大手前大学

トランスファープログラム

大手前大学に入学し、アメリカの大学に編入留学、そして卒業

最終学位はアメリカの大学

「英語コミュニケーション」「国際関係学」専攻の学生は、1年生から英語で英語を学ぶ少人数授業(LEO)、そして世界の中の自分を考え学ぶ実践的な授業(国際関係学)、さらには一般教養科目を英語で学ぶ科目群(GJS)を履修し、個々の学生の適性に合ったガイダンスを受けながら未来のビジョンを創りあげていきます。
日本の大学に入学し、最終的にはアメリカの大学の学位を取得し卒業する、という新しいプログラムに参加してみませんか。

特待生奨学金制度も充実

公募制推薦入試・一般入試の英語科目の得点が 80点以上の学生には、最大4年間の授業料が全額免除される“英語特待生奨学金制度”が適用されます。また、特別AO入試(英語AO入試)合格者のうち、特に優秀な者には、最大4年間の授業料が全額・半額・1/4のいずれか免除されます。この奨学生の選考は、学力、英語力、学びへの意欲、コミュニケーション力などを、1年ごとに総合的に判断し、書類審査および面談によって最終決定されます。したがって、入学時に奨学生ではなくても、めざすことができます。

編入留学までの履修モデル

外国人留学生と気軽にトーク!国際交流ラウンジ

大手前大学ではアメリカ、フランス、カンボジア、タイ、中国、韓国、モンゴルなどから多くの留学生が学んでいます。留学生相互の親睦および留学生と一般学生の交流を促すために、さくら夙川キャンパス アートセンター1Fに「国際交流ラウンジ」を設けています。日本語能力を向上させたい留学生、留学生とコミュニケーションしたい学生、外国語を学びたい人など本学の学生であれば誰でも利用できます。
また、ミニコンサートやハロウィーンパーティーなどのイベントも、このラウンジで随時開催しています。

ページトップへ