わたしの未来

管理栄養士×menu planning 三谷 尋見さん

「栄養」と「商品開発」“好き”の掛け合わせで、今の仕事に

小学生ころから献立表のタンパク質、脂質などの成分を見るのが好きだったんです(笑)。いずれは栄養のことをもっと勉強したいという気持ちは、ずっとありましたね。元々、短大で栄養士の資格は取っていたんですが、調理よりも新しい商品を考える仕事をしたいという想いがあり、管理栄養士の資格取得をめざして大手前栄養学院専門学校に入学。

学生時代は、赤ちゃんや高齢者、糖尿病患者の方など、食べる人に合わせた献立作りの基本を学びました。飲食店のメニュー開発の仕事を選んだのは、「栄養」と「商品開発」という興味の掛け合わせから。商品の塩分、カロリー、アレルギー、原料原産地を一覧にして載せた「食の情報メニュー」という冊子作りにも、栄養学の知識が役立っています。

自分の開発したメニューのヒットは何よりうれしい瞬間

私がメニュー開発を行っている店舗では、年2回のグランドメニューのリニューアルと、季節ものや地方の特産品に特化したフェアメニューがあるので、常に食のトレンドにアンテナを張っていなければいけません。アイディアのヒントは、雑誌やテレビなどのメディアや実際に自分が行った飲食店など、至るところから拾ってきますね。日頃からアイディアをストックしていても、新メニュー開発期間はやっぱり大変。提案してもボツになってしまうものも多いですし、上司からのダメ出しもあります。ただ、そんな苦しさを乗り越えて自分のメニューが採用され、さらにヒットしたときの喜びはひとしお! ちょうど先日、私が開発したスイーツが売上数の上位に入って、すごくうれしかったですね。

現在、女性ターゲットの店舗をつくるプロジェクトチームに所属しているので、今後は女性向けメニュー開発にも取り組んで行きたいと思っています。