健康栄養学部 管理栄養学科 学科案内

様々なシーンで活躍する、
新しい管理栄養士の養成

私たちの暮らしに欠かせない食の安全性や
健康への意識はこれまでにないほど高まっています。
それに伴い注目を集め、期待を寄せられているのが、
「食と健康のスペシャリスト」である管理栄養士です。
調理の現場はもちろん、病院やクリニック、福祉施設、
食品メーカー、行政機関など、医療・教育・ビジネスといったさまざまな分野で、管理栄養士の知識と技術は
求められています。
大手前大学ではこうした社会のニーズに応え、
あらゆるシーンで社会に貢献できる、
管理栄養士の養成をめざします。

取得できる資格・免許
栄養士免許
管理栄養士国家試験受験資格
(実務経験免除)
栄養教諭一種免許(選択者のみ)
食品衛生管理者及び
食品衛生監視員(任用資格)
めざせる資格
NR・サプリメントアドバイザー
(受験資格)
登録販売者(医薬品販売)
フードスペシャリスト(受験資格)

学びのポイント

01実践的なカリキュラム

01実践的なカリキュラム

実習・実験・臨地実習を中心に実践的な内容のカリキュラムを編成。給食経営管理や調理学、栄養学など栄養管理に関わるすべての分野を網羅することで、国家試験合格をめざすとともに、さまざまな分野で即戦力として活躍できる管理栄養士の養成に注力しています。

02意欲を高めるクラス制授業

02意欲を高めるクラス制授業

1年から4年まで同じ教員がクラスを受け持ち、きめ細かな指導を行います。管理栄養士の資格を持つ教員がTA(ティーチング・アドバイザー)となり、国家試験まで二人三脚で徹底指導。万全の支援体制で学生の学習意欲を高め、「全員受験・全員合格」をめざします。

check

デジタル教科書を用いた
アクティブラーニング

デジタル教科書を用いたアクティブラーニング

Surfaceを使った「デジタル教科書」で学びます。ソフトやアプリで効率的に学べるICT(※)を駆使した教育は学習意欲や達成感を高め、知識や技術の習得をサポートします。

(※Information and Communication Technology=情報通信技術)

4年間の学びの流れ

豊富な実習・実験授業を通して現場の即戦力として
役立つスキルを修得。
また、1年次は心理や英語など、
専門分野科目以外にプラスαの学びも受講できます。

1年生

「基礎力」を固める

栄養管理の今を知り、管理栄養士が果たす役割を理解することからスタート。業務に必要な基礎を学びます。早期から実技の授業を導入するカリキュラムも本学の特徴です。

経験談から管理栄養士の仕事を知る。

管理栄養士のさまざまな仕事を知るために、職場ごとに異なる仕事の中身や役割を解説。自分が理想とする姿を具体的にイメージできるように導きます。また、実験や調理実習なども早期から実施。さらに、栄養教諭をめざす学生には別途、特別カリキュラムを用意しています。

「基礎力」を固める
「基礎力」を固める

2年生

「応用力」を養う

実習・実験といった実技に関するカリキュラムを中心に展開。
応用力を養うとともに、さまざまな体験を通じて管理栄養士としての自覚を深めていきます。

幅広い分野とのつながりを体感する。

1年次で学んだ幅広い分野の基礎知識を基盤として実習・実験が中心の授業へ。実習・実験を通してつながり、管理栄養士が担う役割の奥深さを知ることができます。

「応用力」を養う
「応用力」を養う

3年生

「実践力」を高める

食品機能や栄養管理といった専門分野を重点的に学習し、臨地校外実習で現場を経験するなど、実践力を強化。
少人数のグループに分かれての国家試験対策も始まります。

知識と技術を実際の現場で試す。

臨地実習がスタート。給食施設を持つ事業所、保健センター、病院の3施設で実習を行い、管理栄養士の仕事を実際に体験します。身につけた知識と技術をフル活用して実務にチャレンジすることで、1年次から修得してきたことが現場で活きる学びであると実感できます。

「実践力」を高める
「実践力」を高める

4年生

「専門性」を磨く

特別演習による全科目復習など、国家試験対策に絞り込んだカリキュラムを展開。教員指導のもと卒業研究(ゼミ)にも取り組み、4年間の総仕上げとして専門性にも磨きをかけます。

国家試験対策で合格をめざす。

4年次は国家試験対策が中心の授業になります。模擬試験を実施し、学生と教員で現状の学習状況を共有しながら授業を進めていきます。授業以外にも国家試験対策サポート室が全力でバックアップ。「全員受験・全員合格」を合言葉に、合格へ向けてみんなでラストスパートです。

