大手前大学

LEO(Language Education of Otemae)

現在掲載されている内容は、2019年度の内容です。新たな情報は「受験生サイト Find」をご確認ください。

“使える英語”を学ぶコミュニケーションプログラム

レベル別のクラス編成

学期の最初に実施するレベル編成テストによって、4階のレベル別クラスを編成しています。クラスは固定ではなく、学期ごとにレベル変更が可能です。自分と同じレベルのクラスメイトと共に学ぶことによる安心感と同時に、さらに高いレベルのクラスをめざす向上心が生まれるメリットもあります。

レベル1 初級I
はじめて英語を英語で学ぶ人のための基礎トレーニングクラスです。
レベル2 初級II
主に英語に慣れること、聞く力、話す力をつけるため、英文読解、文法、英作文などを学修。
レベル3 中級
レベル2を発展させた形で英語の総合力をつけます。
レベル4 上級
米国大学での授業を想定した内容です。たとえば、リサーチの方法、論文の書き方、ディベートなどを学修。

英語コミュニケーション専攻の主要科目

全学部共通の英語プログラムである LEOは、卒業要件単位として認定。また、多くのLEO科目は「英語コミュニケーション」専攻の必修あるいは選択科目となっています。

自分の思いを英語で伝えるために

LEO はいわゆる「英会話」クラスではありません。「読む」「書く」「聴く」「話す」という語学学修の4要素をすべてバランスよく学ぶことで、コミュニケーションの道具としての英語力を磨き、自分の思いを自分の言葉で語る力を培うことをめざしています。

人と人の関係が語学の基本

語学修得においてもっとも大切なことは人間関係です。互いを知るための言葉(英語)が自然な形で口から出てくるようなコミュニケーションが、私たちの求める学びの形です。英語教育を専門とするLEOの先生たちと、楽しく互いから学びあう時間こそLEOの授業です。

毎日英語に触れ、英語で英語を学ぶ

古い英語教育の形にとらわれるのではなく、英語を英語でまるごと感じることこそ英語修得の大切な出発点です。そのためにも、LEOクラスを毎日開講しています。使える英語力をつけるためには週3日以上の履修を推奨します。

教員一覧

先輩Message

さまざまな英語のコミュニケーションを経験した4年間。卒業後は子どもたちに英語を教えます。

英語コミュニケーション専攻
総合文化学部 4年
宮城県仙台白百合学園高等学校出身

私の主な学習テーマは、入学当初のスイーツ学から文学へと移りましたが、英語の勉強はそれらと並行して4年間ずっと続けました。高校時代にニュージーランドに留学するなど、英語には力を入れていましたので、大学で一段とレベルアップしたいと考えたからです。
LEOの授業はどの先生もフレンドリーで、学生にどんどん質問を投げかけてくるので、答えるうちに自然とコミュニケーション力が付いてきます。また、ハンセン病の療養所・長島愛生園で学生仲間と翻訳活動をしたり、アメリカから大手前大学に留学する学生やその先生の通訳・案内をするなど、在学中いろんなかたちで英語を使う機会があり、とてもいい経験になりました。卒業後は子どもに英語を教える仕事に就きますので、こうした経験をぜひ活かしたいと思っています。

ページトップへ