大手前大学

インタビューレポート

3月10日開催「14大学合同フォーラム」学生リーダー会メンバー 総合文化学部4年 木本早紀さん

ニュース
2014.4.21_木本早紀さん②
2014.4.21_木本早紀さん④
2014.4.21_木本早紀さん⑤
今回3月の企画に参加したきっかけは何でしたか?
元々、チームで何かを作り上げるという体験がしたいという思いがありました。そして「産業界のニーズに対応する為の教育改善」というものにも興味があったので即、参加することを決め、就業力支援・社会連携室に伝えました。

今回の企画に参加して、学んだこと・気づいたことなどを教えてください。
学んだことは「諦めない心」です。約一年間という期間を経て、たった一日のプログラムを作ることは簡単そうに見えますが、より良いものを作りたいという思いから苦戦はしました。しかし、企画を他班に見てもらったり、社会人の方にチェックしてもらったりと試行錯誤することで、最終的には形にできたので達成感を味わいました。就職活動と重なったこともあり、全力でできなかった部分に関しては残念だと感じることはありましたが、だからこそチームのみんなに感謝して、「貢献しよう!良いものを作ろう!」というモチベーションに変えました。

合同フォーラム当日に向けて、努力したこと、苦労したことなどはありますか?
私は企画班というリーダー会の核となる班に属していたので、企画作りには苦戦しました。学生企画なので学生らしさを出したいはずなのに、いつの間にか一般論でつまらない企画になってしまっていたり、逆に学生らしさを出しすぎて理解を得られないものになってしまったり…。思いを形にする苦労はありました。一回の会議は5時間を超えるのは当たり前で、会議が終わった後は思考が停止してしまう程でした。

皆さんの企画には学内外の大勢の方が参加されましたね。
いかがでしたか?

素敵な仲間にたくさん出逢えました!そんな仲間達に出逢えて本当に良かったし、楽しかったです。一生懸命な人、情熱的な人、場を和ませる人、しっかり者…。色々なタイプの仲間達と共に刺激を受けて成長できたと思います。仲間達には本当に感謝の気持ちでいっぱいで、当日もそんな気持ちで、臨みました。

木本さんは2年生・3年生の時にインターンシップにも参加されていましたね。そこでの経験について簡単に教えてください。
2年生の時は信用金庫さんでお世話になりました。3年生の時は自動車ディーラーでお世話になりました。いずれも業務内容を知ることはもちろんですが、「実際の職場で働く」ということで、社会人の方のお話を聞いたり、雰囲気を味わうことができたことが大きかったと思います。就職活動前から職業や働き方を考えたり、私はそう働けたら幸せなのか?(社会にどんな影響を与えることができるのか)などを考える、良い機会になりました。

インターンシップや今回の経験は、就職活動にどのように活かせましたか?
インターンシップも学生リーダー会の経験も、面接で企業様に語ることはあまりありませんでした。しかし「参加した」という事実だけではなく、「どんな気持ちで取り組んだのか?」や、「お客様や人に自分が関わることでどうハッピーになってくれるのか?」を深く考えることができたので、インターンシップ等の経験が大きく活きて来ていると思います。今回の経験で分かったことを活かし、就職活動もモチベーションを保ちつつ頑張っています。

いよいよ4年生ですね。この一年をどのように過ごすつもりですか?
悔いのない様に全力で一年を過ごしたいと思います。学生生活はこの一年で幕を閉じることになるので、両親や家族に感謝し、「学び多き学生生活でした」と言える様にしたいです。また、友達と海外旅行に行く約束をしているので、とても楽しみです。遊ぶ時間がとれるのも最後なので、こっちも悔いのない様にしたいです!(笑)

大手前生にメッセージをお願いします。
「14大学合同フォーラム」は今年9月に開催する予定です。企画運営を担当する学生リーダー会メンバーを今回も募集しています。「学生生活をもっと楽しみたい!」、「何かに挑戦してみたい!」と思っている人は是非参加してみてください。困難に直面しても、逃げ出さずに頑張れば頑張る程、助けてくれたり、応援してくれる場所です。もしくは組織を引っ張っていくことを目指す人にもお勧めです!
ページトップへ