学びデザインシミュレーション

大手前大学なら
「自分だけの学びができる」と言っても、
具体的にどんな学びを経験でき、
どんな成長をめざせるのか、
想像がつかない人も多いでしょう。
ここでは、その自由さをイメージできるように、
いくつかの学びの組み合わせ例をご紹介します。

  • 観光+歴史
  • アート+心象
  • 英語+日本語教育
  • 交渉術+英語
  • 建築+地理
  • 表現+情報活用
  • 漫画+グローバル
  • 舞台+心

Case.1

世界の文化の深みに迫る
観光プランを手掛けたい

観光ビジネス専攻+東洋史・西洋史専攻

豊富な歴史の知識を
新しい観光ビジネスへ

世界中の人々が、あらゆる場所へと旅行を楽しめるようになった現代。観光業ではますます、その土地でしか体験できない特別なコンテンツの提案が求められます。そこで、歴史を専門的に学んでおけば、各土地や史跡の役割・価値についてストーリー性をもって伝えることができるようになり、唯一無二の旅行プランを提案したり案内できるように成長していけます。

役立つ授業例

海外旅行地理

専門職への就職につながる
観光情報を体系的にきっちり学ぶ。

世界各地の観光資源・魅力について資料を用いて学習。観光業界で活躍する上で必須の「総合旅行業務取扱管理者試験」に合格するレベルの知識を習得します。

イメージ

歴史と史料

教科書に載っていない一次資料から
歴史を「見つける」力をつける。

西洋史研究に用いられる多様な史料を読み比べ、史料から歴史を明らかにしていきます。教科書を読むだけでは得られない、新しい歴史情報を得る力がつきます。

イメージ

Case.2

人の心に訴えるデザインを
生み出したい

デザイン・造形美術専攻+心理学専攻

心の感じ方を知ると、
発信方法も変わる

デザインやアートといえば、感動や衝動のままに、表現技法を駆使して創り出すイメージが強いですよね。しかし実際は、受け取り手がいてこその芸術。自分の気持ちだけでなく、受け取り手の心の動きも意識しなければいけません。心理学を学ぶことで、驚かせたり感動させたり、観賞者の受け取り方を意識しながら、伝えたいメッセージを効果的に届ける作品制作ができるようになるでしょう。

役立つ授業例

デザイン基礎Ⅰ・Ⅱ

デザインを手掛ける上で必須の
3要素を、体験的に習得。

身の回りのさまざまなモノについて、観察し学ぶことで、クリエイターに必要な発想力と表現力を養成。また作品発表を通じて「伝達力」も磨きます。

イメージ

文化心理学

自分と他者との「ギャップ」の
理由を、理論と実践を通じて知る。

文化的背景による、ものの見方や考え方の違いについて理論や知見を学びます。さらに自分と相手の「受け取り方」の違いについて、グループワークを通じて深めます。

イメージ

Case.3

日本の魅力を世界に
発信できる人になりたい

英語コミュニケーション専攻+日本史専攻

英語力と指導力に優れた
日本語教員に

外国人に日本語を教える日本語教員には、日本語と外国語のスキルはもちろん、日本の歴史や文化をしっかりと理解できていることが求められます。英語を使った表現力や外国人と接する上でのマナーを習得するとともに、日本の歴史を専門的に学ぶことで、その文化的背景にまで精通した人材へと成長。日本の魅力を、世界に向かって生き生きと伝えるスキルを身につけることができます。

役立つ授業例

道具としての英語

世界を相手に活躍するための
自分の「軸」を確立する。

世界の共通語である英語を使って、国際社会で活躍したいと考えている学生を対象に、「自分は何を伝えたいのか」、実践演習を繰り返しながら考えていきます。

イメージ

日本文化史

一つの時代に活躍した人物から、
日本文化を掘り下げて学ぶ。

江戸時代、徳川家康から屋敷地を与えられ、芸術村を開いたと言われている本阿弥光悦について学び、刀剣を中心に、中近世の美術・工芸について理解を深めます。

イメージ

Case.4

急成長するアジア地域で
ビジネスを手掛けたい

企業経営専攻+英語コミュニケーション専攻

海外でのタフな交渉術も
しっかりと磨く

タイやベトナムなど東南アジアを中心に、新興国と呼ばれる国々の急速な経済発展が目覚ましい現代。あなたも日本を飛び出して、世界のビジネスマンと渡り合いながら、自分の力を磨いていきませんか?そのとき、人々のニーズを汲み取り事業を展開する経営の専門スキルと、外国語のコミュニケーション力が、海外でのキャリアを確立する上で、大いに役立つでしょう。

