総合文化学部

Faculty of Cultural and Historical Studies

歴史・文化・言語を幅広く学び個性的な教員陣と専門分野を究める!

国際化がますます進む日本では、多文化との関わりは他人事ではなくなってきました。そんな現代を生きる上で必要なのが、自分たちのアイデンティティをしっかりと把握した上で、さまざまな文化を理解すること。なにより興味のある分野を深く学んでいくためには、広い視野を持つことも求められます。大手前大学の総合文化学部はあらゆる社会の基層である「歴史」「文化」「言語」を幅広く学べる場所。世界各国のネイティブスピーカーから、歴史・文化・文学・言語学・国際関係のプロフェッショナル、そしてスイーツ業界の実力派まで。個性豊かな教員陣が、これからの時代に生きる力と専門分野を究める力を手厚くサポートしていきます。

国際コミュニケーションコース

英語コミュニケーション専攻

大好きな英語に毎日ふれて語学力とコミュニケーション力をアップ!

第二言語としても幅広く利用され、母国語と英語のふたつを日常的に使いこなす人たちが世界中でますます増えています。本専攻では「聞く」「話す」「読む」「書く」という4要素をトータルに学べるのが特徴。さらに英語で考え、発表し、ディスカッションできるレベルまで基礎から段階的に成長でき、着実に語学力をアップしていけます。また、伝達手段の"道具"として語学力を向上できることはもちろん、外国人のクラスメイトと身近でふれあえる環境は、異文化を互いに理解し合うというコミュニケーションの本質を体感するのにもぴったりです。

めざせる仕事

観光・旅行業界、外資系企業、国際機関、国際NGO職員、公務員、通訳・翻訳、中学校教諭(英語)、高等学校教諭(英語)、日本語教員

Check Point
実践的に英語を学べる、充実のカリキュラム。

より実践的に英語にふれられるよう、一般科目を英語で学べるカリキュラムも採用しています。たとえば「現代世界の英語教育」「日本の英語教育の問題点」を取り上げる授業では、これからの英語教育を考えることはもちろん、それらについて英語で話し合う時間も用意。積極的に英語に関わることは、英語スキルの自信を深めることにもきっと役立ちます。

異文化交流からビジネスまで幅広く“使える英語”を自分のものに。

異文化交流からビジネスまで、幅広く活躍する英語スキルが身につく大手前大学。大学や大学院(MBA)の学位を持ったネイティブスピーカーがプログラムを担当する「GBS」では、ビジネス理論と英語力を深め、世界で活躍できる人材を育成します。また、外国人留学生との交流も活発。日頃から異文化にふれ、その魅力や違いを発見できるのも魅力です。

4年間のカリキュラムの流れ
  • 1. 「聞く」「話す」「読む」「書く」という英語力の4要素を総合的に伸ばします。
  • 2. 短文を多読することにより、英文を理解する力、正しい英文を書く力を身につけます。
  • 3. 英語で質問・討論したり、多くの人の前でプレゼンする能力の獲得をめざします。
  • 4. 留学して一般科目を受講、修得できるレベルの英語能力を確かなものにします。
  • ※一定の英語能力を習得した人には、英語で一般科目を学ぶ講義「GJS(Global Japan Studies)・GBS・GCS」が用意されています。詳しくはこちらをご覧ください。

国際関係学専攻

世界の「今」を知り、グローバルに活躍できる人材へ。

今、世界で何が起こっているのか、日本はどのような立場なのかを知り、考えることで、世の中を客観的に見つめる力を身につけます。めまぐるしく変化する世界情勢をスピーディーに捉えて判断するには、現地報道を原文のまま読めることが不可欠。そのため、本専攻ではさまざまな講義を英語コミュニケーション専攻と共有し、英語力のアップに取り組んでいます。グローバルな視点から「今、生きている世界」を学び、英語力も高めていける本専攻。将来、世界を舞台に活躍したいと考えている人に、まさにぴったりです。

