大手前大学

ノートパソコンの必携について

2021年度 大手前大学 新入生対象
必携化に向けたノートパソコンの購入・斡旋について

  • このページの末尾に、必要な情報をまとめたPDFファイルのリンクを掲載しています。必ずこのPDFファイルを熟読し、ご自身に必要な情報を確認してください。PDFファイルが閲覧できない場合は、個別にお送りしますので、「合格した受験番号」「氏名」を[さくら夙川キャンパス 情報メディアセンター ノートPC必携化担当 (0798)32-5036]までお知らせください。
  • 国際看護学部はすべての学生が同一のパソコンを一括で購入していただきます(個別で調達する必要はありません)。
  • 健康栄養学部、総合文化学部、建築&芸術学部、現代社会学部は、別途お送りする案内資料に記載の大学斡旋パソコンを購入いただくか、各自でご準備ください。すでにパソコンをお持ちの場合はそれをご使用いただくこともできます。ただし大学の授業で4年間使うことを念頭に、ページ末尾リンク先のスペック表に従ってご準備ください。

大手前大学は、高度情報化およびAI社会に対応する人材を育成するため、学びの充実を目的とし、2021年度より「ノートPCの必携を標準化」します。新入生の皆さんにはノートPCの購入等のご準備をお願いします。

このwebページでは、学部・学科やメジャー(専攻)ごとに、4年間支障なく利用可能なパソコンのスペック(仕様)を示すとともに、メジャー(専攻)ごとの専門教育(とくにパソコンを用いる授業)で快適に利用するためのパソコン選び、さらには大手前大学が指定する業者による斡旋販売サイトでのオプション選択のアドバイスを掲載しています。パソコン購入の参考にしてください。

なお、パソコンをはじめとするICT環境は日々変化しています。この資料に掲載している情報は、「2020年12月時点での情報」に基づいています。今後のOS(WindowsやMacOS)のバージョンアップやICT技術の発展によっては、状況が変わる場合があることをご了承ください。

また、メジャー(専攻)の選択は通常3年生に進級するとき(2年生のおわり)に行います。入学時点ではメジャー(専攻)を決めていない人が多いと思いますが、「自分が選択する可能性があるメジャー(専攻)で利用できるスペック」での購入をおすすめします。

メジャー(専攻)とは:大手前大学の学びのしくみで、総合文化学部、建築&芸術学部、現代社会学部を卒業するには所属する学部の専攻プログラムを履修してメジャーを1つ以上修めなければなりません。大手前大学では、4年間の学びの内容に応じてメジャーの名称が卒業証書(学位記)に記載されます。いわゆる「学位」とは性格が異なるもので、大手前大学で主として学んだ学修領域を示すものです。各学部にどんなメジャーがあるかは、後に掲載するPDF資料の一覧表をご確認ください。

  1. 国際看護学部について

    国際看護学部は他学部に先駆け、学部開設当初の2019年度よりすべての学生がデジタル教科書を用いる授業を行っています。それにあわせパソコンも全員同一機種を使用することとしており、入学時に他の教材と一括で購入していただいています。そのため、パソコン必携につきましても他の学部とは扱いが異なりますので、別途お送りするご案内をご覧ください。【個別に調達(購入)する必要はありません】

  2. 斡旋販売パソコンについて[健康栄養学部、総合文化学部、建築&芸術学部、現代社会学部]

    ノートPCをご準備いただくにあたり、大学が指定する協力業者による新入生向け斡旋販売を1月5日より期間限定で実施します。詳細は入学予定者に直接お送りする案内資料をご覧ください。
    なお、この斡旋販売は購入を強制するものではありません。一般のパソコンショップやインターネット通販でご購入いただいても構いません。またすでにパソコンをお持ちの場合はそれをご利用いただくこともできます。ただし、大学の授業で4年間使うことを念頭にご準備ください(後に掲載するPDF資料のメジャー(専攻)ごとの推奨スペックをよくご確認ください)。あまりにも安価なものや古いものは、4年間の授業利用に耐えない可能性があります。

