わたしの未来

管理栄養士×social support 遠部 祐子さん

自分の好きなことで社会の役に立ちたくて、管理栄養士の道へ

一度、一般の大学を卒業した後、OLとして事務職をしていました。4年ほど勤務していたのですが、ずっと変化のない仕事に少しずつ熱意が下がり、もっと自分の好きなこと、スキルを活かして働きたいと思うように。そこで選んだのが、大好きだった食べることに関する仕事でした。国家資格である管理栄養士を目指したのは、卒業後にきっと仕事の幅が広がるだろうなという思いからでした。

さまざまな学校に見学に行く中で大手前栄養学院専門学校を選んだのは、一番アットホームで明るい雰囲気を感じたから。実際、入学した後もその印象は変わらず、先生と学生の関係も親密で、この学校を選んで良かった正解だったなと今でも思いますね。私と同じように一度社会人を経験した人が多くいたのも嬉しかったです。同じクラスに幅広い年代の学生が集まり、みんなで和気あいあいと目標に取り組んだことは、かけがえのない思い出です。

自分のレシピやアドバイスでママや子どもたちの笑顔が見れて幸せ

卒業後は大阪市の採用試験に合格し、地域で暮らす方々の食や栄養に関するサポートを行っています。現在私が勤務しているのは大阪市西区役所。西区民の健康のために食講座を企画、実施したり、食育を進めるために保育園や小学校の先生などと連携を図ったり。西区役所には調理実習室もあるので、そこで調理教室を開催することもあります。その際のレシピづくりには、学生時代に残した実習メモが大いに役立っています。捨てずに取っておいて本当によかったです(笑)。

西区は若い子育て世代が多く、乳幼児健診で訪れた保護者の方に栄養面の相談に乗るケースもたくさんあります。離乳食を食べない、好き嫌いが多いと悩むママたちに、私なりのアドバイスを送り、それが後日「うまくいきました!」と笑顔で教えてもらえたりすると、この仕事をやっていて良かったと感じます。これからも地域で暮らすひとたちの笑顔や健康を、栄養に関する知識で支えていきたいですね。