大手前大学

就業力育成支援事業

文部科学省 平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」に本学の取組みが採択されました。

文部科学省が平成22年度より実施する「大学生の就業力育成支援事業」に、大手前大学・大手前短期大学が共同申請した「学生別コンピテンシー伸張の可視化-"映像ポートフォリオ"への蓄積と外部評価・フィードバックによる就業力強化システム-」が採択されました。

この事業は、各大学・短期大学において、漠然とした職業観・勤労観のままの学生を社会に送り出すのではなく、学生達が地域・社会において、「何をしたいのか、何ができるのか」、自問し、答えを見つけ、その結果、学生が何を学び、何が出来るようになったのか、地域・社会から適切に評価されることを目指すものです。

単に書類の書き方など就職活動上の単なるテクニックの向上を支援するためのものではありません。そのため、本学教職員と産業界等が日常的に顔を合わせ、地域・社会の人材ニーズや大学等での教育のあり方について議論することや、学生が多様な場で就業体験をすることを目指していきます。

この採択を受け、入学から卒業まで、本学の教育理念に即した就業力育成支援を体系的に行い、職業人として社会で求められる力を身につけた、地域に有用な人材の輩出に向けて参ります。また広く社会・他大学へも取組成果を普及させるためにも、この実施状況を公開して参ります。

ページトップへ