大手前大学

最新情報

【交流文化講演会】「ヴェネツィア 干潟(ラグーナ)の環境史」を開催

ニュース
2月1日(土)14時~16時、本学CELLフォーラムに大阪市立大学名誉教授の大黒俊二先生を講師にお迎えして本年度2回目の交流文化講演会「ヴェネツィア 干潟(ラグーナ)の環境史」を開催いたしました。

このイタリアを代表する観光都市が近年の気候温暖化の影響で水没を懸念されていることは周知のとおりですが、実はヴェネツィアの美しい景観の一部をなすラグーナがこれまで絶えず陸地化(陸没)の危機にさらされてきたことはあまり知られていません。
講演では、干拓か保全かをめぐる当局の議論や、土砂堆積という陸地化の根本原因となってきた河川の流路の変更など、従来あまり知られてこなかったその歴史が、多くの貴重な動画を用いながら詳細に紹介され、最後には、同様の環境問題は、たとえば諫早湾の例のように、日本においても決して他人事ではない、重要な環境問題であることにも触れられ、示唆に富む充実した講演となりました。

60名ほどの参加者の方々からは大変わかりやすかったと好評が寄せられたこと、本学の学生の姿も多く見受けられたこと、講演会後に開催された茶話会でも熱心な方々が講演者を囲み、和やかな雰囲気のうちに歓談したことを補足させていただきます。

(配信元:交流文化研究所)

IMG_0365
ページトップへ