ABOUT

リーダーシップ開発プログラムとは

担当教員からのメッセージ

自分にふさわしい目的地を、
一緒に探しにいきませんか。

大学での4年間は、自分の将来を見据えて、そのための力を育む大切な時間です。「就職」はひとつの目標ではありますが、ゴールではありません。新しい人生がはじまるスタート地点なのです。だからこそ、学生の間に自分としっかり向き合い、「社会に出てから、どう生きていきたいのか」を考え、見つけることが大切です。
同じ大学で学びをともにしていくみなさんも、一人ひとり望む将来は違うと思います。まだどこに向かって進むべきか、わからないという人もたくさんいるかもしれません。「リーダーシップ開発プログラム」は、みんなをそれぞれの目的地に運ぶ船のようなもの。仲間たちと一緒に航海を続ける中で、「やりたいこと」という自分にふさわしい目的地を見つけてほしい。そこに辿り着ける力を育んでほしい。あるいは、リーダーシップを身につけることで、今思い描いている以上のゴールだってあることに気づいてほしいと思っています。就職の先にある、いきいきとした人生の航路に向かって、さあ、出発しましょう。

坂本 理郎 先生
坂本 理郎先生
現代社会学部
ビジネスマネジメント専攻
  • LEADERSHIP 「リーダーシップ」が拓く未来

  • FOLLOWERSHIP 社会に必要とされる「フォロワーシップ」

PROGRAM FLOW

プログラムの流れ

1年生
ビジネス・キャリアの基礎を学ぶ
「企業経営を考える」「働くことを考える」履修
GPA(春学期)評価
面接

POINT

2年生
CMB
進路選択に向けて一歩早い準備を行う
企業経営に関する専門科目(最低3科目履修)
「特別科目」
SPI対策準備講座受講
企業研修(リクルートマーケティングパートナーズ)

POINT

※プログラム受講者は、開講科目に人数制限や人数超過があった場合でも優先的に履修できる

3年生
CMI
ビジネス界で活躍する力を伸ばす
企業経営に関する専門科目(最低3科目履修)
「特別科目」
企業研修(紀伊國屋書店)

POINT

※プログラム受講者は、開講科目に人数制限や人数超過があった場合でも優先的に履修できる

4年生
CMA
社会の中で挑戦する力を見つける
Project Based Learning
「特別科目」

POINT

公務員をめざす方にも役立つプログラム

社会人

GOAL
大学で学んだセルフマネジメント力で
理想の生き方を突き進む

POINT

…

PICK-UP 授業

マーケティング
「時代を映す鏡」と言われているマーケティング。知識を学ぶだけでなく、マーケティングという思考を日常生活の中に取り込み、実践的に使えるスキルを身につけます。実際の企業を例に、実在する製品や企業行動をマーケティング視点からロジカルに捉え、企業のマーケティングを理解するだけでなく、企業の社会的責任についても考えます。
授業主題の一例
「見えないものを見る力。市場と企業、経済と流通について考えてみる」
「戦略的マーケティングとは?」
「広告・プロモーションの目的」など
キャリア形成と社会
将来、キャリアをデザインするための基礎力を身につけます。人によってキャリアの積み上げ方はさまざま。考え方や家庭の状況、企業経営、社会的な変化などの要因が影響して形成される”キャリア”のさまざまなケースを学びます。講義を通じて、多様化している働き方や生き方を知り、キャリアデザインの必要性・重要性を認識し、自分自身の将来のキャリアや人生の目標を考える機会を作ります。
授業主題の一例
「仕事選びの基準とは?」
「才能と努力」
「新卒採用のリアル」
「企業内のキャリア」など
投資演習
毎日変わる日本の資本市場の全容と投資について学びます。投資論で知識を身につけた後は、投資のリスク&リターンの考え方、株式投資・債権投資・ポートフォリオ運用・外国為替市場などの証券投資における重要なテーマを学び、実務的な観点から学んでいきます。
授業主題の一例
「金融市場の役割「資産運用とリスク」
「経済情報の見方「外国債権投資の考え方」
「資産形成のための金融リテラシー」など

ABOUT

フォロー体制

  1. 担当教員による
    個別キャリア・カウンセリング

  2. 常時使用可能な演習室

  3. キャリアサポート室との
    連携・サポート

ABOUT

企業研修で学べること

  • 会社の雰囲気を知り、業務を経験することができる。
  • 魅力的な会社なのか、やりたい仕事なのかを知るきっかけになる。
  • 視野が広がる。
  • 活躍している社員の方と接することで、
    社会人として必要な知識、技術、力を知ることができる。

「何を学ぶか「何を知りたいのかをしっかり意識して取り組むことが大切です。

企業研修先

2017年4月現在の予定です。

PAGETOP

POINT

将来、何をしたい?どんな人になりたい?
まずは、ジブンと向き合い、ジブンを知りましょう。

CLOSE

POINT

さまざまな生き方や働き方の実例を知ります。
社会人としての基礎知識と経営学の基本を修得します。

CLOSE

POINT

もう1度、ジブンを見つめ、将来の目標を定めます。
目標達成のためにどんな力・技術・資格が必要か考え、行動します。

CLOSE

POINT

企業研究・分析、業界研究を行い、
目標を達成できる、ジブンに合った企業・場所を探します。

CLOSE

POINT

<社会で活躍できる力を活用し、更に育てる>

キャリア・マネジメント力 考動力 課題解決力 etc.

CLOSE

LEADERSHIP 「リーダーシップ」が拓く未来

このプログラムでは、社会で求められる2つの「リーダーシップ」を開発します。
1つは、さまざまな組織や集団の中で、その進むべき進路を指し示し、 メンバーに自分の役割や責任をしっかりと把握した行動を促す力です。 もう1つは、自分自身や置かれている状況を的確に理解し、 進むべき進路(キャリア)を自ら創り出していく力です。 これは、セルフ・リーダーシップということもできるでしょう。 この2つの力を伸ばすためには、ビジネスやキャリアに関する学びはもちろん、 目標(or 志)を高く持つメンバーと共に行うチームでの活動が必要です。

CLOSE

FOLLOWERSHIP 社会に必要とされる「フォロワーシップ」

“フォロワーシップ”とは、部下(フォロワー)が自分の判断や行動で、上司を支え、組織を活性する力のことです。リーダーをサポートするだけでなく、リーダーの間違いや考え方に対して意見することも。また、プロジェクトや案件によって、メンバーがリーダーの立場に、リーダーがメンバーの立場になることもあります。昨今では、リーダーはリーダーシップだけを発揮すればよいのではなく、フォロワーシップも含めた両面から組織を支えることが求められています。

CLOSE