大手前大学

比較文学専攻

文学から学ぶ、日本の伝統文化と世界の異文化。

文学から学ぶ、日本の伝統文化と世界の異文化。
ゼミナール:盛田 帝子 准教授

1.世界と日本、あるいは過去と現在、文学を比較することで、その背景にある文化を探求します。

文学作品には、時代やその国々の文化が反映されています。比較文学専攻は、日本とアジア、ヨーロッパ・アメリカの作品を読むことで、比較の視点で物語を捉える、フィクションと人間の在り方の本質について学びます。

2.文学を学ぶことで、確かな教養を培い、異文化への理解を深めます。

教養の礎となる、基礎知識が得られる多彩な授業を用意しています。
日本文化を学びたい人に向けては、古典作品や絵画、日本語教員としても対応できる日本語の特性を学べる科目を設置。ヨーロッパ・アメリカ文学に関心のある人は、西欧の神話、ファンタジーとロマンス、近代小説とアイデンティティなどが学べます。また、韓国の映画やドラマのシナリオ、その背景にある韓国文化に触れることもできます。

3.日本やアジア、ヨーロッパ・アメリカの文学を学ぶことで、海外における日本の存在を認識します。

日本やアジア、ヨーロッパ・アメリカの文学を学ぶことで、海外における日本の存在を認識します。

海外を知ることによって日本を客観視できるようになり、世界における日本の存在を正しく認識することができます。外国語能力と幅広い知識・視野を身につけることで、日本文化・文学を他国の人に紹介する力を備え、国際社会に貢献できる人材を養成します。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地域に根づいた文化と、そこから生まれた文学作品を概観しながら、比較文化・比較文学という学問の基本的な枠組みを理解します。

【II】 各地域、各国個別の文化を知りその特性を掘り下げて考えながら、それぞれの文化の独自性と共通性を理解し、それらを基礎にして比較 文化・文学の手法を学びます。

【III】 日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカのさまざまな文化的背景を踏まえて、各自が中心に据えて学ぼうとする地域文化を選び、それに関する資料、文献を探して読み解き、分析する力を養います。

【IV】 各自がこれまで主として研究してきた地域の文学とその比較対象を設定し、独自に卒論のテーマを考え、自らの調査・分析を通じて論文を書上げます。

科目クローズアップ

比較文化の基礎

ヨーロッパの神話と日本の神話を取り上げ、また、ヨーロッパ近代小説と自己確立のテーマを考察し、『源氏物語』の西洋における受け止め方を論じることで、比較文化の方法論を学びます。

ヨーロッパ・アメリカの文化に親しむ

ヨーロッパ、アメリカの魅力を探り、共通性と独自性を学ぶオムニバス授業のなかで、『ハリー・ポッター』や『ロード・オブ・ザ・リング』を取り上げて、ヨーロッパのファンタジーを考えます。

日本の名作を読む

『源氏物語』や『雨月物語』などの世界的に有名な日本の文学を読み味わい、私たちの先祖が育んできた思想や文化や価値観を知り、さまざまな視点から物事を柔軟に考える方法を学びます。身につけた教養や学びは国内外を問わず、人との良好な関係を作る基礎になります。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 国際コミュニケーションコース
    異文化コミュニケーション
  • 国際コミュニケーションコース
    英米文化と翻訳
  • メディアコース
    出版文化史
  • 芸術コース
    映画の歴史
  • 芸術コース
    物語と音楽
  • 情報・コンピュータコース
    情報と職業

資格・関連する職業

国家資格:国家資格

取得できる資格

高等学校教諭一種(国語)国家資格/中学校教諭一種(国語)国家資格/高等学校教諭一種(英語)国家資格/中学校教諭一種(英語)国家資格

目標とする資格

TOEIC® Listening&Reading Test/TOEFL®テスト

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/プレゼンテーション実務士

関連する職業

教員(中学校、高等学校)/日本語講師/司書/秘書/翻訳/外国語講師/出版・編集/公務員/研究者

進学

大手前大学 大学院 比較文化研究科

先輩Message

日本語ならではの奥深さを外国人に伝えたい。

先輩Message
言語文化専攻
総合文化学部 4年
兵庫県立神戸高塚高等学校出身

「日本語独特の素晴らしい文化を外国の人に伝えられたら......」、高校時代に抱いたそんな憧れを日本語教員なら実現できると知り、専門科目の履修を続けています。
日本語は、短い言葉の中に深い意味が込められていたり、言葉と言葉の間(ま)で意図を察したりする、奥深い言語です。できればそうした奥深さまで教えられる教師になりたいですね。4年生の今は日本語の「相槌」をテーマにする卒業論文に集中。卒業後数年以内には日本語教員になる目標を実現します。

ページトップへ