「グローバル人材としての看護師」へ。
国際看護学部の特長

看護専門職としてのプロフェッショナルを育てる堅実な教育

看護の知識と技術を4年間で丁寧に学び、
高度化・複雑化する医療現場に対応できる看護師を育成します。

看護の資格に特化し、
しっかりと看護の基礎を学ぶ。

看護の基礎教育は看護師の土台となるゆるぎない専門性です。本学部はそこにこだわり、しっかりと丁寧に、次世代の看護師を養成します。

生活者の英語、医療従事者
としての英語を使いこなす。

医療機関を利用する立場の定住外国人や訪日外国人が日常生活で使う英語を、諸外国の文化にも触れながら学修します。そして、看護専門職として医療英語を学び、異国で病気や怪我をした対象者の不安な気持ちに寄り添い、文化や価値観の違いを理解した対応ができるグローバルコミュニケーション能力を培います。

多様な価値観や生き方に
出会える充実した実習先。

入学時から卒業まで無理・無駄のない科目を構成しています。医療・看護の技術や知識を学び、人々の多様な価値観や生き方に触れる国内外の実習先が充実しています。

看護学とリベラルアーツの
バランス

看護の知識と技術に加えて社会人として必要な教養を学べることが大学教育の強みです。本学部では特に国際化する社会で暮らす人々の文化的背景や価値観の違いに着目し、多様性を理解・容受する資質を培う教育を行います。

デジタル教科書を用いた
アクティブラーニング

タブレット端末を使った「デジタル教科書」で学びます。ペーパーレスなので持ち運びも軽くて便利。ソフトやアプリで効率的に学べるICT(Information and Communication Technology※)を駆使した教育は学習意欲や達成感を高め、知識や技術の習得をサポートします。
※情報通信技術

取得できる資格を「看護師」のみに絞り、社会人基礎力と看護実践力を持った
コミュニケーション能力の高いグローバル人材としての看護

取得資格
看護師(国家試験受験資格)

本学部では、高度な専門的知識や技術をもつ看護師輩出のため、看護師資格取得に的を絞った教育を行います。