過去の卒業生インタビューBack Number

この組織の中で何ができるのか、つねに考え発信することが大切です。

御手洗 陽子

広告ビジネスのやりがいは、広告を世に出す企業や団体はもちろん、その企業のユーザーなど多くの方々に喜び、満足を提供できること。入社当初は上司や社内業務での葛藤もありましたが、半年後に新規営業に出るチャンスがあり、徐々に実績を重ねることができました。学生時代のゼミや課外活動で、必ずしも私がリーダーシップを発揮したわけではありませんが「どうすれば目標に近づけるか」「集団の中で何をすればいいのか」を考え、伝え、行動してきました。その経験が今の仕事に活かされています。ビジネスの世界では「黙っていても、いつか誰かがわかってくれる」なんて思っていてはダメ。自分は何をしたいのか、何ができるのか、つねに自分の思いを発信するよう心がけてください。

※内容は取材当時のものです

一覧へ戻る