CAMPUS WALK さくら夙川キャンパス

さくら夙川キャンパスは、神戸郊外の落ち着いた
雰囲気の中にある、小規模なキャンパス。
そのぶん、学生同士の交流や成長を促す
施設・設備が、ギュッと詰まっています。
ここでは、中でも学生に人気のあるスポットを
厳選してご紹介!

人気のスポットを散策

学生が集う、知と創造の交流拠点

学生が集う、知と創造の交流拠点

メディアライブラリーCELL

地上2階、地下1階の空間の中に、20万冊の蔵書を持つ図書館や自習スペース、グループワークができる小教室などを備えた施設。資格サポートセンターも、この館内にあります。入口にあるオープンカフェ「FOGLIA(フォリア)」では、学生たちが歓談を楽しんでいます。

心も体も解放できるオープンスペース!

心も体も解放できるオープンスペース!

健身館

1階には2017年にリニューアルした学生食堂が、2階には室内体育館があります。食堂は広いスペースと豊富なメニューが自慢。お昼どきを中心に、多くの学生で賑わっています。体育館は、部活やサークル活動のほか、学生のレクリエーションにも使われています。

創造的な刺激にあふれる、文化的空間

創造的な刺激にあふれる、文化的空間

アートセンター

世界的な建築家の安藤忠雄氏が設計した、大手前大学の文化発信の拠点。教員や著名人の作品展覧会や講演会のほか、卒業制作発表などに使用されています。敷地内には枯山水の庭園もあり、多様なクリエイティブ空間の中で美的センスを磨くことができます。

多目的に使われるコミュニケーション空間

多目的に使われる
コミュニケーション空間

学生ラウンジ Mirou(ミル)

自習、歓談、食事などさまざまな用途に使える学生ラウンジ。AV(音響映像)システムが装備されており、スライドを利用した学内イベントやセミナーも開催されます。また大学からの最新情報が表示されるデジタルサイネージが6台設置されています。

人と人の出会いから、新たな学びが生まれる拠点に

人と人の出会いから、
新たな学びが生まれる拠点に

E棟

2021年に迎える学園創立75周年に向け、キャンパスの整備計画を実施中。さくら夙川キャンパスに新たに建設される「E棟」には、学生や教員はもちろん、卒業生や地域の方々も気軽に集える「コミュニティの拠点」となることをコンセプトにしています。周囲の住宅街に溶け込む落ち着いた雰囲気の校舎は4階建て。開放感のある吹き抜けのエントランスからすぐ立ち寄れる食堂や国際交流ラウンジ、2・3階には多くの教室と研究室が集まり、それぞれで学びやアクティビティを通して、活発な交流が生まれます。

管理人さんや寮生と一緒で安心な一人暮らし

管理人さんや寮生と一緒で
安心な一人暮らし

さくら夙川・学生寮

原則として遠隔地から本学に入学する学生を対象に、学生寮(女子のみ)を用意しています。さくら夙川キャンパスから徒歩で約2分。女性の管理人が常駐していますので安心です。共有スペースがあり寮生同士の交流ができます。

詳しくはこちら