めざせる仕事

観光・旅行業界、NPO・NGO職員、外資系企業、国際機関、通訳・翻訳、日本語教員、中学校教諭(英語)、高等学校教諭(英語)、公務員

Check Point
さまざまな価値観を知り、自らの文化を「発見」する。

「日米比較論」では文化、政治、経済、歴史などあらゆる分野でつながりが深いアメリカと日本を比較しながら研究。具体例をもとに日米比較を行うことで現代日本のあり方にアプローチしていきます。また、自分たちの文化を発見する授業ではグループディスカッションやゲーム、寸劇を通して、文化の違いを表現。驚きや発見が飛び交う「学生が主役」の授業を展開しています。

海外ボランティアの現状を知るためにJICAを訪問!

海外ボランティア演習は3日間の集中講義。青年海外協力隊を送り出しているJICA(国際協力機構)を訪問し、海外援助活動の実態を体験者から直接学びます。また、グループごとに国際NGOを立ち上げることを想定して、メンバー構成・運営・計画を作成し発表。政府間だけでなく、一般市民同士のつながりも大切にしながら、国境を超えた発想と行動力を培います。

4年間のカリキュラムの流れ
  • 1. 異文化を鏡として自分の国や文化を「発見」するための基本的技術を学びます。
  • 2. 国際関係に関わる事例を取り上げ、メディアの情報を読み解くための演習を行います。
  • 3. それぞれが利害の対立する紛争当事国の代表であると仮定して、ディベート演習を行います。
  • 4. 国際関係学で学んだ成果を論文としてまとめ、研究発表会を行います。

国際文化コース

ヨーロッパとアメリカの文化・文学専攻

ファンタジー、スポーツ、音楽、映画。身近なテーマで欧米文化を考える。

鉄道や船舶といった工業の近代化でお手本としただけでなく、ファッションや料理をはじめ、私たちの暮らしにも深く根づく欧米文化ですが、その違いは依然としてたくさん。たとえば日本人が手招きをする仕草がヨーロッパ・アメリカでは「さようなら」を意味したり、がっかりした時に私たちが背中を丸めるのに対して、ヨーロッパ・アメリカでは天を仰いだり。そんな日本と欧米の違いをファンタジー、スポーツ、音楽、映画など、身近なテーマで深く学べるのが特徴。異なる文化圏の人たちの考えを理解することは、グローバル化する社会で生きていく私たちにきっと役立ちます。

めざせる仕事

中学校教諭(英語)、高等学校教諭(英語)、観光・旅行業界、公務員、通訳・翻訳、外資系企業、日本語教員、研究者

進学

大手前大学大学院 比較文化研究科

Check Point
欧米の言葉をツールにして文化を学び仕事に活かす。

さまざまな学びがきっかけでヨーロッパ・アメリカ文化の基礎となる言語に興味を持った時には、英語、ドイツ語、フランス語を学べるのが本専攻の魅力のひとつ。各国の言葉で基礎的な日常表現を身につけ、文化的側面にふれます。これらは、各国語検定試験に向けた準備講座にもなります。

ハリポタ、アメコミ、神話に童話。多彩なテーマが並ぶ卒業研究。

「ファンタジー・物語」、「映画」、「ことば」、「食文化」など幅広い切り口で文化を研究することで、たくさんの気づきやユニークな発見がある本専攻。実際の卒業研究のテーマもアーサー王物語、グリム童話と魔女、ハリー・ポッター、マドンナからレディ・ガガへ、アメリカンコミックスに見る国民性など、バラエティに富み、楽しみながら学ぶことができます。

4年間のカリキュラムの流れ
  • 1. ヨーロッパ・アメリカに根づいた文化の魅力を身近な視点から捉え、比較文化を理解します。
  • 2. 食、物語など各地域の文化を知り独自性を理解し、それを基礎にして比較文化の手法を学びます。
  • 3. 各地域の社会的歴史的背景を学び、資料、文献から独自性、共通性、関連性などを考察します。
  • 4. 研究してきた地域の文化についてテーマを設定、調査・分析を通じて卒業論文を書き上げます。

