大手前大学

インタビューレポート

インターンシップ・プレゼンテーション大会 グランプリ メディア・芸術学部3年 森田稜子さん

ニュース
2013.11.20_森田稜子さん①
2013.11.20_森田稜子さん②
2013.11.20_森田稜子さん③
インターンシップに参加したきっかけは?
就職活動を意識する年になりましたが、これといった夢もなく、焦りと不安がありました。ただ焦っているだけで時間を無駄にするのではなく、様々なことに挑戦しようと思い、インターンシップに参加しました。

なぜこのインターンシップ先を選んだのですか?
情報をメジャーにしており、IT企業に興味がありました。また、Webサイト制作に魅力を感じていたので、それらに関係のあるようなお仕事をさせていただけるインターンシップ先を希望しました。

インターンシップに参加することが決まり、何か準備をしましたか?
アイクラフト株式会社様について調べました。また、マナーに関して意識するようになりました。その他は特に準備していませんが、なにより体調を整えて、やる気を維持して初日を迎えるように心がけました。

インターンシップに参加して、何か気付いたこと、学んだことはありますか?
たくさんあります。ここでは語りきれないくらいです。特に学んだことは「学生と社会人の違い」です。今の自分は“学生”そのもので、この学生気分のままで就職活動を行ってはいけないなと実感しました。

インターンシップ中、一番苦労したことは何ですか?それをどのように乗り越えましたか?
順調に進んでいると思っていた最中、大きな変更があったことです。「このままじゃ仕事終わらないよ!」と泣き叫びたくなりました。急なことでしたので、まずは社長のお話を整理することから始めました。そうすることで気持ちが落ち着き、「まず何から作業をしていくべきか」ということが分かりました。自分なりに考え行動し、逐一、社員の方にアドバイスを頂くことを心がけていました。

インターンシップ・プレゼンテーション大会の本番までどのような練習をしましたか?
実は、とくに時間をかけてプレゼンの練習したわけではありませんでした。本番の1時間ほど前から、話の進め方と、3分に収まるかどうか、を確認した程度でした。しかし、スライド作成の段階では、「皆さんに面白いと思っていただけるような3分間にしたい」という思いから、こだわって作成していました。

後輩へのメッセージ
あなたが社会人になったら、今までの生活とどんな変化があるのでしょうか?あなたは、働いている自分を、想像できますか?インターンシップは、働くことについて考える場だと思います。働きたいと思っている学生は、ぜひインターンシップに参加してみてください。ただし、「なんとなく」で受け身で参加するのはやめてください。「行った先で、何か学んでやる!」という意思とやる気を持って自分から学んでください。そうすればきっと、大学生活を充実させるひとつの体験になるかと思います。

最後に
今回、このような体験の場を頂いて、本当に感謝しています。インターンシップを通して、新しい自分を発見することができました。企業の方、就業力支援・社会連携室の方、友人との関わりで、自分を見つめなおす機会にもなり、また、以前より自信を持つことができました。この貴重な経験を活かして、今後の生活をより良いものにしていきたいと思います。
ページトップへ