大手前大学

映像アニメーション専攻

多彩な映像表現を自ら創造する力を養う。

多彩な映像表現を自ら創造する力を養う。
卒業制作作品上映合評

アニメーションから実写映像まで、さまざまな映像表現の制作・編集技術を身につけます。

アニメーションから実写映像まで、さまざまな映像表現の制作・編集技術を身につけます。

「映像表現」というと映画やアニメを連想する人が多いと思いますが、決してそれだけではありません。ニュースやドキュメンタリー、コマーシャル、教材など映像で表現される分野・テーマは非常に多彩です。本専攻では映画やアニメに偏ることなく、広い意味での映像表現を視野に、基礎的な知識・技術から学んでいきます。

「メディア・リテラシー」の一つ、“映像を読み解く力”も修得します。

「メディア・リテラシー」の一つ、“映像を読み解く力”も修得します。

本専攻では、テレビCMやニュースのタイトルにも使われているアニメーションも映像メディアとして捉え、メディアを通じた情報を活用する能力「メディア・リテラシー」の一つ、“映像を読み解く力”も培います。これにより、自身の作品制作においてあらゆる技法を使えるようになります。

映像表現の各分野のスペシャリストが、専門性の高い知識・技術を指導します。

映像表現の各分野のスペシャリストが、専門性の高い知識・技術を指導します。

プロジェクションマッピングの流行や、デジタルサイネージが主流となるなど、将来、映像アニメーションの技術がさらに進化することを視野に、本専攻では高い専門性を持つ教員を配置。セルアニメーション(浜津)、CGアニメーション(今西)、ドローイングアニメーション(和田)の3人の専任教員のほか、サウンド、映像編集、ストップモーションの専門家が講師を務めます。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 まず、全てのクリエーションにおいて必要な描写・造形基礎を学びます。さらに、映像アニメーションの歴史、基本的なアニメーション制作実習(ストップモーション、ドローイング、3DCG基礎、映像編集、カメラワーク等)、を通して初歩的技法を学びます。

【II】 映像制作技法の1年次の基礎をさらに発展させ、より充実した技術を養います。加えて、理論、分析力を身につけ、これからの作品制作に備えます。この時点で、映像制作の基盤となる技能・理論を身につけることになります。

【III】 ゼミナールを機軸に本格的に作品制作を行います。チームワーク、個人制作等、可能な限りの制作経験を経て、作品作りの本質に迫ります。この段階では、各自、表現についての研究を積極的に行い、卒業制作に向けての準備を行います。

【IV】 大学での集大成となる卒業制作を中心に制作・研究を進めます。学期末には、卒業作品展で上映を行います。さらに、コンクール出品もめざします。

科目クローズアップ

映像・アニメーション入門I・II

1年生を対象に開講。映像制作がどういうものかということをつかむための授業です。
基礎的理論、歴史、並びに実習を通じて初歩的な技術を学び、最後には作品制作に取り組みます。

アニメーション技術入門(描画)

映像アニメーション専攻のポイントとなる授業です。1年生を対象に開講され、まったくの初心者でも、3DCG の基本を半年かけてゆっくり学ぶことができます。簡単なデッサンも毎回行い、画力の向上をめざします。

映像・アニメーション概論I・II

さまざまなタイプの実写映画およびアニメーション作品を鑑賞し、その本質を理解する訓練を重ね、正しい批評眼を養います。
名前は初級のようですが、技術的に経験を積んでから受講すべき内容です。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 芸術コース
    デジタルイラストレーションI・II
  • 芸術コース
    映画作品ワークショップ
  • 芸術コース
    物語と音楽
  • 国際文化コース
    英米の社会と文化
  • 情報・コンピュータコース
    Web制作I・II
  • 情報・コンピュータコース
    インターネット文化論

資格・職業

国家資格:国家資格

学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/プレゼンテーション実務士

目標とする職業

アニメーター/映像制作・編集会社/ゲームクリエイター/プロデューサー

先輩Message

プロジェクションマッピングなど数々の映像作品に挑戦。卒業後はゲーム制作会社に。

先輩Message
映像アニメーション専攻
メディア・芸術学部 4年
兵庫県松蔭高等学校出身
株式会社トーセ 内定

1年生のとき授業で初めて挑戦した映像制作はコマ撮りアニメでした。写真や絵を1枚ずつつないで動画にするのですが、なかなか自分のイメージ通りには動きません。数秒分作ってはやり直しを繰り返して、徐々にソフトの使い方のコツなどを覚えていきました。3年生からは、より本格的な映像制作に取り組み、自分のアニメ作品では映画・演劇専攻の学生に声優をやってもらったり、ゼミの仲間と協同でプロジェクションマッピングの作品を制作したりと、チームでの活動が多かったですね。そして学生生活の仕上げである卒業制作作品は、自分一人でダークファンタジー的な人形劇風のアニメを仕上げました。卒業後はゲームの企画や液晶画面を制作している会社に就職します。どんなソフトを使っているのか会社の方に伺ったら、ほとんどが大学で使ったことのあるものだったので、学んだことが活かせると思っています。

関連ムービー

関連ムービー 関連ムービー
関連ムービー 関連ムービー
ページトップへ