日本とアジアの文化・文学専攻

まだ知らなかった日本、アジアと出会える4年間を。

日本をはじめ、東アジアの隣国である韓国や中国、急成長中の東南アジアまで、幅広い国と地域の文化と文学を学べます。グローバル化が進む日本では、一般常識として日本文化・文学の正しい知識を持つことは不可欠。また、アジアからの訪日観光客増加にともない、各地の文化や風習を理解する人材へのニーズは日に日に高まりを見せています。そんな能力を育むために、講義形式はもちろん、DVDや写真などをふんだんに使った授業も充実。「こんな日本が、アジアがあったんだ」。そんな驚きときっと出会えます。

めざせる仕事

中学校教諭(国語)、高等学校教諭(国語)、観光・旅行業界、公務員、通訳・翻訳、外資系企業、日本語教員、研究者

進学

大手前大学大学院 比較文化研究科

Check Point
豊富な収蔵品をフル活用して学ぶ
「日本文学入門」。

文字通り日本文学の魅力にイチからふれることができる「日本文学入門」は、毎年100名以上の学生が受講する人気授業。「日本文学演習」やゼミなどでは、通常なら博物館のガラス越しにしか見ることができない歴史的な出版物や掛け軸などを間近に見ることができるのも、収蔵品が豊富な大手前大学ならではの特徴です。線の細かさや色の鮮やかさに心を奪われ、卒業論文のテーマとして扱う学生も毎年多数います!

磨き上げた日本語スキルはビジネスシーンでも教育現場でも活躍。

日本人の知恵の宝庫とも言える日本文化・文学を深く学ぶことは、社会人として通用する幅広い教養を身につけるのに効果的。正しい日本語を理解することで、ビジネスに役立つコミュニケーションスキルを磨くこともできます。また、本専攻は教員資格を得るための授業と重なるものが多く、中学校や高等学校教諭、日本語教員などの資格取得をめざせます。

4年間のカリキュラムの流れ
  • 1. 日本とアジア各国の文化の特徴や関連性を理解します。
  • 2. 日本、韓国、中国それぞれの文化を深く掘り下げます。
  • 3. 語学、文学、書道など個々の文化領域を研究します。
  • 4. 卒業研究として各国文化の比較研究や翻訳などに取り組みます。

史学コース

日本史専攻

「暗記する」から「考える」へ。歴史を学ぶ楽しさを体感!

高等学校までは「暗記物」のイメージが強い日本史(史学)ですが、実際は暗記すべきことや、その解釈も研究の進展によってどんどん変化。本専攻ではそんな史実をただ覚えるだけでなく、「どうして起こったのか?」「どんな時代、社会のもとに発生したのか?」といった疑問を調べ、考え、自分なりの答えを導き出していくことを大切にしています。通説を見直し、新しい歴史像を探っていく過程で得られるのは、優れた調査能力や思考力。そうしたスキルの向上に気づいたとき、本物の知的な楽しさ、学ぶ面白さを実感することができるはずです。

めざせる仕事

中学校教諭(社会)、高等学校教諭(地理歴史)、学芸員、司書、出版・編集業界、観光・旅行業界、公務員、研究者

進学

大手前大学大学院 比較文化研究科

Check Point
中世史、近世史、近現代史を網羅。フィールドワークも充実。

研究テーマを設定し、関連する資料を深く調べ、中間発表を繰り返しながら独自の見解を論理的な文章にまとめていく作業を通して「自ら考えて行動するチカラ」を修得。「日本史」だけでも4人のスペシャリストがそろい、幅広い時代を、時代ごとの講義で学ぶことができます。また、京都・奈良へは電車で約1時間と近く、県内外でのフィールドワークに便利です。

