メディア・芸術学部 マンガ制作専攻

マンガを学ぶ

マンガ制作
専攻プログラム

モンキー・パンチ先生こと加藤一彦先生、『味いちもんめ』の倉田芳美先生など、一流の教授陣がそろう本専攻。
プロ目線のマンツーマン指導を原動力とし、つねに高いモチベーションで個性あふれる作品づくりに取り組めます。

『ルパン三世』のモンキー・パンチ先生をはじめ、プロの教員がマンツーマンで指導。

加藤一彦(モンキー・パンチ)先生、『味いちもんめ』の倉田芳美先生など、一流の教員が直接指導。マンガ・アニメ制作の実習棟、実物を見ながらクロッキーができる美術室、資料がそろうCELLなどがあり、ストーリー考案の際には各専攻の先生方に取材もできる、充実の環境で学べます。

本学と東京で開催する「卒業制作展」や新人賞などを通じて、作品を積極的に発信。

意欲的に取り組めるよう作品を広く世に発信しており、出版社などが主催するコンテストで入賞を果たす先輩も多数います。「卒業制作展」は、本学と東京で開催。特に東京展では多くのメディア関係者も来場しており、プロデビューの足がかりとなる可能性も秘めています。また、東京より編集者を招きデビューに向けたアドバイスなどの授業も行われます。

本プログラム出身の多くの先輩が、社会で活躍しています。

奥村佳奈(掲載誌:LaLaDX/白泉社)、村本良平(掲載誌:ヤングガンガン/スクエアエニックス)、中田未菜(掲載誌:幕末アンソロジー/スクエアエニックス)、太田舞(WebコミックEDEN/マッグガーデン)などのコミックが発行されました。また講談社やアスキー・メディアワークスなどのWebサイトに渡辺翔太、寺田友弘、中原徹也、原田依里、村本良平の作品が掲載されています。

本プログラム出身の多くの先輩が、社会で活躍しています。

Check!授業レポート

倉田(くらた)ゼミ

倉田 芳美(くらた よしみ)客員教員
倉田 芳美(くらた よしみ)客員教員
日本を代表する漫画家の倉田芳美先生がマンツーマンで丁寧に制作指導します。

料理マンガの名作『味いちもんめ』で有名な倉田先生のゼミでは、「描きたいものを描く」「途中で投げ出さない」が基本ポリシー。指導はある程度形になってから、細かい表情の描き方や左右ページのバランスなど、マンツーマンで行われます。「マンガを描くには隅々まで目が行き届かなくてはならず、日常生活の一つひとつを丁寧にすることが大切。」と語る倉田先生。「自ら東京の出版社に作品を売り込む積極性も必要で、協力は惜しみません。」と学生たちにエールを送っています。

先輩メッセージ

不破 瑠璃子(ふわ るりこ)さん
不破 瑠璃子
(ふわ るりこ)さん
メディア・芸術学部 3年
大阪信愛女学院高等学校出身(大阪府)
24時間、マンガ漬けの日々。専門的かつ幅広い学びを糧に、デビューに向かって邁進中です。

不破 瑠璃子さんの学びのテーマ大学ではマンガ制作に加え、造形美術や心理学なども専攻。画力や描写力がアップしたほか、ストーリーに自分の体験を活かせるようになり、オリジナリティも増したように思います。少年マンガ雑誌の編集部に作品を送ったところ、担当の方がついてくださることになり、学びの成果をあらためて実感しました。めざすのは、幅広い世代の心の琴線に触れる作品。今後も大学で培った"満足せず努力し続ける姿勢"を貫き、プロをめざします!

◆ 学部共通(取得できる資格)

図書館司書国家資格/プレゼンテーション実務士

◆ 関連する職業

漫画家/アニメーター/デザイナー/イラストレーターなど

◆ 科目組み合わせ例

<漫画家をめざす>
漫画家をめざす
人物描写のため心理学もしっかり修得しておこう。
<イラストレーターをめざす>
イラストレーターをめざす
ITスキルもしっかり修得しておこう。

◆ 卒業制作ギャラリー

※写真をクリックすると拡大して見ることができます。

  • 優秀賞「GOLDEN TIP'S」池上 夏生
  • 優秀賞「GOLDEN TIP'S」池上 夏生
  • モンキー・パンチ賞「Iris・・・」福井 秀次