大手前大学

アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

通学課程全体

大手前大学は、本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、自ら課題を探求し、自律的に考え行動して解決の道を切り拓く、意欲と能力に富んだ学生を国内外から幅広く受け入れます。多様な能力を持った学生を幅広く受け入れるために、多種の選抜方式を用意し公正かつ厳正な選考を行います。

本学は以下の資質を備えた人材を積極的に受け入れます。

健康栄養学部

健康栄養学部は、本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、自ら課題を探求し自律的に考え行動して解決の道を切り拓く意欲と能力に富み、食を通じて国民の健康向上への貢献を志す学生を受け入れます。
多様な能力を持った学生を幅広く受け入れるために、多種の選抜方法を用意し公正かつ厳正な選考を行います。
本学は以下の資質を備えた人材を積極的に受け入れます。

  1. 健康と栄養に対する強い関心と旺盛な探究心および自己成長意欲
  2. 健康と栄養の専門家として社会に貢献しようとする高い志
  3. 管理栄養士を目指すための基盤となる知識・能力

ついては、基礎的な教科の「国語」、「外国語」、「生物」、「化学」、「数学」などの基礎力を身につけていることが望まれます。
また、一定程度のコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを重視します。

これらの能力をさまざまな試験によって問います。AO入試では面談によって、志望動機、特に管理栄養士資格取得への意欲とともにコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを判断し、二次選考で調査書によって高等学校での学習成果などを見ます。公募制推薦入試では、調査書の内容と適性検査によって知識と論理的思考力などを見ます。一般入学試験では、各科目の試験を通して、知識や語学力、論理的思考力、数理力、理科の学力などを問います。このほか大学入試センター試験利用入試を設けて、同様の資質を問います。

日本高等教育評価機構による認証評価で「認定」を受けました。
大手前大学は、平成27年度に(公財)日本高等教育評価機構による認証評価を受審し、平成28年3月8日付けで同機構が定める評価基準を全て満たしているとの認定を受けました。なお、当該評価の認定期間は、平成27年4月1日から平成34年3月31日までの7年間です。
ページトップへ