大手前大学

映画・演劇専攻

映像や舞台芸術の"表現"を鑑賞者、実演者として学ぶ。

映像や舞台芸術の“表現”を鑑賞者、実演者として学ぶ。
卒業公演/AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)

映画・演劇は、人生に多くの気づきと励ましを与えてくれます。

映画・演劇は、人生に多くの気づきと励ましを与えてくれます。

「人生に必要なことは、全て映画や演劇から学ぶことができる。」これがこの専攻のモットーです。学ぶためには、映画や演劇の歴史を知り、なぜ後世にまで残る作品であるかを理解すると同時に、自分たちの手で作品を生み出す経験を積むことが大事です。観客に感動を与えるためには何が必要なのでしょうか。それを集団で創造するときにどのような困難が生じるのでしょうか。そしてそれらを克服するためには何が重要なのでしょうか。社会に出るまでに必要とされる能力の全てが、ここに集約されています。その手段として、映画・演劇を学ぶのです。

卒業公演としてオリジナルの舞台作品を完成させます。

卒業公演としてオリジナルの舞台作品を完成させます。

映画・演劇ゼミに所属する学生は、学外のホールで卒業公演を行います。脚本、演出、役者、照明、音響、すべて学生が担当。その準備や稽古も学生主体で進めます。教員は節目で指導、アドバイスをしますが、最終的にどんな舞台にするのかは学生たちが協議して決定します。学生はこの公演で舞台の醍醐味と達成感を味わうとともに、集団での活動を通してチームワークの大切さを実感します。

身体で考え身体で表現するワークショップを設けています。

身体で考え身体で表現するワークショップを設けています。

コミュニケーションというと言葉を連想しがちですが、実際には相手の表情や仕草から多くの情報を得ています。コミュニケーション力がある人とは、表情や身体表現が豊かな人でもあるのです。本専攻では、演技やパフォーマンスのワークショップを設けており、身体によるさまざまな表現に挑戦。「控えめだった私が、積極的にコミュニケーションできるようになった」という学生の声が多く聞かれます。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 マスメディア・情報メディア関連の授業も同時に履修しつつ、映画・演劇表現の基本的な考え方や作品の捉え方などについて学びます。

【II】 ポピュラー音楽の成り立ちや文化といったジャンルへ学びを拡げ、作品をより立体的・多面的な角度から捉え、理解を深めてゆきます。

【III】 ワークショップや実演といった能動的な授業が増えます。ゼミナールにおいても全員をひとつの「劇団」とみなし、集団での作品づくりに取り組みます。

【IV】 これまでの学びの集大成として、脚本・演出・キャスト・スタッフの総てを学生たちの手で創り上げ、年に数回の演劇作品上演を実施します。

科目クローズアップ

映画・演劇入門I・II

芸術や表現に関しての基本的な考え方から、映画・演劇、またそれに付随する音楽について基礎的な知識を学び、知的な関心を高めていきます。本学で映画、演劇を学んでいく上での導入的な講義内容です。

パフォーマンス・ワークショップ

前段階の「演技の基礎」でグループによる小作品作りを経た後、さらに広い視点からパフォーマンスそのものを考察する授業です。
ダンスや音楽、芝居といったさまざまなジャンルに自ら取り組み、成果発表会をします。

物語と音楽

さまざまな視聴覚文化の中で何かが「物語られる」とき、我々はつねに同時に「音」を聴いています。本講義では、そういった物語と音との結びつきを歴史的・技術的・美学的見地から明らかにします。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • メディアコース
    イメージと物語
  • メディアコース
    メディア文化史
  • 心理コース
    感情・人格心理学
  • 国際文化コース
    日本の名作を読む
  • 国際文化コース
    英米文化と翻訳
  • 国際文化コース
    日本人の心とことば

資格・職業

国家資格:国家資格

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/プレゼンテーション実務士

目標とする職業

放送・新聞/出版・編集/舞台美術・照明・音響/映像制作/プランナー/デザイナー/俳優/声優

先輩Message

2年間で3回の学外公演。客席からの拍手に励まされて、卒業まで続けられました。

先輩Message
映画・演劇専攻
メディア・芸術学部 4年
愛媛県立三島高等学校出身
株式会社メディビューティー 内定

私の出身高校は書道パフォーマンスが盛んで、私もそのメンバーとして活動しており、学外でのイベントなどで観客の方に喜んでいただくのが自分にとっても喜びでした。そんな経験から、大学で本格的に舞台表現を学ぼうと考え、大手前大学に進学。映画・演劇を専攻しました。3、4年生のゼミ活動で計3回の公演を経験。先生から折に触れてアドバイスや講評をいただきますが、キャストもシナリオも演出も舞台も、全部学生が担当します。
準備や稽古に苦労はしましたけれど、そのぶん客席からいただく拍手は本当にうれしいですね。先生からのご指導で印象深いのは「自分が演じる人間がどんな人生を歩んできたのか、シナリオに書いていないことも考えて演じなさい」ということ。自分とは違う人生観、世界観に触れる上でも、演劇の勉強は意味があったと思っています。

関連ムービー

関連ムービー 関連ムービー
ページトップへ