大学で培った歴史の知識を将来のキャリアへ。

中学校の社会科教諭、高等学校の地理歴史教諭、学芸員などの資格取得をサポートするカリキュラムを用意しています。所定の単位を取得すれば、資格を取得することが可能なので、将来の選択肢が大きく拡大。また、本専攻での学びに「観光ビジネス」と「英語コミュニケーション」を組み合わせることで、観光・旅行業界に就職するチャンスも広げることができます。

4年間のカリキュラムの流れ
  • 1. 研究の基礎的ステップとして日本史の大きな流れと歴史上の重要事項を理解します。
  • 2. 時代や文化史などテーマに即して文献読解や史料の取扱方法など基礎的な研究方法を学びます。
  • 3. 各時代や文化史に関わる新しい研究方法を学び、古文書を含め専門資料を読み解き研究を深めます。
  • 4. 学生の関心に基づき研究テーマを決め、指導教員の指導を受けながら、調査研究を行い発表します。

東洋史・西洋史専攻

東洋・西洋の歴史を通して現代と未来の地図を手に。

史料や文献を通して東洋史と西洋史を多角的に検証することで、歴史との新しい向き合い方を見つけ出していく本専攻。単に史実を知るのではなく、定説に疑問を持ち、さまざまな角度から事実にアプローチするという、歴史を勉強する醍醐味をたっぷりと味わえます。歴史を学ぶ上では史実を「社会全体の動き」と捉えることが、なによりも大切です。歴史の中の出来事や人々の本質から教訓を得る作業は、現代、そしてこれからの時代を生きていくための地図を手に入れることにも大きな力を発揮。 “古きをたずねて新しきを知る”学びが、あなたを待っています。

めざせる仕事

中学校教諭(社会)、高等学校教諭(地理歴史)、学芸員、司書、出版・編集業界、観光・旅行業界、公務員

進学

大手前大学大学院 比較文化研究科

Check Point
歴史のひも解き方から独自の研究へ、4年をかけてステップアップ。

東洋史、西洋史の研究家として着実にステップアップしていくために、まずは入門科目で歴史のひも解き方や、史実の前提知識などをマスター。その後時代別、地域別、テーマ別など、自らの関心や興味に応じた研究へと進んでいきます。そうした過程を通して世界的に物事を見つめられる広い視野を培い、独自の価値観を認識することにもつなげていきます。

漢文から伝統文化まで。影響力を強める中国を知る科目も。

「東洋史入門」では漢文の訓読からはじまり、漢文の基本的な句法をマスター。漢文を読むための基礎を磨くとともに、中国史の予備知識を身につけていきます。また、「中国史論」では「中国の食文化」「科挙」「敦煌」という3つのトピックを取り上げて考察。幅広い視点で中国を検証することで、中国の伝統的な社会や文化の形成の一端について理解を深めていきます。

4年間のカリキュラムの流れ
  • 1. 東洋史・西洋史の多様な側面を知り、歴史への関心を高め歴史を研究する意味について考えます。
  • 2. 研究に取り組む上で前提となる基本的な概説を学び、文献や史料の読み方などを身につけます。
  • 3. 専門的な議論の仕方や史料分析の手法などを学びつつ、各自が追究するテーマを探ります。
  • 4. 東洋史あるいは西洋史に関する未解決の問題を取り上げ、調査と分析を行い卒業論文にまとめます。

考古学・地理学専攻

豊富なフィールドワークを通して遺跡、地域、空間を研究!

考古学とは遺跡、遺物といった人類が残した痕跡の研究を通して、人の活動や変化を探究する学問。また、地理学は商店街から国、地域まで、大小さまざまなスケールのエリア・空間を分析し、経済・社会との関係性やその特徴の把握に迫っていく学問です。どちらにも共通するのは書物から得られる知識だけでなく、本格的な発掘調査や、文化、自然を知るための現地調査などのフィールドワークを大切にしていること。自らの頭、体、そして五感をフルに働かせながら、人類の歩みと営みを解き明かす楽しさにあふれています。

