大手前大学

考古学専攻

好奇心を原動力に、人類の文化の源を探る。

好奇心を原動力に、人類の文化の源を探る。
考古学総合研究:森下 章司 教授

1.遺跡の発掘や出土品を通じて人類の過去を研究。

考古学は、遺跡・遺物といった人類が残した痕跡の研究を通して、人の活動やその変化を探究する学問です。歴史学のなかの1分野なので、古代史など幅広く学ぶことも必要。考古学専攻では日本の考古学を中心に、その基礎や研究に加え、現地調査に必要な技術も身につけます。

2.数万冊の文献や多くの遺物がそろう「史学研究所」を研究に活用。

数万冊の文献や多くの遺物がそろう「史学研究所」を研究に活用。

キャンパス内にある「史学研究所」には、調査や分析に使用する高度な設備があり、歴史や史跡に関する数万冊の資料や参考本、兵庫県内などで発掘した遺物なども貯蔵しています。さらに遺物は、手に取って観察することも可能。考古学を学ぶ環境としては、関西トップクラスといえます。

3.今日の考古学において欠かせない「文化財科学」の知識を修得。

今日の考古学において欠かせない「文化財科学」の知識を修得。

考古学を学ぶ上で欠かせないのが、科学技術を応用した「文化財科学」に関する知識です。考古学専攻では、遺物の内部を捉えるエックス線、正確に計量するレーザー装置など最新の設備が利用でき、それらを扱う技術や、資料撮影のためのカメラに関する知識についても学びます。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 入門授業「考古学の扉」を通じて、考古学とはどのような学問なのか、世界の遺跡や発掘の実例を通じて広い視点から学びます。

【II】 概説講義、専門的な授業のほか遺物の整理など実践的な方法を経験する「考古学実習」などを受講し、専門分野に関する知識と方法についての理解を深めます。

【III】 ゼミ活動と並行して、博物館や遺跡見学などの活動を通じ、実際の調査や研究の方法を身につけます。

【IV】 自分の関心に応じて研究テーマを設定し、卒業研究ゼミにおいて資料の検討方法を学びつつ、卒業研究をまとめます。

科目クローズアップ

歴史遺産学

人々の生活痕跡である「遺跡」や「遺物」は、旧石器時代から現代まで存在します。この授業では、遺跡のうち国指定史跡になっているものを中心に取り上げ、各地域の特徴を明らかにするとともに、考古学資料の読解力を身につけます。

考古学実習

遺跡からの出土品に対する整理や復元、図・拓本・写真など、考古学で扱う実際的な技術を学生自身が体験し、その方法と意味を理解し修得します。

文化財科学

文化財科学では、文化財の持っている情報を抽出し数値化して保存したり、取得したデータを研究へ応用するための情報処理技術について学びます。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 史学コース
    東洋史研究
  • 史学コース
    西洋史研究
  • 史学コース
    古文書学入門
  • 情報・コンピュータコース
    仕事とコンピュータ
  • 芸術コース
    芸術学
  • 博物館学課程

資格・関連する職業

国家資格:国家資格

取得できる資格

高等学校教諭一種(地理歴史)国家資格 /中学校教諭一種(社会)国家資格

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/博物館学芸員国家資格
博物館学芸員取得のための科目履修には人数制限があります。

関連する職業

教員(中学校、高等学校)/学芸員/司書/出版・編集/観光・旅行/公務員

進学

大手前大学 大学院 比較文化研究科

先輩Message

遺跡や遺物を通じて雄大な歴史に触れる喜び。

先輩Message
考古学専攻
総合文化学部 4年
兵庫県立宝塚東高等学校出身
株式会社アーリア内定

土の中から発掘された遺跡や遺物を通じて、過去の雄大な歴史に触れること―それが考古学の魅力だと思います。2年生までは関心があった考古学と心理学の2つを中心に学んでいましたが、3年生からは考古学一本に絞って研究活動を続けました。考古学ゼミの活動で印象深いのは古墳などの現地調査です。事前に文献などを調べ、現地に行って自分の目で確かめ、レポートにまとめるのが基本で、 3年生の1年間で神戸市垂水区の五色塚古墳など4カ所を訪れました。
4年生の活動は卒業研究が中心で、私は大阪府高槻市にあり、継体大王の墓だという説が有力な今城塚古墳をテーマにしました。総長約350メートルの非常に大きな古墳で、その成果は卒業研究に活かせたと思います。卒業後は行政書士事務所で働きます。神戸市内での勤務ですので、休日には関西の古墳を訪ね歩くつもりです。

関連ムービー

関連ムービー 関連ムービー
ページトップへ