Faculty of Modern Social Studies 現代社会学部 [ 心理学専攻/観光・地域マネジメント専攻/  メディア・社会学専攻/情報・コンピュータ専攻 ]Faculty of Modern Social Studies 現代社会学部 [ 心理学専攻/観光・地域マネジメント専攻/  メディア・社会学専攻/情報・コンピュータ専攻 ]

私の「好き」からひろがる現代社会学。
20234
現代社会学部
始動!

私たちが生きる
これからの社会を
共に創る
「現代社会学部」
始動!

好きなこと、気になること、
興味があること、知りたいこと。
まずはあなた自身がそう感じることから、
私たちが生きるいまの社会を見通してみましょう。
その学びが、次の社会を創造していくうえでの
大切な手がかりとなるのです。
大手前大学ならではの新しい現代社会学部で、
あなたの“これから”も動き始めます。

Faculty

これが大手前大学の「現代社会学部」
心理学専攻MORE

自分自身や人間関係など
普遍的な人間心理を学ぶ

観光・地域
マネジメント専攻MORE

自分が暮らす地域を活性化し
豊かにする方法を学ぶ

社会全体の仕組みや
大きな流れを解き明かす

メディア・
社会学専攻MORENEW

情報技術を理解し
活用できる力を身につける

情報・
コンピュータ専攻MORE

Major

一人ひとりの「なぜなんだろう?」「もっと知りたい」と
いった
好奇心や疑問に、4つの専攻で応えます。

心理学専攻

自分や周囲の人の「こころ」を知る、
社会でのあらゆる活動に役立つ学び。

この社会は、さまざまな人が集まって構成されています。自分も含めた、そうした一人ひとりの「こころ」について学ぶのが、この心理学専攻です。公認心理師に対応したカリキュラムにより心理専門職もめざせますが、それ以上に重視しているのが、人の「こころ」を知ることで社会全体を見通す力や社会と向き合って生きる力を養うこと。「自分探し」「人との関わり」などに興味がある人におすすめです。

科目PICK UP!

心理学概論

心理学の基本や心理学の
面白さを
実際に体験しながら学べる授業。

心理学の基礎を学ぶ入門科目です。座学が中心ですが、「図を使って“自分より上の人に近づくよう自分を引き上げるイメージ”と“自分より上の人を引きずり下ろすイメージ”を思い描いた場合、どちらのほうがより嫉妬心が強くなるか?」といった実験も積極的に実施。体験を通して、心理学の面白さや心理学を学んでいくうえでの基本が、おのずと理解できます。

現代社会学部心理学専攻3年生 木下 光さん
学生の声 STUDENT'S VOICE

木下 光さん

現代社会学部
心理学専攻
3年生

着る服の色でどんな印象が?
「人との関わり方」が変わる学び。

他人がどれだけ近づくと不快に感じるかという「パーソナルスペース」や、色が与える印象についてなど、実験を通して実感として学べるのが面白い。いま一番興味があるのは「成功を収める人の行動の特徴」。将来「どんな姿勢で仕事に取り組むべきか」や「周囲の人をどうサポートできるか」に、こうした学びを生かしたいと思います。

観光・地域
マネジメント専攻

「観光」を柱に、街を元気にする方法を
地域の人々と連携しながら学べる。

自分たちが暮らす街の活性化について学びます。観光資源やホスピタリティビジネスといった「観光」を柱に、地域に根ざした産業や文化を研究。これらを地域振興につなげるための自治体の政策や、商品・サービス・イベントの企画などへの理解も深めます。学外に出て、地域の人々と協力して実際の課題解決に挑戦する機会も豊富。「旅行」「生活文化」「街おこし」などに興味がある人におすすめです。

科目PICK UP!

観光の道しるべ

「道」「温泉」「聖地」「鉄道」
などなど、
テーマごとの視点で
学ぶ観光の入門科目。

観光学の入門的な科目として1年次に開講。「道」「温泉」「聖地」「鉄道」「テーマパーク」「宿」など12のキーワードをテーマに、それぞれにまつわる歴史やそこから広がっているビジネスや文化についても掘り下げて学んでいきます。観光を「入り口」に幅広い知識が身につき、それらの知識が地域マネジメントを深く学んでいくうえでの基盤にもなります。

現代社会学部 観光ビジネス専攻※ 3年生 馬場園 春奈さん
学生の声 STUDENT'S VOICE

馬場園 春奈さん

現代社会学部
観光ビジネス専攻※
3年生

実例やフィールドワークから、
リアルな「地域振興」が学べる!

