過去の卒業生インタビューBack Number

型にはまらない自由な学びで見つけた自分らしい色。その色は社会に出た今も、自分自身の基礎になっています。

Shapre

美術という広いフィールドを学びたくて選んだ大手前大学

大学受験は美術のAO入試に絞っていました。ジャンルを限定せず、美術という広いフィールドで学びたかったので、受験したのは大手前大学だけ。高校では美術の授業がなかったので、大学で絵画、彫刻、染色などを学べることが楽しくて仕方なかったですね。描くのが好きというだけで美術の基礎スキルはゼロでしたが、大手前大学は自由に学べたので、型にはまらず、自分の好きなスタイルを見つけて磨いていくことができました。大学生活で一番印象に残っているのは卒業制作ですね。大きな作品を描いたので、ひとまとめに展示されてしまい余白のない空間に飾られることがイヤで、自分の作品は他のみんなとは別のところに展示したいと先生に交渉したんです。わがままな学生ですよね(笑)。でも、その意見をきちんと受け入れてくれて、満足のいく展示ができました。今振り返るとなかなか大胆な行動だったなと思いますが、先生との距離が近かったから自分の意見を素直に言えたのだと思います。

チャンスがきたら描きまくるやっとつかんだ絵を描く仕事

絵を描いて食べていきたいとは、ずっと考えていました。関西にいた頃は、デザイナーになってアートディレクターになって、ようやく好きな絵が描けると思い込んでいたんです。雑誌に載っている僕の好きなイラストレーターは、みんな東京で活躍していたので、卒業後はアルバイトで資金を貯めて、東京へ行くことに。もちろんすぐに絵の仕事が見つかったわけではなく、しばらくの間は画材屋さんで働きながらイラストレーターの学校に通って、いろいろな経験からイラストの仕事に就けるという実情を知りました。仲間と個展を開いたりもしていましたね。そんなとき、大学時代の友だちがイラストを描く仕事を紹介してくれたんです。それはアーバンリサーチというファッションブランドのポスター制作の仕事でした。厳しいスケジュールでしたが、これはチャンスだと思い、ありったけの力を出そうと絵を描きました。その甲斐あってか、この仕事の後は次々とイラストの依頼がくるようになったんです。創刊から雑誌『& Premium』(マガジンハウス)で描かせていただけたのも、そこで出会った方からの紹介でした。この波に乗ろうと、それからも毎日毎日、仕事じゃなくても絵を描きまくっていましたね。

絵を描いて食べていくその方法を教えられる人になりたい

大学時代、絵を描いて食べていきたいと思っていた僕は、どうすればいいか先生に相談したことがあります。そのときの先生の答えは「絵で食べていくことは厳しいぞ」でした。なんて夢のないことを言うんだ! と、当時の僕は怒り心頭。先生と喧嘩してしまいました。今、僕はフリーのイラストレーターで、絵を描いて食べています。振り返ると、先生のあの言葉は「覚悟はできているのか?」と僕の気持ちを試していたのかもしれません。先生の言うとおり、絵を描いて食べていくことは、容易ではないと思います。ただ、僕は大学ではじめて基礎を学び、転がり込んできたチャンスに全力で向かうことで夢をつかむことができた。美術を教えてくれた大学、友だちとの出会いをくれた大学には本当に感謝しています。これからも出会いを大切に、イラストレーターとして絵を描いていきたいです。

※内容は取材当時のものです

一覧へ戻る