  3. 入学後の学内IT環境

    入学後は、夙川キャンパス、大阪キャンパスともに以下のIT環境をご利用いただけます。

    1. (ア) 学内無線LAN
      大手前学園は構内のほとんどの場所で学内無線LANが利用できます。利用には入学後の登録が必要です。
    2. (イ) プリンタ
      キャンパス内にプリンタ(複合機)を複数設置しており、学生は自由にご利用いただけます。ただしポイント制をとっており、ポイントがなくなったら追加で購入する必要があります。
    3. (ウ) パソコンの充電
      パソコンは、毎日自宅で充電した状態で持ってきてください。原則として授業中の充電はできません。ラーニングコモンズや学生食堂などのACコンセントをご利用いただくこともできますが、数が限られています。
    4. (エ) ソフトウェアについて
      1. ① 大手前学園では、すべての学部で情報の基礎を学ぶ必修授業があります。この必修授業で使用するソフトウェアおよびウイルス対策ソフトウェアは学園が包括契約をしており、学生の追加費用負担なしでご自分のパソコンでご利用いただけます(卒業や退学などで学籍がなくなったら使えなくなります)。インストール方法、ご利用方法については入学オリエンテーション以降にご案内します。
      2. ② 各メジャー(専攻)で使用する一部の専門ソフトウェアについても、学生向けライセンスや大手前学園独自の安価な購入方法を用意しています。入学後にご確認ください。
    5. (オ) 専門的なソフトウェアや高機能パソコンを使用する授業について
      大手前大学では、映像・アニメーションや建築など、専門的で高価なソフトウェアや高機能なパソコンを使用するメジャー(専攻)があります。高機能なパソコンは大きく重くなるため持ち運びには適しません。これらの授業に対応するためのパソコンは大学(夙川キャンパス)で準備しています。
  4. ノートパソコンの購入・斡旋販売の詳細情報(国際看護学部を除く。国際看護学部は個人でのパソコン購入・調達の必要はありません)
    1. (ア) 斡旋販売について
      斡旋販売は専用のwebサイトで、2021年1月5日(火)10:00から受付開始します。ご注文から納品まで数週間かかる場合がありますので、お早めにお申し込みください。詳細は、入学予定者に直接お送りする案内チラシおよび販売サイトをご確認ください。
    2. (イ) 各学部、学科、メジャー(専攻)の推奨スペックと最低限必要なスペック
      授業で使用するパソコンに必要なスペック(仕様)は、学部、学科、メジャー(専攻)によって異なります。これは、授業で使うソフトウェアやパソコンの利用方法が異なるためです。各学部、学科、メジャー(専攻)ごとに必要なスペックをまとめてありますので、末尾のリンクからPDFファイルをご確認ください。まだメジャー(専攻)を決めていない場合は、選択する可能性があるメジャー(専攻)で利用できる(最も高い)スペックでの購入をおすすめします。
  5. 経済的事情によりノートパソコンを準備することができないとき

    経済的事情によりノートパソコンを準備することができない学生のうち、希望者は1年間の貸与制度を利用できます(ただし台数に限りがあります)。対象は、日本学生支援機構給付奨学金の「採用候補者」「申請中の方」「入学後に申請予定の方」です。貸与希望者は、3月末から実施する新入生オリエンテーションの際に申請手続きをしてください。ただし、貸与パソコンは「最低限必要なスペック」を満たしていない機種ですのでご了承ください。

詳細情報をまとめたPDFファイルは下記から閲覧してください。

  • OPEN CAMPUS 2021
    受験生サイト
    建築&芸術学部
    国際看護学部
    健康栄養学科・管理栄養学科
    OTEMAE × SDGs
    リーダーシップ開発プログラム
  • ページトップへ