トピックス

小惑星「Otemaedaigaku(大手前大学)」誕生!

ニュース
9月28日発行の国際天文学連合(IAU 本部パリ)の「小惑星回報(M.P.C.95803)」にて、大手前大学の名前が小惑星に付けられたことが発表されました。

これは北海道・北見市の個人天文台にて、アマチュア天文家・円舘金氏と渡辺和郎氏によって1993年9月に発見された16,644番の小惑星です。ふたりはこれまでに合わせて500以上の小惑星を発見されています。
北海道網走郡在住の円舘氏は、本業の木工細工の傍ら小惑星や系外惑星などの捜索観測を積極的に行っています。渡辺氏は現在、札幌市在住で、NPO法人東亜天文学会の小惑星課長。国内の小惑星捜索者のリーダーとして活躍されています。

この小惑星は、大手前大学 通信教育部・非常勤講師であり、NPO法人東亜天文学会理事長の山田義弘先生が、元本学教授の長谷川一郎先生に相談され、命名提案をしていただきました。渡辺氏が国際天文学連合小惑星センター(米国マサチューセッツ州)に申請し、この度、命名公表の運びとなりました。
国際天文学連合からの「小惑星命名記念額」は、山田先生より大手前学園 福井要理事長と柏木隆雄学長に届けられ、学園からは山田先生に感謝状が贈られました。

2016年に大手前学園が創立70周年、大手前大学が50周年を迎えるに際し、大変うれしいニュースとなりました。ご尽力をいただきました皆さま、ありがとうございました。

尚、今回の命名について、現在発売中の『月刊 天文ガイド』2016年1月号(誠文堂新光社)にて、詳しく紹介されていますので、ぜひご覧ください。
s_DSC00444
s_DSC00427
s_DSC00441
s_DSC00451
s_DSC00456
s_DSC00458