大手前大学

東洋史・西洋史専攻

“史実”から、現代と未来のあり方を考える。

“史実”から、現代と未来のあり方を考える。
授業イメージ:西岡 健司 准教授

1.東洋・西洋の歴史を幅広く学び、“史実”を多角的・論理的に追究。

単に史実を知るのではなく、史実に対して疑問を持ち、さまざまな角度から見ることこそ、歴史の勉強の醍醐味です。見方が変わることで、歴史の新たな発見につながるかもしれません。東洋史・西洋史を、史料や文献を通して多角的に検証することで、新しい歴史の構築をめざします。

2.あらゆる研究方法を通して、世界的視野と価値観を養います。

時代別、地域別、テーマ別など、歴史を研究する方法は多岐にわたります。まずは入門科目で歴史のひも解き方を学び、自分の関心や興味に応じて時代、地域、テーマを追究。そのプロセスで、世界的な視野を培うことができ、自らの価値観を認識することにもつながります。

3.歴史を“社会全体の動き”と捉え、今後の社会や人間のあり方を考えます。

歴史を“社会全体の動き”と捉え、今後の社会や人間のあり方を考えます。

歴史を学ぶ上では、史実を“社会全体の動き”と捉えることが大切。
歴史を研究することで、現代を理解することができ、よりよい未来を切り拓くヒントが得られます。歴史の中の出来事や人々の本質を捉え、それを教訓として、これからの社会や人間のあり方を探究します。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 東洋史・西洋史に多様な側面があることを知り、歴史に対する関心を高めながら、歴史を研究する意味について考えます。

【II】 研究に取り組む上での前提となる知識や技術として、基本的な概説を学ぶと同時に、文献の調べ方や史料の読み方などを身につけます。

【III】 実際の研究事例を参考にして、専門的な議論の仕方や史料分析の手法などを学びつつ、各自が追究するテーマを探ります。

【IV】 東洋史あるいは西洋史に関する未解決の問題を取り上げ、独自の調査と分析に基づいて答えを導き出し、卒業論文にまとめます。

科目クローズアップ

西洋史の扉

この講義の目的は、西洋における多様な過去の事象について、歴史的に考察する力を養うことです。単に出来事を年代順に暗記するのではなく、時の流れや変化を念頭におき、物事を多様な視点から分析する姿勢を身につけます。

東洋史入門

平易な漢文を輪読することにより、漢文の訓読に慣れ、基礎的な漢文の句法を学びます。白文で漢文を詠むための基礎力を養成すると共に、中国史に関する予備知識を獲得します。

歴史学の方法

近代歴史学成立以降の西洋史学史の概要を理解し、歴史研究を行う上で基本となる手法を修得します。授業の前半では、西洋における近代歴史学の特徴を説明し、後半では、実際の西洋史分野の個別研究を例にとって詳しく論じます。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 史学コース
    日本中世史講義
  • 芸術コース
    西洋美術史
  • 芸術コース
    東洋美術史
  • 芸術コース
    芸術学
  • 情報・コンピュータコース
    情報メディアと社会
  • 図書館学課程

資格・関連する職業

国家資格:国家資格

取得できる資格

高等学校教諭一種(地理歴史)国家資格/中学校教諭一種(社会)国家資格

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/博物館学芸員国家資格
博物館学芸員取得のための科目履修には人数制限があります。

関連する職業

教員(中学校、高等学校)/学芸員/司書/出版・編集/観光・旅行/公務員

進学

大手前大学 大学院 比較文化研究科

先輩Message

中世ヨーロッパ時代の国家形成の過程に心を引かれました。

先輩Message
東洋史・西洋史専攻
現代社会学部 4年
兵庫県立赤穂高等学校出身
株式会社マインズ 内定

1、2年生のときは、一番関心があった歴史を中心に、情報や社会問題などを幅広く履修していましたが、3年生からは学びのテーマを東洋史・西洋史に絞り、中世ヨーロッパ史の研究に取り組みました。ローマ帝国の滅亡でいったんリセットされた国家が再形成されたそのダイナミズムに心を引かれたからです。ゼミ担当の西岡先生からは「歴史の研究だからといって歴史の文献だけを読むのではなく、宗教や文化の流れにも目を向けなさい」とのアドバイスをいただきました。卒業研究である「キリスト教会と十字軍」は、そのアドバイスを活かして書き上げたものです。社会で人の役に立つ仕事に就きたかったので、兵庫県にある就労支援、人材コンサルティングの会社に就職します。仕事を覚え一人前になって余裕ができたら、歴史の舞台となったヨーロッパ各地を旅してみたいと思っています。

ページトップへ