大手前大学

スイーツ学専攻

スイーツの新たな可能性を学術的に探る。

スイーツの新たな可能性を学術的に探る。
ゼミナール:松井 博司 教授

製菓の基礎技術から、歴史・文化、経営までを学術的視点で学びます。

製菓の技能はもちろん、製菓関連基礎力(語学)、歴史・文化、経営、化学分野など、スイーツをさまざまな切り口で学ぶのが「スイーツ学」。
その豊富な知識を活かして、お菓子の新しい可能性を探ります。製菓の基礎技能を2年間で修得し、3年生からは技術力、分析力、企画力の向上を図ります。

学外とのコラボレーションにより、話題性のある商品を開発。

大手前大学スイーツ学専攻は、産官学連携事業に積極的に取り組んでいます。近年の代表的な取り組みは、以下の通りです。

  • コンビニスイーツ開発(産官学PBL型授業として)を大学スイーツ学ゼミとして行った。株式会社ローソンでの販売。
  • 宮崎県の特産品である「日向夏」や「へべす」を使い、「ヘルシー志向スイーツ」の開発を行い、学生たちも卒業研究テーマとして取組んでいる。
  • 経済産業省の地域活性イノベーション事業に参画し「ヘルシー志向スイーツ」の開発を行った。
  • 大豆タンパクのお菓子への活用として、味噌製造販売会社(株式会社六甲味噌)と連携しゼミナールで学生が参加し試作品の開発を行っている。

長年の実績をもつ学園の製菓教育やメーカーとのネットワークをフル活用。

大手前栄養製菓学院専門学校のノウハウを活かし、学園全体の製菓教育をネットワーク化。また、阪神間にある有名菓子メーカーでのインターンシップ(職業体験)も予定しています。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 製菓、パン、カフェの基本的な知識を身につけます。

【II】 ビジネスとしてのスイーツを学ぶ一方、和洋菓子やパンを実習で作ります。

【III】 知識、技術の専門性を高めるとともに、企業とのコラボも企画します。

【IV】 スイーツ材料の研究や新しいスイーツの開発、スイーツ文化やビジネスなど、調査・研究に基づき論文を書き上げます。

科目クローズアップ

カフェビジネス

カフェを経営するということは、経営者になることです。
どんなに小さな店舗であっても、経営者としての知識や心構えを持つことは必要です。
そこで、自らがカフェ店舗を経営するにあたり開業計画をたてるという疑似体験をすることでビジネスの仕組みを知ります。

洋菓子実習基礎I・II

洋菓子の基礎と製菓の理論を交え、ジェノワーズから始まり、ミルフィーユ、ティラミスなどの製品から工芸技術まで幅広く製菓技術実習を行います。
技術の修得と共に行動力、判断力の育成とコミュニケーション力を身につけます。

スイーツ文化論

日本およびヨーロッパの菓子文化と歴史を学び、さらに現代の菓子文化についても分析します。
また、日常生活の中に占める菓子の重要性を理解します。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 芸術コース
    造形の基礎I・II
  • 芸術コース
    デザイン基礎I・II
  • 国際文化コース
    ヨーロッパの食と文化
  • 外国語科目
    フランス語I・II
  • 経営コース
    企業経営を考える
  • 経営コース
    数字から見る企業と社会

資格・職業

国家資格:国家資格

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/プレゼンテーション実務士

目標とする職業

製菓業界(製造、企画、開発、販売)/パティシエ/製菓関連企業(製菓、製パン材料、製菓機械)/菓子デザイナー/工芸アーティスト/カフェオーナー

先輩Message

3年生の夏に国家資格の製菓衛生師に合格。卒業後はパンの製造・販売の仕事に。

先輩Message
スイーツ学専攻 / 国際関係学専攻
総合文化学部 4年
奈良県立平城高等学校出身
株式会社ドンク 内定

私は高校時代、製菓を学ぶことに関心があったものの、専門学校から洋菓子職人へという決まった道を歩くことには抵抗がありました。大手前大学ならスイーツが本格的に学べる上、進路の可能性も広いと知り、“ここしかない”という気持ちで入学しました。洋菓子の実習はとても実践的で、先生のお手本通りにやるのではなく、限られた材料費と時間の中で、自分のオリジナルレシピでのケーキ作りが求められます。一方で、食品や衛生に関する講義が充実しているのもスイーツ学専攻の特長だと思います。卒業後はパンの製造・販売会社で働きます。在学中に洋菓子だけではなく和菓子、製パンもしっかり学習しましたので、身につけたことが活かせると期待しています。

関連ムービー

関連ムービー 関連ムービー
関連ムービー 関連ムービー
ページトップへ