カリキュラム

カリキュラム

基礎から応用まで管理栄養士に必要な知識と技術を習得するとともに、 豊富な実習・実験授業を通して現場の即戦力として役立つスキルを身につけます。 専門分野科目以外にプラスαの学びも受講することができます。

4年間の学びの流れ

カリキュラム表


資格・免許

取得できる
資格・免許

栄養士免許
管理栄養士国家試験受験資格(実務経験免除)
栄養教諭一種免許(選択者のみ)
食品衛生管理者及び食品衛生監視員(任用資格)

めざせる
資格

NR・サブリメントアドバイザー(受験資格)
登録販売者(医薬品の販売)
フードスペシャリスト(受験資格)

授業紹介

解剖生理学実験

病院などで患者さんの栄養相談を行ったり、チーム医療の一環として栄養管理を任される管理栄養士の仕事は、食べ物がどのようにして体に吸収され、代謝され、利用されるのかを理解していなければ務まりません。2年生から始まる「解剖生理学実験」では、呼吸器系や循環器系の検査、解剖などの実験を通じて、講義だけでは理解が難しい人体の基本的な構造・機能について学んでいきます。実験は計12回。チームで行い、最後回には興味のあるテーマについて発表してもらいます。自分で理解することと人に伝えることは別物。伝えるための工夫は、管理栄養士として社会に出たときに役立つスキルになるはずです。

実験で学んだことはずっと頭に残ります

解剖生理学は1年生のときに講義形式の授業があります。覚えることがたくさんあるので苦労することもあると思いますが、それは誰もが通る道。1年次に講義で覚えられなかったことも実験で体験することで覚えられるようになりますよ。

李 明鎭 教授

臨地郊外実習1

「臨地郊外実習Ⅰ」は、学びの場を現場に移し、給⾷経営管理論や給⾷経営管理実習など学内で学んできた基礎理論を基に、実際の現場課題に取り組む授業です。福祉施設、病院、事業所等で⾷事の計画、調理を含めた栄養・食事管理を体験し、特定給⾷施設の特質、組織形態、運営⽅法、給⾷の⽬的等をきちんと把握することで、給⾷業務運営のマネジメントと管理栄養⼠業務の理解へつなげていきます。また、事前学習で設定した⾃らのテーマや課題に沿った実習を⾏うことで、学生が⾃ら学び、向上する姿勢を養います。この実習を終えるころには、管理栄養⼠の役割や業務についての理解がより深まっているでしょう。