大手前大学

日本文化・アジア文化専攻

日本をはじめ、アジア各地の文化の独自性・関連性を探究する。

日本をはじめ、アジア各地の文化の独自性・関連性を探究する。
ゼミナール:チャン ギグォン 教授

1.アジア全域のできごと、モノ、コトの背景にある文化への造詣を深めます。

比較文化では、衣・食・住から映画・音楽まで、日常や生活に密着した身近な文化を従来の学術領域を超越して学ぶことができます。「日本文化・アジア文化」メジャーでは、日本語や日本文化について学ぶと同時に、アジア各地の言語・文化・文学に関する知識と知恵を広げていきます。

2.韓国、中国、東南アジアの大学と提携しています。

大手前大学は韓国、中国、フィリピン、カンボジアなど、アジア各地にある複数の大学と学生交流、学術交流の協定を締結しており、交換留学や海外研修を実施しています。特に韓国の世宗大学(ソウル市の中心地にある名門校)とは、学生のための独創的なプログラムを設け、毎年多くの学生が短期研修や交換留学生として訪れており、互いの文化に直に触れつつ語学を修得する貴重な機会になっています。

3.日本とアジアの文化を対象に、それぞれの独自性と関連性を探究します。

長い歴史を持ち、古くから日本の文化形成に多大な影響を与えた東アジアや東南アジアの国々にスポットをあて、その文化を身近なテーマで学びます。それぞれの国の独自性と日本との類似性を学ぶことで、アジアで今起きているあらゆる事柄への理解を深めることができます。

4.K-POPや韓流ドラマなど、韓国の大衆文化に触れる機会も豊富です。

今、日本をはじめ、世界中で話題のK-POPもこの専攻では学びのテーマ。優れた歌唱力、一糸乱れぬダンス、素晴らしい舞台パフォーマンスなど、K-POPの魅力に共感する学生達がサークル活動や勉強会も行っています。先輩・後輩が一緒に集まり、それぞれの秘蔵の映像を共有したり、歌詞の研究会や「ハングル」能力検定試験対策の勉強会を開催しています。また、ゼミやサークル活動を通じて、留学生との交流会も盛んに開かれています。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 日本とアジア各国の文化の特徴や関連性を理解します。

【II】 日本、韓国、中国それぞれの文化を深く掘り下げます。

【III】 語学、文学、書道など個々の文化領域を研究します。

【IV】 卒業研究として各国文化の比較研究や翻訳などに取り組みます。

科目クローズアップ

アジアの文化に親しむ

近年、日本では企業活動、エンターテインメント、留学などいろいろな分野でアジアへの関心が高まっています。この科目では、韓国や中国、東南アジアなど各国の文化を、講義だけでなくDVDや写真などビジュアルな資料も使いながら紹介します。

韓国の大衆文化

この科目は、いわば「韓流」と呼ばれる韓国の映画、ドラマ、K-POPのような大衆文化を取り上げ、韓国の現代文化について多様な視点から考察することを目的としています。

漢文学研究

唐を代表する四人の詩人、李杜韓白の一人、白楽天(白居易)の人生と文学とそれが日本に多くの影響を与えたことを彼の作品『白氏文集』を講読しながら理解を深めていきます。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 史学コース
    日本文化史
  • 史学コース
    東洋史研究
  • 国際文化コース
    ヨーロッパ・アメリカ文化研究
  • 芸術コース
    日本美術史
  • 建築コース
    日本建築史
  • 経営コース
    生活文化史

資格・関連する職業

国家資格:国家資格

取得できる資格

高等学校教諭一種(国語)国家資格/中学校教諭一種(国語)国家資格

目標とする資格

日本語教育能力検定/中国語検定試験/「ハングル」能力検定試験/韓国語能力試験/通訳案内士国家資格

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/プレゼンテーション実務士

関連する職業

教員(中学校、高等学校)/観光・旅行/公務員/通訳・翻訳外資系企業/日本語講師/研究者

進学

大手前大学 大学院 比較文化研究科

先輩Message

3年生のとき半年間ソウルに留学。韓国文化に直に触れました。

先輩Message
比較文化専攻
現代社会学部 4年
大阪府立吹田高等学校出身
リクロー株式会社 内定

関心があった韓国文化、韓国語を中心に幅広いテーマが学べること―それが大手前大学に進学した理由です。中国、韓国、東南アジアの各文化を比較する授業「アジア再発見」などの科目を通じて隣国の文化にますます興味を引かれ、ゼミは韓国出身のチャン先生の指導の下で韓国文化の研究や韓国語のエッセイの翻訳などに取り組みました。3年生の秋学期には大学の留学プログラム制度を利用し、ソウルにある世宗大学に留学。韓国語を学びつつ韓国の生活文化を直接経験しました。韓国の先生方や同級生もすごくフレンドリーで、彼らと接する中で語学力は大きく伸びました。帰国したあとも引き続き韓国語の授業を受け、韓国からの留学生と交流するなどしてレベルを維持するよう心掛けています。就 職してからも、一通り仕事を覚えて少し余裕ができたら、韓国の街を訪ね歩きたいと思っています。

ページトップへ