大手前大学

取組の概要

取組の目的・内容・体制

取組の目的

文部科学省が2010年度より実施する「大学生の就業力育成支援事業」に、大手前大学が申請した「学生別コンピテンシー伸張の可視化-"映像ポートフォリオ"への蓄積と外部評価・フィードバックによる就業力強化システム-」が採択され、現在も継続して取組を実施。
この事業では、大学において、漠然とした職業観・勤労観のままの学生を社会に送り出すのではなく、学生達が地域・社会において、「何をしたいのか、何ができるのか」、自問し、答えを見つけ、その結果、学生が何を学び、何が出来るようになったのか、地域・社会から適切に評価されることを目指す。
入学から卒業まで、本学の教育理念に即した就業力育成支援を体系的に行い、職業人として社会で求められる力を身につけた、地域に有用な人材の輩出に向けた取組を行う。

2)取組内容

「就職に強いリベラルアーツ型大学」のモデルを目指し、以下の4フェーズに分けて推進する。

  1. Competency Fuculty活動
    本学独自の問題解決能力開発メソッド「C-PLATS®」をもとに学生を育成する。
    全学生が履修する1~4年次必修科目(コア教育)はその成果を実践・応用する場として位置付けし、個々の専門科目では特に重点を置くコンピテンシー項目を指定してその伸張を図る。
    大手前大学はC-PLATS®能力の養成によって、「物事を単に知っている」のではなく、「実際に物事をやり遂げる」人材を育成する。
  2. 就業力育成教育の実施
    企業や外部組織との連携を前提とする卒業までの一貫した就業力育成教育を、問題解決型学習・Problem及びProject Based Learning(PBL)方式により行う。
    これらの活動を通じて総合的実践力を高め、就業意欲や就職活動の増強を図り、就職率を向上させることを目指す。
  3. 就業力育成教育の実施
    就業力育成の効果を測定するために、学生の発表などのパフォーマンス映像を記録・蓄積する映像ポートフォリオのシステムを構築する。
    蓄積された映像は、学習過程の記録と併せ、自己評価・学生相互の評価はもとより、科目担当教員および教育ボランティアによる評価のフィードバックを受けるデータとする。
  4. 外部との連携
    本学の教育改革の取組みと成果を豊富な社会経験をお持ちの社会人の目から評価・助言していただき、教育の質を高めるため、2011年度から教育ボランティアを導入。学生は教育ボランティアから課題提供を受け、学生はその研究・解決・実践の成果を授業中および映像ポートフォリオ上で口頭発表し、評価を受ける。

3)取組体制

部署・会議体ごとに実施している就業力育成のための教育・支援を一元化して、有機的な連携の維持を図るために「就業力育成プロジェクトチーム」を設置し、2011年に本チームを母体とし「就業力育成支援室」を組織化する。
2015年4月には業務を拡大し、一層強力に推進していくために「就業力支援・社会連携室」へと改称。
2017年4月には一貫したキャリア教育の強化を図るべく、キャリアサポート室と統合。

ページトップへ