管理栄養士の役割

調理の現場はもちろん、病院やクリニック、福祉施設、食品メーカー、行政機関など、医療・教育・ビジネスといった
さまざまな分野で、管理栄養士の知識と技術は求められています。

管理栄養士と栄養士の違い

管理栄養士とは

栄養士より高度な専門的知識と技術が求められる国家資格です。傷病者の療養に必要な栄養指導や学校、事業所など集団給食を提供する施設での食育や栄養管理業務が主な役割になります。全国の合格率60.8%(2018年)。

栄養士とは

学校や事業所、福祉施設などで栄養管理・栄養指導を行うのが主な仕事です。資格取得には厚生労働省が認可した栄養士養成施設で所定の単位を修得する必要があります。本学部では卒業時に栄養士の資格が取得できます。

教育の現場で活躍する
『栄養教諭』って?

小・中学校で「食の自己管理能力」や「望ましい食生活」などについての指導を行います。本学部では所定の単位の修得で、卒業時に栄養教諭の資格が取得できます。

資格習得までの流れ