CFP - Workshop and Symposium on Culturally Familiar Material Development for EFL Education

IIE

CFP, Workshop and Symposium
Workshop and Symposium on Culturally Familiar Material Development for EFL Education

Otemae University, Sakura Shukugawa Campus
December 2, 2017
Call for Papers
The Institute of International Education at Otemae University, as part of its kaken research project, “Multicultural Japan: Effective Methodologies for Teaching Language and Culture to Japanese University Students,” invite language educators to submit proposals for an international workshop on culturally familiar material development in EFL education for our symposium and workshop to be held on Dec. 2, 2017.

Effective pedagogy and language education in Japan is frequently debated, with scholars often pointing out the failures and shortcomings of the current curricula in developing fluent speakers. Compulsory language education is often the target of criticism, but tertiary education has also been the subject of debate and reform. As more Japanese English learners study the language not to travel abroad, but to use English to work within Japan, the goals of the students and pedagogies teachers deploy in the English language classroom are shifting.

In light of these trends, it is important to note that recent scholarship has demonstrated the efficacy of culturally familiar contexts in language education, yet textbook developers in Japan have been slow to reflect this research. This workshop and symposium aims to bring together English language educators who are interested in the place of local culture in the language classroom. While engaging with the concept of “glocal” language education, we aim to take up how cultural scaffolding becomes an important part of materials design and classroom dialogue.

We invite papers from multiple perspectives, from research into culture in the EFL classroom to materials creation workshops. We encourage presenters to think of the topic in broad terms and submit work that deals with local culture in the classroom.
Paper presentations will be thirty minutes, and workshops are one hour.

Interested scholars should send an abstract and their bionote to iie2017@otemae.ac.jp by Sep 30, 2017. Acceptance notices will be issued by September 18. Limited funding is available for conference participants. Please indicate your need at the time of application and include where you are traveling from and whether you require assistance.

Conference Organizers

Koichi Ando, Shirley Ando, Daniel Tang, Kathryn Tanaka


論文募集、ワークショップ、シンポジウム

日本文化・地域文化を背景としたEFL教材開発に関するワークショップ・シンポジウム

大手前大学さくら夙川キャンパス
2017年12月2日(土)
論文募集

大手前大学国際教育インスティテュートは、科研プロジェクト「多文化日本:日本の大学生への効果的な言語・文化教育法」の一環として、2017年12月2日に、 学習者にとって馴染みのある日本文化、更には地域文化を背景としたEFL教材開発に関する国際ワークショップ・シンポジウムを開催いたします。つきましては、以下のように英語教育関係者の皆様からの論文を募集させていただきます。

日本における効果的な英語教授法については多くの議論がなされており、現行のカリキュラムでは、英語を正しく話すことのできる人材が十分に育成されていない現状が専門家によって指摘されています。義務教育で行われる英語教育がしばしば批判の的となっていますが、高等教育でも議論と改革がなされてきました。より多くの英語学習者の学習目的が海外旅行で使う英語ではなく、日本国内における仕事で使える英語の習得に変化するにつれ、 学生の学習目的および英語のクラスで教師が用いる教授法も変化してきています。

こうした中、英語教育において文化的に馴染みのある内容を扱うことの有効性が最近の研究で示されていますが、 日本では、この研究結果を反映した教材開発が進んでいるとは言えません。本ワークショップ、シンポジウムは、英語のクラスで日本文化や地域文化が果たす役割に関心のある英語教育 関係者が一堂に会し、 「グローカル」な英語教育について議論するとともに、学習者の文化的背景が教材開発やクラス内の対話にどれだけ重要な役割を果たしているのか、共に考えていきたいと思います。

本ワークショップでは、EFL授業における文化についての研究から教材開発ワークショップまで、上記テーマに関する論文を募集いたします。トピックは幅広く捉えていただき、「日本文化・地域文化を背景とした教材が英語教育に果たす役割」に関する論文であれば、多くの方からご応募いただければ幸いです。
論文の発表時間は30分、ワークショップは1時間を予定しております。
関心のある方は2017年9月30日まで<iie2017@otemae.ac.jp>宛に論文の概要と略歴をお送り下さい。採否結果につきましては9月18日までにお知らせいたします。

なお、ワークショップ参加のための交通費支援など必要な方には、限定的ではありますが参加補助金制度を準備しております。参加申し込みの際、現在の居住地及び支援が必要な旨お知らせください。審査の結果につきましては後ほどご連絡させていただきます。以上、どうかよろしくお願いいたします。


ワークショップ企画実行委員
 安藤幸一、シャーリーアンドウ、ダニエルタン、田中キャサリン

Author of this article

Daniel Tang

Daniel Tang

Cultural and Historical Studies

Instructor

List of articles by this teacher

Recent posts

IIE

English & Leadership Camp 2017

IIE

CFP - Workshop and Symposium on Culturally Familiar Material Development for EFL Education

IIE

Farewell to our exchange students

List of articles
Top