    12月6日㈭ 募集日程※会場の所在地はP99の地図を参照。 ※受験に関する注意事項(P92)を参照。本学(さくら夙川キャンパス)適性検査日・会場12月16日㈰※アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)はP3をご覧ください。現代社会学部総合文化学部メディア・芸術学部募集人員学部入学定員募集人員現代社会学部220名10名総合文化学部190名10名メディア・芸術学部180名10名※P9「入試種別募集人員」参照。受験上の注意事項高等学校もしくは中等教育学校(後期課程)1年から最終学年1学期または前期までの欠席日数が25日以内のものであることが出願の条件となります。※特別な事情のある場合は アドミッションズ オフィス TEL.0798-32-7541までご相談ください。この入試のポイントPoint 4インターネット出願に限ります。入学検定料が一律5,000円割引されます。Point 5学園卒業生・在学生の親族への検定料優遇制度として、対象者は入学検定料を免除。※詳細は、右ページ下部をご確認ください。Point 3専願で受験する場合、入学検定料が5,000円減免されます。Point 2入試特別奨学金制度・英語特待生・数学特待生対象。成績上位者に最大4年間の授業料全額[年間780,000円]もしくは半額[年間390,000円]免除の可能性があります。(P96「奨学金制度」、P52「Q16」「Q17」・P53「Q18」 参照)Point 1調査書により、日頃の学習成果を評価します。(P51「Q6」参照)※評定平均値による推薦基準は設けていません。27

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る