大手前大学

田中 キャサリン

田中 キャサリン
氏名 田中 キャサリン(タナカ キャサリン)

Kathryn M. TANAKA

学部 総合文化学部
職名 講師
学位 博士
研究テーマ 日本近現代文学比較文学比較文化
コメント 社会活動と文学、または医学治療と文学の関係について興味を持ち、幅広く文学の社会役割を考える研究を行っている。
主な著書・論文 【論文+翻訳】
「"Life’s First Night" and the Treatment of Hansen's Disease in Japan: A Translation and Introduction to H?j? Tamio’s Novella」「いのちの初夜」ハンセン病は日本でいかに扱われてきたか In: The Asia-Pacific Journal, 13 (4): np. (査読有) (2015年)

【論文】
Writing Ties in Japan: Family, Familialism, and children’s writing in an early twentieth century Hansen’s Disease hospital Japanese Studies 36 2 231 2016
-祖国浄化のために--- 小川正子の『小島の春』における性差と倫理 50 93-114 2016

【著書】
Science, Technology, and Medicine in the Modern Japanese Empire (Routledge Studies in the Modern History of Asia) (Ed. Philip Brown and David Wittner) 2016 London: Routledge

担当は、「They are not Human: Responses to Hojo Tamio and Patient Writing」。Philip Brown and David Wittner 編。北条民雄の作品の影響と、文壇と病院両方からの反応から北条の文学の意味と機能を考え直した。Pp.130-147

【研究論文】
「Teaching literature in translation in the EFL classroom.」 In P. Clements, A. Krause, & H. Brown (Eds.), JALT2014 Conference Proceedings. Tokyo: JALT: 386-394. (査読有) (2015年)「戦前日本のハンセン病療養所における短歌による交流―九州療養所の『檜の影』を中心に」など
主な担当授業 「Japanese Literature and culture」「comparative culture courses」
研究分野 国際関係文学・人文・人間・心理外国語
ページトップへ