めざせる仕事

中学校教諭(社会)、高等学校教諭(地理歴史)、学芸員、司書、出版・編集業界、観光・旅行業界、測量・地域調査、商社、公務員

進学

大手前大学大学院 比較文化研究科

Check Point
考古学研究に欠かせない、「文化財科学」の知識もマスター。

遺物の内部を捉えるエックス線や、正確に計量をするレーザー装置といった科学テクノロジーを利用した「文化財科学」は、現代の考古学研究に欠かせない知識。大手前大学では最新機器を完備した「史学研究所」を活用しながら、それらを扱う技術や資料撮影のためのカメラ知識、取得したデータを研究に応用するための情報処理技術などを実践的に身につけていくことができます。

地理学の基礎から最新の分析法まで1年ごとにステップアップ。

1年目に用意されている授業「地理学の扉」では、高校までの暗記を重視する地理との違い、地理学ならではの奥深さなどを学修。その後、地理情報システム「GIS」を利用した分析方法などをマスターしながら、3年目からは野外調査や巡検、空中写真判読、地図読解などをスタートします。また、自ら進めた研究成果の発表を通して、将来役立つプレゼンテーション能力の向上にもつなげています。

4年間のカリキュラムの流れ
  • 1. 考古学・ 地理学はどういう分野か、奥深さをさまざまな地域やテーマを通して理解します。
  • 2. 自然環境、まちづくり・都市づくり、考古学実習などの専門的な授業で各論を掘り下げます。
  • 3. テーマを掘り下げるとともに、都市計画や地域分析、遺跡見学など調査や研究方法を身につけます。
  • 4. 関心に応じて研究テーマを設定し、資料の検討方法を学びつつ、卒業研究をまとめます。

スイーツ学コース

スイーツ学専攻

大好きなスイーツを仕事にしてもっとたくさんの笑顔に出会う!

いつも私たちを笑顔にしてくれる、おいしいスイーツたち。ブライダル、クリスマス、バレンタインといった特別な日はもちろん、コンビニスイーツが人気になるなど、すっかり暮らしに欠かせないものになりました。本専攻ではそんなスイーツを科学し、トータルに学ぶことができるのが魅力です。「おいしい」という味覚的な要素から、「きれい」「かわいい」といった見た目を意識したものづくりの一面、そしてスイーツの歴史・文化まで。スイーツの知識や技術を基礎から学び、豊富な実習を通して技術力、分析力、企画力のアップを図ります。

めざせる仕事

製菓業界(製造、企画、開発、販売)、パティシエ、製菓関連企業(製菓、製パン材料、製菓機械)、菓子デザイナー、カフェオーナー

Check Point
地域や企業と学生が一緒になってオリジナルスイーツを開発!

地域や有名企業と本専攻の学生たちが協力しながら、話題性のあるスイーツを生み出すコラボレーションプロジェクトを実施。大手コンビニで販売されたスイーツや、宮崎県の特産品「日向夏」を使った「ヘルシー志向スイーツ」など、さまざまなアイデアや企画がすでに商品化されています。試行錯誤を繰り返しながら商品が店頭に並ぶまでを体験することで、プロとしての視点も手に入ります。

スイーツのスペシャリストとして将来はさまざまな職業へ。

確かな知識と技術、そして創造性を持ったスイーツのスペシャリストを育成するため、技能実習はもちろん、製菓関連基礎力(語学)や歴史・文化、カフェビジネス、化学分野など、さまざまな切り口で学びを深められます。大好きなスイーツに満たされる充実の4年を過ごした後はお菓子メーカー、スイーツデザイナー、パティシエ、カフェオーナーなど、さまざまな進路が広がっています。

4年間のカリキュラムの流れ
  • 1. 製菓、パン、カフェの基本的な知識を身につけます。
  • 2. ビジネスとしてのスイーツを学ぶ一方、和洋菓子やパンを実習でつくります。
  • 3. 知識、技術の専門性を高めるとともに、企業とのコラボも企画します。
  • 4. スイーツ材料の研究や新しいスイーツの開発、スイーツ文化やビジネスなど、調査・研究に基づき論文を書き上げます。