「専門性」を磨く
「専門性」を磨く
※カリキュラムは予定です。変更になる場合があります。

カリキュラム

カリキュラム

PICK UP 授業

公衆栄養学Ⅱ
公衆栄養学Ⅱ

地域集団における人々の健康栄養状態や社会・経済環境を把握し、公衆栄養活動のマネージメントについて必要な知識を習得。加えて国の栄養政策、関連法規、健康栄養状況なども理解します。

卒業研究
卒業研究

3年間で修得した知識や技術を活かし、さまざまなテーマに主体的に取り組む科目。実験や調査で得たデータを分析し、考えや意見をまとめて発表したり、論文にする力を養うことをめざします。

PICK UP 授業

健康栄養学部の特徴的な科目を紹介。
食と栄養の専門家としての視野を広げ、
実践力を高め、豊富な経験を積むための環境を整え、
有意義な学びを展開しています。

座学管理栄養⼠⼊⾨1年生

管理栄養⼠⼊⾨

管理栄養⼠としての職業意識を高め、同時に社会的および職業的な⾃⽴に向けた導⼊科⽬です。各教員がこれまで培った経験を踏まえ、講義を通して「管理栄養⼠の仕事」について、さまざまの⾓度から考える機会を与えます。学生は⾃⾝が進みたい分野について、その⽅向性を学習するとともに、それに必要な能⼒を養うための⽅法を理解します。

座学応⽤栄養学2年生

応⽤栄養学

誕⽣から⼀⽣を終えるまでに伴う⼈体の構造や機能、栄養状態の変化などについて理解を深めます。対象者の栄養状態や⼼⾝機能に応じた栄養ケア・マネジメントの基本を修得。また、健康の維持・増進、疾病予防のための⾷事摂取基準に基づいた⾷事改善の計画と実施、健康に影響を及ぼすリスクの管理について基本的な考え⽅や⽅法を学びます。

実習栄養教育論実習Ⅱ3年生

栄養教育論実習Ⅱ

栄養教育論で得た専門知識や技術を総括する科目です。臨床の場を想定したカウンセリング、コーチング、⾏動科学などを活⽤し、成⼈期や⾼齢期を対象とする個別栄養教育を展開。⼈を健康⾏動に導くスキルについてロールプレイを行うことで体得します。その他にプレゼンテーションスキル、各ライフステージにおける⾷⽣活の特徴を学びます。

実習⾷品加⼯学実習3年生

⾷品加⼯学実習

季節を通じて⾷品加⼯品を作ることにより、⾷品の加⼯原理を体験的に理解します。包丁の使い⽅、原材料の取り扱い⽅など調理の基本も習得。保存できる加⼯を施す作業もあるため衛⽣管理などの知識も活用します。⾷品の加⼯中の変化に対して細かい観察⼒と正確な記録をつける態度を養い、理論で学んだ知識を実習で確認することも⽬的です。

加工食品のキャラメル作り

実験⽣化学実験Ⅱ3年生

⽣化学実験Ⅱ

遺伝⼦診断(DNA鑑定)の基本的な原理や応⽤について理解を深める授業です。酵素反応速度論や酵素タンパク質の精製の基礎を身につけます。実験レポートの作成により、⽣化学の講義で学んだ内容の理解を深めるとともに実験結果を分析し、⾃ら考える⼒を養うことを⽬標とします。さらにデータ分析⼒、理論的⽂章表現⼒、⽂献検索⼒を高めます。

演習総合演習Ⅲ3年生

総合演習Ⅲ

臨床栄養学臨地校外実習の事後教育としてそれぞれの施設における実習内容、実習課題の報告、実践の場で学習した事柄などの情報交換や指導を実施。臨地実習終了後に習得した実習内容の整理および今後の資質向上にあわせた成果発表を行います。また、効果的な職業実践教育を展開するため、実務経験を有する管理栄養⼠による授業を行います。

卒業研究紹介

卒業研究は4年間の学びの集大成です。
食品と栄養の関連分野において、
さまざまな研究テーマを提示。
学生が興味や関心のあるテーマを選び、
一定期間探究します。

山本國夫ゼミ

山本國夫ゼミ

山本國夫ゼミ

コンビニの食品を活用した
慢性腎臓病食レシピを開発

全国に1,300万人以上もいるといわれている慢性腎臓病患者およびその家族の食事療法の負担軽減の一助になるような研究に取り組みました。食品の購入ができる身近な存在であるコンビニエンスストアを活用した慢性腎臓病食のレシピの開発です。研究の成果は「第23回日本病態栄養学会年次学術集会」にて発表し、レシピ集の発刊に期待の声をいただきました。

