大手前大学

最新情報

【国際交流】フィリピン大学セブ校交換留学生より留学便り

お知らせ
2016年秋学期より、フィリピン大学セブ校に1年間の予定で留学中の総合文化学部3年生佃 奈々緒さんから、留学レポートが届きました!
夢に向かって頑張れ、佃さん!日本から応援しています。

■留学レポート (第一弾)
授業も始まり、1週間の生活リズムがだいぶ整ってきました。基本的に学校と家の往復。休みの日はカフェに引きこもり課題をしています。大量の課題、読み物に追われてます。授業を受けるのに必死です。すでに一度、授業内でプレゼン(各自与えられたtopicについて)がありました。でも、準備期間内に100%理解できず、自分が持っている100%のプレゼン力(speech,powerpointのquality など)が出し切れなかったので悔しかったです。 この悔しさをバネに頑張りたいと思います。

1日3科目もしくは1科目で、各科目週に2回。1週間という時間の流れ方が違い、なんとも不思議な感覚です。日本とは全くスタイルが違うので戸惑う事もたくさんあります。

クラスでは、友達も少しずつでき、会話をする機会も増えました。日本語や日本のアニメ、映画、ドラマに興味ある子が多く、それらについて話しかけてくれる子も増えてきました。クラスが一緒の友達には本当に支えてもらっています。授業の課題等で、わからないところなど嫌がらず、丁寧に教えてくれます。周りの人達に本当に感謝しています。

大学のカウンセラーの先生に、この大学で4年間正規生として勉強し、卒業ののち、セブで働いている方を紹介していただきました。その方を通して別の人も紹介していただくなど、ネットワークが広がっています。先日は、語学学校主催のアクティビティにも誘っていただき、参加してきました!

写真1
写真2
写真3
「国際看護学部(仮称)」設置構想中
健康栄養学科・管理栄養学科
リーダーシップ開発プログラム
ページトップへ