大手前大学

ファッションビジネス専攻

ファッションを通して、市場と社会を捉える。

ファッションを通して、市場と社会を捉える。
ゼミナールでTシャツのオリジナルブランドを立ち上げる:山下 真知子 教授

1.モードとしてのファッションではなく、ビジネスとしてのファッションを学びます。

従来のファッション教育は主に専門学校における「創り、売る」という実務教育でした。しかし本学のファッションビジネス専攻は、ファッションというフィルターを通して市場経済と社会を捉えることを目的としています。<ヒト><カネ><モノ・コト・生活文化>という三つの軸がクロスする《市場》《美意識》《価値観》《情報》の4領域を横断しながら、モードではなくビジネスを学ぶ―それがファッションビジネス専攻です。

2.ファッションビジネスの最前線をリアルに体験するブランド起業シミュレーション演習。

ファッションビジネスのリアルな現実を、そして最前線の動向を知るために、“ブランド起業”を体験します。実際にバーチャルカンパニーを起業し、組織を作り役職を決めTシャツブランドを立上げ、商品開発します。開発商品を生産し、プライスを決定して学内・学外のいずれかで顧客に販売するという一連の流れを体験します。これはいわば「学生の学生のための学生による学内インターン」です。また学外インターンでは大手アパレルのショップでのインターンシップを体験します。

3.クロスカリキュラムによりファッションビジネスの全容を知る。

4つの領域の学びは、高い専門性を持つそれぞれの科目が相互に連携・補完することでファッションビジネスの全容をつかめるよう体系的な科目構成になっています。たとえばファッションマーケティングでは基礎から応用までの知識を基に店頭の収益計画などのハード面。またカラーデザイン論では配色のルールを学びながら、オリジナルデザインを起こすなどソフト面、さらに情報分析論やトレンド分析論では情報収集して分析する方法を通して顧客ニーズを知り商品開発の発想までを。それぞれの分野で経験豊かな教員が教科書にはない“生きた”情報とスキルを提供します。

クロスカリキュラムによりファッションビジネスの全容を知る。
クロスカリキュラムによりファッションビジネスの全容を知る。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 ビジネスの基本的な枠組みをさまざまな業界の事例を例に理解すると同時に、ファッションビジネスがこれまで、どのような変容を遂げてきたのか、その歴史を知り、個々のキャリアイメージを育み、目的意識を向上させます。

【II】 ビジネスの基本である消費者ニーズを捉え、商品開発へどのようにつなげていくか、さらに店頭でそれらをどのように消費者に訴求していくのか等、情報収集、分析、発想、ビジュアル訴求など専門分野の基礎をコンピュータスキルをアップしながら理解します。

【III】 これまで学んだ基礎を土台に、これまで学んできたことを試す、生かすPBL型授業に入ります。実際に市場トレンドをつかむ学外演習を通して、情報分析し、それをビジュアルにまとめて発表したり、Tシャツブランドを立ち上げて販売する等、社会人に不可欠な問題解決能力をステップアップします。

【IV】 本専攻のねらいであるヒト・モノ・カネを通して社会の仕組みを学ぶということを、「マーケットニーズを捉える活動」「ビジュアル表現訴求の手法」「売れる仕組み」と捉え、各自がさらに深めたいテーマに絞り、それに取り組むことで具体的に卒業後の自分を描けるようにします。

科目クローズアップ

ファッションビジネスの歴史

「ファッションビジネス」はいつから始まったのでしょう。戦前から現在に至るまでファッションビジネスの歴史を辿りながら、現代社会でのファッションビジネスの位置づけがどのようなものか、一緒に考えていきます。

ファッションマーケティングI

ファッション商品はどのような考え方のもと、製品化に至るのでしょうか。企業はどのように市場を理解し、顧客を探しているのでしょうか。この授業では、こうした事業活動をマーケティングの視点から解き明かします。

カラーデザイン論

モノと情報イメージにあふれる今の時代。私たちの生活や価値観のありように大きく影響を与え、ライフスタイルや消費行動を左右する力を持つ「色」。この授業では色に関する基礎的な知識と魅力的に色を訴求する手法を学びます。

他の専攻科目も選んで、視野を広く、学びを深く。

  • 経営コース
    マーケティングリサーチ
  • 経営コース
    ロジカルシンキング基礎
  • 情報・コンピュータコース
    Webサイト制作基礎
  • 芸術コース
    芸術学
  • メディアコース
    サブカルチャー分析
  • 国際文化コース
    比較文化の基礎

資格・関連する職業

関連する資格

カラーコーディネーター1・2・3級/色彩検定®1・2・3級/プレゼンテーション実務士

関連する職業

アパレルメーカー/販売員/アパレルMD(マーチャンダイジング)/バイヤー/商社(営業)

先輩Message

ファッションビジネスの知識、存分に発揮したい。

先輩Message
ビジネス・キャリア専攻
現代社会学部 4年
神戸市立科学技術高等学校出身
株式会社ティンパンアレイ 内定

私は高校時代、科学工学科でバイオなどの勉強をしていました。しかし、大学では幅広い学びの中から自分の専門性を見つけようと大手前大学に進学。教職課程も視野に入れていたのですが、2年生になって企業経営やファッションに強い興味を抱くようになり、ファッションビジネスを学びの中心にしました。ゼミの卒業研究ではTシャツの商品開発に挑戦。仮想カンパニーを立ち上げて、私が社長役を務め、ゼミ仲間はマーケティングなどさまざまな役割を分担して、プロジェクトを進めました。Tシャツは実際に製造し、学内イベントなどで販売します。思い通りにならないことも含め、良い経験ができました。就職活動をスタートした当初は、さまざまな業種の説明会に参加していましたが、志望動機をはっきり言えるのはやはり好きで関心のあるファッション分野です。自分はこの道を進むべきと決意して就活を進めた結果、ユーズドのセレクトショップの運営会社から内定をいただくことができました。

関連ムービー

関連ムービー 関連ムービー
関連ムービー 関連ムービー
ページトップへ