大手前大学

日本史専攻

“覚える”日本史ではなく、“考える”日本史を実践。

“覚える”日本史ではなく、“考える”日本史を実践。
フィールドワーク:岡 佳子 教授

1.“史実”をさまざまな視点から考察し、「なぜ起こったのか」を検証します。

歴史上の出来事を覚えることが中心となる高校までの日本史とは異なり、史実に対して「なぜ起こったのか」「社会背景はどうだったのか」といった疑問を持ち、多角的・客観的に追究。通説を見直し、新しい歴史像を探っていく“歴史を学ぶ醍醐味”を実感できます。

2.中世史・近世史・近現代史を網羅。フィールドワークも充実しています。

中世史・近世史・近現代史を網羅。フィールドワークも充実しています。

日本史だけで4人のスペシャリストがそろっており、幅広い時代を、時代ごとの講義で学ぶことができます。
考古学専攻を併せて学ぶことで、原始・古代を含むすべての時代の知識を得ることが可能。京都・奈良へは電車で約1時間と近く、県内外でのフィールドワークに便利です。

3.中学・高校教諭、博物館学芸員などの資格取得に向けたカリキュラムを設置。

中学・高校教諭、博物館学芸員などの資格取得に向けたカリキュラムを設置。

「大学で培った歴史の知識を仕事に活かしたい」という人のために、中学校の社会科教諭、高校の地理歴史教諭、博物館学芸員などの資格取得をサポートするカリキュラムを用意しています。所定の単位を修得すれば、資格を取得することが可能。将来の選択肢が広がります。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 中学・高校までの学び をふまえて、大学での研究の基礎的ステップとして日本史の大きな流れと歴史上の重要事項を理解します。

【II】 中世史、近世史、近代史など時代ごとに、もしくは、文化史のようなテーマに即して、文献の読解や史料の取扱方法など基礎的な研究方法を学びます。

【III】 各時代や文化史に関わる新しい研究方法を学び、また古文書を含め専門資料を読み解き研究を深めます。

【IV】 学生自身の関心に基づき研究テーマを決め、指導教員の指導を受けながら、調査研究を行い発表します。

科目クローズアップ

日本近世史講義

近世=幕藩体制社会は独特の構造を持っています。近世という時代が中世でも近代でもなく、近世であることの特質はどこにあるのかといった基本点の理解を中心として、幕藩体制の政治・社会の構造を知り以後の学修・研究に必要な基礎的知識を修得します。

古文書学入門

古文書の解読を行い、歴史を学んでいく上で必要となる、史料読解力の基礎を身につけます。史料の読み方や調べ方、くずし字の判読と共に、古文書の基本的な様式についても学びます。

日本文化史講義

本講義の目的は、多様な日本文化の実相を学ぶと共に、文化が政治や社会などの影響を受けつつ展開してきたことを理解することにあります。さらに、文化史が単に文献史料からのみ研究するものではなく、実際の美術品や芸能の鑑賞をも含むことを学びます。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 史学コース
    東洋史研究
  • 史学コース
    西洋史研究
  • 経営コース
    国内旅行実務
  • 建築コース
    日本建築史
  • 芸術コース
    日本美術史
  • 教職課程

資格・関連する職業

国家資格:国家資格

取得できる資格

高等学校教諭一種(地理歴史)国家資格/中学校教諭一種(社会)国家資格

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/博物館学芸員国家資格/プレゼンテーション実務士
博物館学芸員取得のための科目履修には人数制限があります。

関連する職業

教員(中学校、高等学校)/学芸員/司書/出版・編集/観光・旅行/公務員/研究者

進学

大手前大学 大学院 比較文化研究科

先輩Message

”農業”の視点から地元の歴史を見つめ直したい。

先輩Message
日本史専攻
総合文化学部 4年
高知県立高知南高等学校出身

私は小学生のときから日本史に関心を持ち始め、今は日本近代史をテーマにするゼミに所属して、主に幕末以降の歴史について研究を重ねています。
私の出身地・高知県で近代史というと、まず坂本龍馬の名前が挙がりますが、人気がありすぎて研究テーマとしては目新しさがありません。そこで私は地元の「農業史」に注目しました。
実家が農業を営んでいるという関わりもありますし、政治史や文化史と違って先行する研究が少ないのでやりがいがあります。数少ない資料を確認するため高知県内の図書館などをしばしば訪れることになりそうですが、ぜひ1年をかけて自分なりの「地元の農業史」を記したいと考えています。

ページトップへ