わたしの未来

管理栄養士×medical care 森本 徹さん

疾患を持つさまざまな方が訪れる病院は、身につけた力を発揮できる一番の場所

初めは調理師免許を取ろうと思っていたのですが、栄養にも興味があったのでそれなら管理栄養士をめざそうと大手前栄養学院専門学校に入学しました。1年目は管理栄養士になって何がしたいというよりも、管理栄養士になることが目標という感じでしたね。病院で働きたいと考えるようになったのは、栄養学や臨床栄養学、いろんな実習授業を通して管理栄養士の役割が理解できるようになってから。病院は子どもからお年寄りまでさまざまな疾患を持つ方が訪れるので、学校で身につけた力を発揮できる一番の場所だと思ったんです。それからは夢に向けて一直線。国家試験も無事合格することができました。

「食事や栄養のことなら森本に聞け!」みんなにそう言われる管理栄養士に

勤務先である東神戸病院での主な仕事は、入院患者さまの栄養管理です。まずは栄養状態を正しく把握するためのスクリーニングを行い、入院食をどれくらい食べているか食事量をチェックします。食べる量が少ないと判断した場合は、提供する食事内容を見直し。その方に合った食事が何かを考えて提案します。おかゆから訓練食に変更するなど、診断結果や回復の様子に合わせて食事内容を徐々に調整するので、他職種との連携も欠かせません。その他に外来での栄養指導も管理栄養士の大切な仕事。例えば糖尿病患者さまの場合、食事をコントロールする必要性は理解しているのですが、なかなか実践できないという方が多いんです。診察だけでなく栄養指導をプラスすることで食事療法への理解が深まりますし、実際に「モチベーションが落ちずに続けられた」という声を聞くと、栄養指導の重要性を改めて実感しますね。

私の今の目標は、「食事や栄養のことなら森本に聞け!」と患者さまやスタッフみんなが口をそろえて言うような管理栄養士になること。人が生きていく上で必要不可欠な食事に関する仕事に関わっていることに誇りを持っているので、もっと自分のレベルを上げて、栄養と同じくらい欠かせない存在になりたいと思っています。