大手前大学

武藤 麻美

武藤 麻美
氏名 武藤 麻美(むとう まみ)

MUTO Mami

学部 現代社会学部
専攻 心理学専攻
職名 准教授
学位 博士 (人間科学)
研究テーマ 社会心理学精神保健福祉社会福祉社会的距離グループ・ダイナミックス
コメント 医療機関で精神保健福祉士として勤務した経験も踏まえ,社会的マイノリティに対する認知 (社会的距離やステレオタイプなど) について研究してきました。現在は,女性管理職などの女性リーダーの活躍を促進していくためには,どのような社会的枠組みが必要で,人々のどういった心理的要因を考慮しなければならないかも研究しています。
主な著書・論文 ・武藤麻美 (2019). 女性リーダーに対するフォロワーの認知に影響する要因―性役割態度と人権意識の効果― 経済学論集, 42, 41-50.
・武藤麻美・桂田恵美子 (2018). 多様な家族形態の児童に対する社会的距離 家族心理学研究, 32, 1-13.
・武藤麻美・釘原直樹 (2015). 精神障害者に対する社会的距離に影響する要因 応用心理学研究, 41, 10-17.
・武藤麻美・釘原直樹 (2015). 精神障害者に対する心理的排除に影響を及ぼす不安度要因および理解度要因について 病院・地域精神医学, 57, 192-200.
主な担当授業 心理学研究法/心理学統計法/心理的アセスメント/関係行政論/公認心理師の職責
研究分野 文学・人文・人間・心理教育・福祉
ページトップへ