役立つ授業例

ビジネスネゴシエーション事例研究

企業の成長を左右する交渉の場面で
役立つ知識とスキルを習得。

起業家や経営者をめざす人に向け、企業の交渉事例について講義。実践的かつ高度な授業を展開します。またロールプレイングの模擬交渉を行うことで、学びを体得します。

イメージ

海外で学ぶ・働く・暮らす

外国で100%のパフォーマンスを
出し切るための問題解決力を養う。

「海外で学ぶ、働く、暮らす」ために必要な思考力や行動力、キャパシティなどを培います。授業はプレゼンテーションやグループワークも多く取り入れています。

イメージ

Case.5

地域の一部として愛される
建築をデザインしたい

建築専攻+考古学・地理学専攻

土地の風土や文化を知り、
設計に活かす

建築物は「立地はどんな地形なのか」「どんな人々が暮らす場所なのか」など、地形や地域性と密接な関係を持ちます。そのため建築に必要な専門知識と技術に加えて、エリアの情報を多角的に理解する地理学の知識も兼ね備えれば、「どんな土地に建てるのか」を意識した設計ができるように。より地域の特性を活かした、地元の人々に喜んでもらえる建築物の提案に繋がるでしょう。

役立つ授業例

建築材料学

建築の目的に応じて、最適な材料を
選び、加工するための知識をつける。

一般に使用される建築材料について、構造材料や仕上げ材料などいくつかに分類し、快適性や安全性といった性能・特性、および使われ方といった基礎知識を学びます。

イメージ

都市災害と防災

さまざまな自然災害の特性と、
土地ごとの対応策について
実例から学ぶ。

火山の噴火や地震といった自然災害について、その歴史やメカニズム、および人々の対応策について学びます。また海外事例から、災害時などの危機管理についても学びます。

イメージ

Case.6

日本中をアッと言わせる
新しい映像表現を作りたい

映像・アニメーション専攻+情報・コンピュータ専攻

表現方法と伝える仕組みの
両方を身につける

現代において、映像はテレビや広告だけのものではありません。中でも最近注目されている映像表現の一つが、業務フローや数値データなどの複雑な情報をアニメーションでわかりやすく伝える「インフォグラフィックス」。映像の表現方法を学ぶとともに、データ処理や分析の方法まで知っておくことで、映像制作の現場に限らず、広く企業に重宝されるスキルを身につけることができます。

役立つ授業例

3DCGアニメーション基礎Ⅰ・Ⅱ

難しいソフトを使いこなせる
貴重な人材になるための基礎力を養成。

三次元CGを扱う上での基本知識・技術を、演習を中心に学びます。難易度の高いソフトのため、ここでは基礎を徹底的に習得し、その後の発展授業に活かします。

イメージ

データ構造とアルゴリズム

必要なデータを正しく保存・活用する
ための知識を実践的に身につける。

コンピュータ上で情報を処理するための適切なデータの蓄え方や取り出し方について学習。また、それらのデータをわかりやすく効果的に活用するための知識もつけます。

イメージ

Case.7

国際視点のマンガで
異文化交流をサポートしたい

マンガ制作専攻+ヨーロッパとアメリカの文化・文学専攻

文化の掘り下げが
新しい発想のヒントに

「MANGA」が世界中で読まれるようになった現代において、日本で流行ったマンガやアニメが世界を席巻することも多くあります。つまり今後は、日本人以外をターゲットに、マンガを作ることもできるということ。マンガ制作の基礎技術に加えて、海外の文化や歴史について詳しく学び、ストーリーに落とし込めば、グローバルなファンを獲得する売れっ子マンガ家になることも夢じゃない!

役立つ授業例

マンガ表現Ⅰ・Ⅱ

描画スキルに加えて計画力も鍛え、
プロに必要な資質を習得する。

テーマに沿って大量のアイデアを出す発想力や、それらを絵にする表現力、さらに計画的に作業を進めて作品を完成させるスケジュール管理能力を養います。

イメージ

ヨーロッパの地域と文化

今のヨーロッパを形成する文化的背景を
多様なキーワードから学ぶ。

キリスト教の浸透や大航海時代以降の文化交流の進展など、ヨーロッパ文明のさまざまな側面を学びながら、各学生が深めたいテーマを考え、独自調査を行います。

イメージ

Case.8

観客の心を揺さぶる
舞台を手掛けてみたい

映画・演劇専攻+心理学専攻

演劇作品に、
観客の心理を捉える視点を

舞台で繰り広げられる演劇は、映像とは異なる表現で観客を掴み、閉幕まで飽きさせないことが重要。そこで、動作やセリフ回しといった表現力を鍛えるだけでなく、それらが観客に与える心理的影響にまで学びを広げてみてはどうでしょうか。表現力を高める上でプラスに働くだけでなく、人の心を動かす効果的なストーリー設計やセリフを提案できるようになるでしょう。

役立つ授業例

パフォーマンス・ワークショップ

舞台の完成に必要な役割を、
演者もスタッフも両方経験。

演技・脚本・演出など、学生たちだけで舞台芸術の制作を担当。観客動員や成果発表まで独力で行うことで、一つの舞台を成功させるのに必要な多様なスキルを学びます。

イメージ

人間関係論

口調や態度のわずかな違いが及ぼす
人間関係への影響を考える。

何気ない相づちや返事の仕方・態度について、知識や理論を交えて振り返り、コミュニケーションのとり方が相手と自分との関係に及ぼす影響を考えていきます。

イメージ