大手前大学

地理学専攻

大小の地域・空間を多面的に分析、考察する。

大小の地域・空間を多面的に分析、考察する。
フィールドワーク:貝柄 徹 教授

1.大小の「地域」や「空間」を、さまざまな観点から調査・分析します。

地理学とは、商店街、国、地球など、大小スケールのあらゆる分野での地域や空間を多面的に調査・分析し、経済・社会との関係性やその特徴を研究する学問です。暗記するのではなく、考えることが重要です。地域の歴史、文化、自然などを調査・分析することで、その理由を探ります。

2.幅広いフィールドで活かせる基礎的な専門力を養います。

卒業後に研究・教育分野、行政、企業など、あらゆる分野での活躍を想定。地理情報システム(GIS)を使用した実習的講義や現地調査によって現状分析力を、さらに、文献検索やレジュメ作成、発表・討論を行うゼミナールを通して、企画立案力や問題解決力、プレゼンテーション力を磨きます。

3.現地調査を実体験することで、“地理的な見方”を身につけます。

現地調査を実体験することで、“地理的な見方”を身につけます。

地域の特性をより詳細に見る「地理的な見方」と「都市問題・まちづくり研究の手法」を学びます。空中写真や地形図の判読、活断層の認定、環境の変遷などを読み解く方法を修得するほか、「現場を見る」ことを原則とし、「野外調査」や「巡検」を実際に体験する機会を設けています。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 地理学はどういう分野か、中学や高等学校の地理とは異なる学問としての「地理学」の奥深さをさまざまな地域やテーマを通して理解します。

【II】 地震や火山噴火などの自然災害、危機管理の観点からの防災、その他、自然環境、まちづくり・都市づくり、都市問題などの各論を掘り下げます。

【III】 地域文化やエコロジーなどさらにテーマを掘り下げるとともに、GIS(地理情報システム)ソフトを用いた都市計画や地域分析、空中写真や地形図判読による地形や環境を分析する手法を学びます。

【IV】 現地調査(フィールドワーク)の手法や分析方法を学び、学生自身が興味を持つテーマや地域を設定します。調査、分析、議論を重ねて卒業研究をまとめます。

科目クローズアップ

アジアの都市づくり

都市地域の国際比較という視点をふまえ、アジアの諸都市・地域を取り上げ、どのような地域的特徴を有しているか、「都市」を通して考えます。

GIS応用

近年日本においてもGIS(地理情報システム)が急速に普及しています。この演習ではGISの基礎から、まちづくり、企業経営に役立つGISの応用まで、さまざまなデータを用いて修得します。

地域研究の方法

この授業では、地域を対象とした研究を進めるための基礎的な手法を学びます。
地域を知るためにさまざまな観点から情報を集めて分析し、新たな知見を導き出して発表する能力を身につけます。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 国際文化コース
    ヨーロッパの地域と文化
  • 国際文化コース
    アメリカの地域と文化
  • メディアコース
    情報人類学
  • 経営コース
    観光学入門
  • 経営コース
    国際運輸論
  • 情報・コンピュータコース
    情報メディアと社会

資格・関連する職業

国家資格:国家資格

取得できる資格

高等学校教諭一種(地理歴史)国家資格/中学校教諭一種(社会)国家資格

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/博物館学芸員国家資格

博物館学芸員取得のための科目履修には人数制限があります。

関連する職業

教員(中学校、高等学校)/学芸員/出版・編集/観光・旅行/コンサルタント/公務員

進学

大手前大学 大学院 比較文化研究科

先輩Message

「地理」を通して社会の成り立ちや課題を解き明かすおもしろさ。

先輩Message
地理学専攻
現代社会学部 4年
日本郵便株式会社(日本郵政グループ) 内定

私もそうでしたが、高校生は「地理学」と聞いて、地図や地形の勉強を思い浮かべると思います。
しかし、大手前大学の地理学は決してそうではなく、「地理を通じて社会生活を考察する」ことが目的です。地理学ゼミでは防災が重要なテーマの一つ。3年生の夏にはゼミの有志が集まり、東日本大震災で被災した地域を訪ねました。約5年が経過しているにもかかわらず、復興への課題が数多く残されていることを目の当たりにし、深く考えさせられました。その経験もあって卒業研究では、和歌山県西牟婁郡すさみ町にある「道の駅」を防災拠点の観点から調査しました。この地域は、南海トラフ地震が発生したとき大きな影響を受けると想定されているからです。ネットの検索で分かることの大半は過去の情報です。現地が今はどうなっているのか、計5回訪れて確かめ、自分なりに納得の行く論文に仕上げました。

関連ムービー

ページトップへ