大手前大学

建築・インテリア専攻

設計技術を磨き、芸術教養も深まる。

文系ならではの視点で「建築」を究める。
授業イメージ:玉田 浩之 准教授

1.文系出身者にもていねいな指導、幅広い知識・技術を身につけます。

高校で文系だった人も着実に実力を伸ばせる環境を整えており、建築物やインテリアの設計・計画、歴史、材料など、幅広い知識・技術を身につけます。建築構造や環境・設備などの理系分野は基礎からていねいに指導します。文系分野は、歴史・地理・文化・芸術など文系ならではの多彩なカリキュラムを用意しています。

2.学外の体験学修に積極参加、現場での学びを大切にしています。

学外の体験学修に積極参加、現場での学びを大切にしています。

大学の授業だけでは学べないことを体験的に学ぶため、現場参加型の学修を大切にしています。夏休みなどを利用して、学生たちはインターンシップや地域活動プログラムにも積極的に参加し学びを深めています。写真は「東北被災地支援プロジェクト」での活動。

3.建築士試験に有利な手書き製図とともに、就職に役立つ2次元や3次元CADの技術修得。

建築士試験に有利な手書き製図とともに、就職に役立つ2次元や3次元CADの技術修得。
竹中大工道具館:課外授業
竹中大工道具館:課外授業

建築士の製図試験では、設計図を手書きで描きます。そこで本専攻では、1年生から手書きによる製図指導を行います。また同時に建築・インテリア業界で必要な2次元・3次元のCADによる設計技術を身につけることで、就職への実践力を培います。

詳しくは特集「建築・インテリア専攻」をご覧ください。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 建築物の種類や建て方などの基礎知識を学び、建築図面の描き方や模型の作り方など建築物を表現するための基本的な技術を身につけます。

【II】 建築の計画、構造、環境・設備、歴史、材料、法規などの専門的な知識を深めるとともに、住宅の設計課題を通して小規模建築物の設計力を向上させます。

【III】 集合住宅や美術館など規模の大きい建築物を設計する課題に取り組み、自ら建物を構想・設計できる力を修得します。また、建築の各ゼミで専門を深く学びます。

【IV】 4年間の集大成として卒業研究を行います。自分で研究テーマを設定し、建築作品を制作したり、あるいは建築に関する研究を行って論文をまとめます。

科目クローズアップ

建築計画I

建築は、内部、外部ともに人間の生活様式、行動様式や心理、自然条件、民族、宗教、社会環境などを反映して作られています。
この講義では、快適で安全な建築空間を計画するために必要な知識や手法について解説します。

建築・インテリア環境論

人にとって健康で快適な住まいを作るためにはどのようにすればよいのか。本科目では人の日常生活に影響を及ぼす日照・照明・色彩・騒音・換気・温熱の各環境要因について理解し、これらが建物を介して人に及ぼす心理・生理的影響の程度と、どのように対処すべきかについて考えます

日本建築史

日本の歴史的建造物に関する基礎的な知識を得ることを目的とします。古代から近代に至るまでの日本建築の変遷を通して、大陸からの異文化の流入と、伝統的な日本文化の継承の両側面に注目し、各時代の様式や技術について理解を深め、日本建築がどのように成立してきたかを学びます。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 芸術コース
    デザイン基礎
  • 芸術コース
    芸術学
  • 芸術コース
    西洋美術史
  • 史学コース
    アメリカの地域と文化
  • 史学コース
    地理学の扉
  • 経営コース
    色彩心理学

資格・関連する職業

国家資格:国家資格

取得できる資格

一級建築士・二級建築士国家資格

  • 本学では所定の単位を修得すれば一級建築士受験資格(卒業後実務経験2年必要)および二級建築士受験資格(実務経験不要)が取得できます。
  • メディア・芸術学部の学生に限ります。

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/プレゼンテーション実務士

関連する職業

建築家/インテリアコーディネーター/公務員(建築・まちづくり)/建設業/住宅・設備・家具メーカー(設計・施工、営業、販売)

先輩Message

難題に挑戦続け、建築設計の知識磨く

先輩Message
建築・インテリア専攻
メディア・芸術学部 4年
大阪府立阿倍野高等学校出身
トヨタホーム近畿株式会社 内定

子どもの頃、職人が住宅を改装するテレビ番組を見て、建築のすごさに感動したことが建築を志した原点です。進学して学び始めた当初は、建築に興味関心はあったものの、本当に自分に向いているのか少し迷いもありました。でも、真っ白な紙の上に図面を書き上げたときの達成感はやはり大きく、難しい課題からも逃げずに向き合い続けることができました。光環境をテーマにするゼミ活動の一環で、キャンパス内の広場に約800個のキャンドルを飾ったことは貴重な経験ですし、卒業研究では1室につき一つの庭を配した、和風の高層ホテルの設計に挑戦しました。
就職活動も建築関連業界だけに絞り、おかげさまでハウスメーカーから内定をいただきました。
卒業時点で二級建築士の受験資格が得られますので就職後に挑戦し、ゆくゆくは一級建築士をめざします。

関連ムービー

関連ムービー 関連ムービー
ページトップへ