大手前大学

日本語教員養成課程

日本語教育の即戦力となる人材を養成

外国人に日本語や日本の文化を教える仕事

日本語教員とは、日本語の「読む・書く・聴く・話す」を外国人に指導する教員のことです。例えば皆さんがアメリカ留学をめざすなら、「外国人の先生にきちんとした英語を習っておこう」と考えますよね。
同じように世界各地には「日本で学ぶために、日本語を身につけよう」と考えている外国人が数多くいます。そうした人を対象に、実際に使える日本語を教えること、さらには日本の生活習慣や文化を伝えることが、日本語教員の役目なのです。

外国語ができなくても海外で働けるチャンス

日本の大学への入学をめざす外国人に日本語を教える場は、大きく二つあります。一つは日本国内にある日本語学校。もう一つは海外の大学内で開講されている日本語講座などです。いずれも授業は原則として日本語だけで行われますので、教員は英語などの外国語ができなくてもかまいません。つまり日本語教員は、日本語しかできなくても外国で働ける数少ない仕事の一つなのです。海外での活躍をめざす人にとっては、魅力的な進路だといえるでしょう。

「正しい日本語」の知識は就職活動にも役立つ

「正しい日本語」の知識は就職活動にも役立つ
日本語教員養成課程担当教員 鈴木 基伸 淮教授(言語学)

日常のコミュニケーションがLINEなどで簡単にできるようになったせいでしょうか、「正しい日本語が使える自信がない」という学生が少なくありません。でも「正しい日本語」は社会人には必須のこと。
就職活動の面接では言葉づかいが厳しくチェックされます。日本語教員養成課程には「正しい日本語」を身につけるための専門科目がそろっていますので、例え教員にならなくても、ここで学んだ「日本語力」は、あなたの将来にきっと役立つはすです。

4年間のカリキュラムの流れ

【I】 日本語教師になるために最低限必要なことを学びます。また、日本語教師にとって必要な日本語についての知識も身につけます。

【II】 実際に外国人に日本語を教える際に必要となる教授法の理論や、日本語がどのように発音されているのかという、日本語の音声について学びます。

【III】 応用言語学の一種である第二言語習得の研究について学びます。また日本語に関しては演習を通して実践的な知識を身につけます。

【IV】 これまで学んできたことの総仕上げとして実習を行います。実習では、シラバス作成や教案作成、外国人留学生に対しての模擬授業を行ってもらいます。

先輩Message

日本語と英語を中心に、4年間かけて幅広い語学力を身につけたい。

先輩Message
総合文化学部 1年
大阪府立柴島高等学校出身

私が大手前大学に進学した理由は、日本語教員がめざせる上、留学制度を含め英語教育も充実しているからです。高校生のときから語学に関心があったので、1年生で履修したのは必修科目を除けばほとんどが語学関連。日本語と英語のほか、韓国語も勉強中です。日本語は母国語ですので普段当たり前のように話していますが、例えば「私は」と「私が」がどう違うのかなど、学んでみて改めて奥が深いと実感します。2年生以降は語学の勉強を続けるとともに、大手前大学に留学している外国人学生と交流する機会を持ちたいと思っています。

“外国語としての日本語”を学ぶ難しさとおもしろさ。

先輩Message
総合文化学部 3年
兵庫県立香寺高等学校出身

私は中学・高校生のときから欧米の文化や外国人とのコミュニケーションに関心があり、3年生の今は英語コミュニケーションを専攻する一方、この日本語教員養成課程の履修にも力を注いでいます。
自分が日常的に使っている日本語を“外国語”としてとらえ、基礎から筋道立てて説明するのは意外と難しいもの。だからこそ、この課程はやりがいがありますし、母国の言葉や文化、生活習慣などを見つめ直す良い機会にもなっています。卒業後の目標はもちろん日本語教員。子どもを含め幅広い世代の人に“使える日本語・役立つ日本語”を教えたいと思っています。

ページトップへ