大手前大学

2013年度 課外活動イベントレポート

さくら祭レポート (2013年4月13日)

さくら夙川キャンパスで開催した2013年度さくら祭。
「さくら祭」とは、「地域と学校の活性化」という目的の下、学生が企画・運営を行っているイベントで、今年で4回目を迎えました。

短い準備期間を経て迎えた当日。早朝に大きな地震が発生しましたが、さくら祭は30分遅れでの開催が決定。

開会式前にさくら祭実行委員会が円陣を組み、気合を入れているのを撮影した1枚。この写真からも実行委員会がさくら祭にかける思いが伝わってきます。

そして、開会式。
柏木学長、廣田学生部長より開会のお言葉、さくら祭実行委員会の出口裕晃さんの開会の挨拶をいただき、毎年恒例となっている鏡開きへ。

今年はなんと、西宮市の観光キャラクター「みやたん」が駆けつけ、鏡開きにも参加していただきました。

開会式終了と同時に、模擬出店学生の賑やかな売り込みの呼び声が響き・・・

部活動体験コーナーでは本学の学生が日頃行っている活動をていねいに説明する姿などが見受けられキャンパス内は活気付いていきました。

また、親子連れの来場者にも楽しんでいただける「子どもイベント」にも多くのお子さまにご来場いただき、変装した学生を見つけてスタンプを集めるゲーム「WANTED」も大好評でした。

野外ステージでは課外活動団体のパフォーマンスだけでなく、地域団体であるフラダンスの発表、ビンゴ大会など、地域の皆さまにもご参加いただきました。

そして、閉会式終了後、みやたんとの記念撮影を行いました。

今後も、このさくら祭のように、地域と大学のつながりを深められるようなイベントの支援に努めていきたいと思います。

ページトップへ