ゼミ生合同研究チーム
吉澤みな子ゼミ

吉澤みな子ゼミ

吉澤みな子ゼミ

効果的な栄養指導を行うための
料理教室の有用性に関する検討

栄養指導や料理教室に関心があり、志望する進路の病院との共同研究であることからテーマを選びました。従来の栄養指導だけでは食行動の変容につなげることが難しいと考え、別角度からのアプローチとして管理栄養士が料理教室を実施する効果について検討。病院が開催した料理教室で患者さんとコミュニケーションを図れたことは貴重な経験になりました。

植平 帆南さん(4年生) 
大阪府立桃谷高等学校 出身

2019年度 卒業研究タイトル一覧

  • 「スーパーマーケットにおける栄養指導の効果と課題」
  • 「野菜に含まれるカロテイノド定量法について」
  • 「カーボカウント法の初期教育のためのワークの製作研究」
  • 「家庭用LED水耕栽培野菜の栄養成分分析による有用性の検討」
  • 「遺伝子組換え食品の現状についての調査研究」
  • 「コンビニの食品を活用した慢性腎臓病食レシピの開発」
  • 「ミントティー飲用による冷え群、暑がり群の生理応答・
    感覚及びクレペリン検査作業量に及ぼす影響」
  • 「病院勤務の管理栄養士による料理教室の実施と入院患者における
    絶食時の投与栄養素量について~病院管理栄養士のできること~」

在学生の声

夢に向かって勉強できる大学です

川口 絵利圭さん

高校生の時から英語が好きで、大学では英語と管理栄養士の資格を取ることを目標にしています。学部の枠を超えて自由に学べる実践英語プログラムは、私にとってとても魅力的です。将来は両方を活かせる仕事に就きたいと思っています。学生生活では、実習や実験の施設が整っていますし、先生方が親身にいろいろな話を聞いてくださるので、安心して勉強できます。

川口 絵利圭さん(2年生)
兵庫県立明石北高等学校 出身

プレゼン能力の向上を実感しています。

高倉 勇佑さん

学生生活は充実していて、楽しいです。授業では専門的な知識や技術を身につけるだけでなく、プレゼンテーションを行う機会が多いのも特徴だと思います。生化学実験Ⅰでのヨウ素デンプン反応は小学校でジャガイモを使って経験しましたが、大学ではより詳しい反応が見られて、とても興味深かったです。将来は病院で管理栄養士として働けるよう、勉学に励んでいます。

高倉 勇佑さん(2年生)
大阪府立枚方高等学校 出身

施設紹介

健康栄養学部の学生が通う大阪大手前キャンパスには栄養学、
生化学などの実験を行う解剖生理実験室や
チーム医療を学ぶ臨床栄養実習室など、管理栄養士の学びに特化した教育環境が整っています。

大阪城が一望できる教室で学べる!!
解剖生理学実験室(新館)

解剖生理学実験室(新館)

酵素についての特性、生理機能などの知識や理解を深めるために欠かせない実験を行う教室です。人体模型や組織標本、顕微鏡、高性能プロジェクタなど、専門的な授業に必要な設備が揃っています。

学生ラウンジ

学生ラウンジ

ゆとりと開放感のある空間でランチや、ゆったり休憩できる憩いのスペース。詳しくは

図書館(新館)

図書館(新館)

2019年春、新校舎内にお目見えした新施設です。開放感あふれる空間に、集中して学習できるようにパーテーション付きの机などを配置。自由時間も有意義に過ごせるよう配慮しています。

食品加工実習室

食品加工実習室

身近な加工食品を取り上げ、加工法・保存法を学習。添加物をできるだけ使わず、素材本来の味を確認しながら、食品加工の工程を丁寧に学びます。

調理実習室

調理実習室

調理技術を身につける、プロ仕様のさまざまな調理器具を完備。

給食経営管理実習室

給食経営管理実習室

学校給食など大量調理を体験するための最新設備がそろっています。

臨床栄養実習室

臨床栄養実習室

チーム医療に必要な身体計測などを病院のような空間で学べます。

講義教室(新館)

講義教室(新館)

シンプルなモノトーンの家具が並ぶ教室には、プロジェクター投影も可能な横幅が広いホワイトボードを設置、視認性が高く、講義に集中できる環境です。

テラス(新館)

テラス(新館)

中庭から階段で続くテラスには、屋外家具を設けており外の空気にふれながら、読書や会話を楽しめるスペースです。

フィットネスルーム

フィットネスルーム

各種マシンとシャワールームを完備。運動不足やストレスの解消に、放課後は開放し、学生が自由に使えます。

フィットネスルーム

西宮総合グラウンド

緑に囲まれた快適な環境の中に、各種の充実したスポーツ施設を設けています。