「インバウンド概論」の授業では、観光客を招くためのイベントに地域ぐるみで取り組む実例について学び、とても興味深く感じました。ゼミでは「西宮・珈琲で地域活性化プロジェクト」に参加し、ドリップコーヒーのパッケージデザインに挑戦。こうした学びを生かし、将来はお土産ものの商品企画の仕事に就きたいと考えています。

※観光ビジネス専攻は2023年4月より観光・地域マネジメント専攻へと名称変更します。

メディア・
社会学専攻NEW

あらゆるメディアコンテンツを通して
現実と仮想が重なる「社会」を学ぶ。

新聞や雑誌、テレビ、インターネット、映画、アニメ、ゲームなど、身のまわりのあらゆるメディアコンテンツから、社会の「今」と「未来」を見通す力を養います。現実社会だけでなく、スマホやPCから広がるサイバー空間も研究対象。デジタルネイティブ世代ならではの観点で、社会の課題を解決する力を育てます。「SNS」「サブカルチャー」「コンテンツビジネス」などに興味がある人におすすめです。

科目PICK UP!

サブカルチャー分析

「アキバ系」などの
サブカル集団から
日本社会が
どう変化してきたかを学ぶ。

戦後日本のサブカルチャーについて社会との関係の視点から学ぶ授業です。具体的には「アキバ系」「暴走族」「オタク」「アキバ系」などなど、多種多様なサブカルチャー集団について、それぞれの文化の成り立ちや時代背景、社会との関わり方などについて考察。半世紀以上にわたって日本の社会がどう変化してきたかも、そこから学びとることができます。

建築&芸術学部メディアコミュニケーション専攻※ 堂本 さくらさん
学生の声 STUDENT'S VOICE

堂本 さくらさん

建築&芸術学部
メディア
コミュニケーション専攻※
3年生

“量産系女子”の自分自身が
研究対象になることに驚き!

「以前はあまりいいイメージのなかった“量産型”に、最近は積極的になろうとする人が多いのはなぜ?」というのが、ゼミでの私の研究テーマ。私自身も音ゲーをやりこんでいる“量産系女子”ですが、そんな自分も学術研究の対象になると「サブカルチャー分析」の授業で知った時は驚きました。メディアや社会について、楽しく学べています。

※「建築&芸術学部」のメディアコミュニケーション専攻は2023年4月より「現代社会学部」の社会・メディア専攻となります。

情報・
コンピュータ専攻

情報科学+社会学の文理を
超えた学びで
社会の課題に技術で
向き合える人材へ。

「情報を活用する力」を養う専攻です。Word・Excelなどビジネス基本ソフトの運用からスタートし、Web制作やプログラミングなどの課題に段階的に取り組むことで、文系出身学生も着実にスキルアップ。現代社会学部の幅広い学びを通して、社会の課題解決に向けて情報技術の観点からアプローチできる力も育てます。「システム構築」「AI」「アプリ開発」などに興味がある人におすすめです。

科目PICK UP!

プログラミング演習

簡単なゲームづくりなどに
挑戦し、
プログラミングの
基本を習得。

2020年に小学校でプログラミングが必修化されるなど、今や「一般常識」になりつつあるプログラミングの基礎を学ぶ、1年次の開講科目です。ブロックを組み上げるようにプログラムが作れる「Scratch」というソフトを使い、キャラクターを動かしたり、簡単なカードゲームを作ったり。楽しみながら、プログラミングの基本スキルが自然に身につきます。

現代社会学部 情報・コンピュータ専攻 2年生 坂根 真矢さん
学生の声 STUDENT'S VOICE

坂根 真矢さん

現代社会学部
情報・コンピュータ専攻
2年生

実践を通して学ぶ授業で、
プログラミングの奥深さに感動!

入学前から独学でプログラミングに取り組んできましたが、授業では実践を通して「単に“動かすだけ”でない、より効率的で理にかなったプログラムがある」といった新たな発見を数多く得ています。CGや3Dモデルを制作する演習も楽しい。この学びを生かし、例えば3DモデルとAIとを組み合わせた新しい何かを創り出してみたいです。

4つの専攻を組み合わせて
学べる大手前スタイル!

