大手前大学

博士前期課程(修士課程)

概要

修了の要件 博士前期課程に2年以上在学し、所定の30単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
取得できる学位 修士(学術)又は(文学)
取得できる資格
  • 中学校教諭専修免許状<社会>
  • 高等学校教諭専修免許状<地理歴史>
  • 日本語教員養成課程修了証
必修科目 比較文化特別研究 8単位
選択必修単位 基礎科目 8単位以上
関連科目 6単位以上
(計30単位以上)

授業科目一覧

基礎科目
  • 比較文化特論I・II
  • 比較文学特論I・II
  • 異文化コミュニケーション特論I・II
  • 日本・東洋文化特論
  • 西洋史特論
  • 西洋文化特論
  • 日本文化特論I・II
  • 日本美術史特論I・II
  • 西洋美術史特論
  • 日本史特論I・Ⅱ
  • 考古学特論
  • 文化・社会特殊研究Ⅰ・Ⅱ
関連科目
  • 日本古典文学特殊研究
  • 日本近代文学特殊研究
  • 英語圏文学特殊研究I ~ III
  • 比較文学特殊研究I・II
  • 英語研究I・II
  • 日本史特殊研究I・II
  • 比較文化特殊研究I ~ IV
  • 東洋史特殊研究I・II
  • 史学特殊研究I・II
  • 地理学特殊研究I・II
  • English Communication Studies
  • English Seminar
  • 日本語教育特殊研究I・II
  • ジャパノロジー研究

(2018年4月1日現在)

日本語教員養成課程

大手前大学大学院比較文化研究科においては、規定の単位を修得すると、修士号や博士号の取得と同時に、日本語教員養成課程修了証を大学から発行しています。日本および海外の大学等への就職をめざす学生たちが、自分の専門の科目とこの課程の科目との同時履修をしています。

日本語教員養成課程開講科目(※平成29年度以降…新基準)

必修科目12科目23単位並びに選択科目7単位以上、計30単位以上修得すること。(30単位:450時間相当)

必修科目
  • 日本語教育特殊研究I
  • 日本語教育特殊研究II
  • 比較文化特論I
  • 日本文化特論I
  • ジャパノロジー研究
  • ※日本語教授法(自由科目)
  • ※外国人に教える日本語(自由科目)
  • ※日本語音声学・音韻論(自由科目)
  • ※日本語学研究(自由科目)
  • ※海外で学ぶ・働く・暮らす(自由科目)
  • ※教育心理学(自由科目)
  • ※ジャパノロジー入門(自由科目)
  • ※日本語教育実習(自由科目)平成30年度開講

※修了要件対象外科目

選択科目
  • 比較文学特論I
  • 比較文学特論II
  • 文化・社会特殊研究I
  • 文化・社会特殊研究II
  • 日本近代文学特殊研究
  • 日本史特殊研究I
  • 日本史特殊研究II
  • 異文化コミュニケーション特論I
  • 異文化コミュニケーション特論II
ページトップへ