進化する 大手前大学 2019年4月 「新学部(看護)」 設置構想中

事実、医療機関の約8割で
外国人を受け入れている。
だが、グローバルな看護師は
まだまだ少ない。
訪日外国人、年間2000万人。
私たちはそんな時代に生きている。
※平成27年度「医療の国際展開に関する現状調査」より

Status 看 護 の イ マ

2020年、訪日外客数は
年間4000万人へ

2403万9053人※1。これは2016年の年間訪日外客数です。前年比21.8%増となり、過去最高の数字となりました。また、日本政府は2020年までに訪日外客数を年間4000万人へ引き上げることを発表しており、国内ではインバウンド事業がますます加速していくことが予想されます。看護の現場においても、観光庁が訪日外国人旅行者受入可能な医療機関を全国で選定するなど、外国人旅行者がスムーズに医療機関にアクセスできる環境づくりが急ピッチで進められています。※1.日本政府観光局(JNTO)発表統計より

Future 看 護 の ミ ラ イ

外国人患者受入れの課題は
「言語・会話」

医療ツーリズムの人気も後押しとなり、外国人患者が国内の病院へ訪れることが当たり前となる日は、すぐそこまで来ています。言葉の違いによるトラブル対策として、医療機関が通訳を採用するケースも増えていますが、自前の通訳がいる医療機関は約35%※2に留まります。また、外国人患者受入れの課題については、約95%※3が「言語・会話」と回答。国際看護の必要性が高まるいま、英語によるコミュニケーション力は看護師に不可欠なスキルとなることが考えられます。※2※3.平成27年度「医療の国際展開に関する現状調査」より

Accessアクセス

医療都市の中心「大阪・天満橋」

大手前大学が所在する大阪・天満橋は、大型病院や医療センターなどが数多く集まる「医療の街」でもあります。梅田・心斎橋・なんばへのアクセスもよく、大阪の医療都市の中心としての役割を果たしています。

〒540-0008
大阪市中央区大手前2-1-88
TEL : 06-6941-7698

交通アクセス
  • 地下鉄・京阪天満橋駅から
    徒歩2〜5分
最寄り駅までの所要時間
  • 大阪(梅田)から10分
  • 天王寺から9分
  • 大阪上本町から11分
  • なんばから8分
  • 京橋から3分
※時間帯や乗り継ぎ等により異なる場合があります。
MENU