大手前大学

怪我・事故に遭った際の対応

ケガをした・事故に遭ったとき(キャンパス内・通学中など)

講義中・学校行事中・課外活動中・通学中・キャンパス内にいる時にケガをした・事故に遭ったとき

学生教育研究災害傷害保険は、学生の教育研究中の事故による「ケガ」に対し、(公財)日本国際教育支援協会が窓口となった全国的な補償制度です。新入生のみなさんは本学への入学と同時に全員加入しており、在学している間有効です。
正課・学校行事中・課外活動中などに「ケガ」をしたら、至急学生課で手続きをしてください。

自宅外から通学している場合の医療費について

自宅外通学生(下宿・入寮生)が病気等で受診する場合に、「健康保険証」に代わる「遠隔地被保険者証明書」が必要ですので所持してください。
「遠隔地被保険者証明書」の取得方法は、保護者が国民健康保険に加入されている場合、保護者の居住する役場に、また、社会保険や共済保険に加入されている場合は保護者の職場に、それぞれ問い合わせください。

学生教育研究災害傷害保険(学研災)の内容

(1) 保険金が支払われる事故の範囲と治療日数

事故の範囲 実治療日数
1. 正課中・学校行事中 1日以上
2. 1.以外で学校施設内にいる間 14日以上
3. 学校施設外で大学に届け出た課外活動中
4. 通学中・学校施設など相互間の移動中 4日以上

上記範囲内の事故で1日でも入院した場合は入院加算金を支払います。

(2) 保険金請求の手続き

事故報告
ケガをしたら至急学生課に届け出てください。
保険金請求
ケガが完全に治ったら、学生課に請求書を取りに来てください。
保険金支払
保険金は銀行に振り込まれます。
ページトップへ