SPECIAL CONTENTS

食のグローバル化・食文化の理解

管理栄養士のネクストステージ

近年、「食」を取り巻く環境は、
目覚ましい変化を遂げています。
それに伴い、管理栄養士の役割はますます拡大。
今後は国際化も視野に入れた活躍が求められています。

COLUMN 01

外国の習慣や文化を理解して
食事で「おもてなし」を

外国の習慣や文化を理解して食事で「おもてなし」を

来日する外国人の多くが魅力を感じているという日本の食文化。急速なグローバル化が進む中、私たちも外国の習慣や文化を理解して食事で「おもてなし」する準備が必要です。宗教的な食文化の一つに「ハラルフード」があります。イスラム教で許されている食べ物で、ハラルフード以外を口にする行為は神に背くこととされています。世界人口の4分の1がイスラム教徒である現在、ハラル文化への理解は不可欠といえます。また、ハラルフードは清潔かつ安全で健康的であることも興味深く感じます。普段、自分が口にする物が体に良いものなのか否かを判断する意識は大切で、他国の文化を理解し、改めて食事を意識する大切さがわかります。

message

本多 美預子准教授

「これからはバランスよく食べましょう」と言われたら、どんな気持ちになりますか? すぐに方法を教えて欲しいと思いますか? 管理栄養士に必要な栄養教育活動について楽しみながら学びましょう。

COLUMN 02

人種によって発症の仕組みが
大きく異なる糖尿病

外国の習慣や文化を理解して食事で「おもてなし」を

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」で、糖尿病は日本人がなりやすい病気の一つと報告されました。世界の糖尿病患者数も4億人以上と急速に増加しています。呼応して、人間ドックや治療などの医療サービスと観光を組み合わせたツアーに参加し、日本を訪れる外国人も増えています。糖尿病は太っている人がなる病気と思われがちですが、とても複雑で人種によって発症の仕組みが大きく異なっています。欧米人の糖尿病患者は明らかに太っているのに対し、日本人のようなアジア人はインスリン分泌量が少ないため、少しお腹が出る程度でも糖尿病になる可能性が高くなるようです。日本人は糖質を適量食べて、動物性脂肪を多く摂取しない、食物繊維の多い伝統的な日本型の食生活と適度な運動で体重を管理することが糖尿病を予防するためには重要といえます。

message

吉澤 みな子准教授

管理栄養士は病気の方だけでなく、乳幼児から高齢者、アスリートまで、一人ひとりに合わせた栄養指導や栄養管理、給食管理を行う「食」の専門家。活躍の領域はさらに増えると考えられています。