たとえばこんな学び

心理情報

心理学専攻情報・コンピュータ専攻

AI時代の
人間らしさを
科学する

たとえばこんな学び

メディア観光

メディア・社会学専攻観光・地域マネジメント専攻

SNSを使った
観光イベントを
研究する

Study

好奇心をかきたてる学びのテーマが、
ここ現代社会学部にはあふれています。
そのほんの一部を、紹介しましょう。

  • Check 01

    嫌な考えばかりに
    なるのはなぜ?
    鬱のメカニズムを探究。

    服部 陽介准教授[心理学専攻]

    服部先生の学生時代からの研究テーマが「鬱」。落ち込んでいる時に嫌なことをつい繰り返し考えてしまうといった、鬱が悪化するメカニズムについて、社会心理学や認知心理学の理論を用いての解明に挑戦しています。

  • Check 02

    「おしゃれで
    住みたい街」
    阪神間の
    ブランド力に
    注目。

    海老 良平准教授[観光・地域マネジメント専攻]

    海老先生は阪神間地域のブランド価値に着目。阪神間地域では、西洋文化が根づき、それが街の魅力を高める要素のひとつに。こうした阪神間のブランド価値形成の背景を考えることで、現代の活性化にも役立てられるよう、研究を進めています。

  • Check 03

    ファンと地域との
    温かい
    交流に着目! 独自の
    視点
    での「聖地巡礼」研究。

    谷村 要准教授[メディア・社会学専攻]

    アニメなどの舞台をファンが訪れる、いわゆる「聖地巡礼」は谷村先生の研究テーマのひとつ。特に「ファンによる現地でのボランティア活動」「地域住民の作品のファン化」など、コンテンツをきっかけとした人と人との交流に注目し、研究を進めています。

  • Check 04

    情報技術でより良い
    教育のあり方を追求する
    「教育工学」。

    本田 直也准教授情報・コンピュータ専攻]

    本田先生の専門は教育工学。例えば、学生の学習に対する評価は科目によってあいまいになりがちですが、これを数値などで客観的に示すシステムを研究。評価システムをきちんと整え、学生の意欲向上と学力アップにつなげます。

Program

NEW 2023年4月誕生!

公務員を志望する
仲間とともに切磋琢磨し、
励まし合って学べる!

大手前独自の公務員養成
プログラムの特徴

  • 市町村行政職に特化した
    プログラム!
  • 学部間のクロスオーバーを
    活かした
    教養試験、SPI対策!
  • SNSやコミニティルームで
    仲間とともに学べる。

正課授業(7科目)

課外授業(公務員対策講座)

SNS &
コミュニティー
ルーム

Crossover

現代社会学部と他学部の授業を
組み合わせることで、
自分だけの学問領域をつくり、
キャリアに結びつけることができます。

たとえば、こんな学び方。
こんな未来。

01消費者心理を理解して
新しいサービスを企画したい。

[現代社会学部]
心理学

[経営学部]
マーケティング

02日本の文化を世界に伝えて、
観光を活性化したい。

[現代社会学部]
観光・地域マネジメント

[国際日本学部]
日本とアジアの文化・文学

03メディアとデザインを学んで
WEBデザイナーに。

[現代社会学部]
メディア・社会学

[建築&芸術学部]
デザイン・造形美術

04AIやデータサイエンスを学んで
ビジネスに活かしたい。

[現代社会学部]
情報・コンピュータ

[経営学部]
デジタルビジネス

経営学部/国際日本学部/現代社会学部/建設&芸術学部

経営学部※

  • 経営
  • 会計
  • マーケティング
  • デジタルビジネス
  • いきいきキャリア

現代社会学部

  • 心理学
  • 観光・地域マネジメント
  • メディア・社会学
  • 情報・コンピュータ

国際日本学部

  • 日本史
  • 東洋史・西洋史
  • 考古学・地理学
  • 日本とアジアの文化・文学
  • 日本語・日本語教育
  • 多文化共生
  • 英語国際コミュニケーション
  • 国際関係学

建築&芸術学部

  • 建築
  • インテリアデザイン
  • デザイン・造形美術
  • マンガ制作
  • 映像・アニメーション
  • 映画・演劇

※2023年4月経営学部(設置届出予定)

オープンキャンパスサイトはこちら