大手前大学

教学運営の基本方針

比較文化研究科 比較文化専攻(博士前期課程)(修士課程)

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学の建学の精神である「STUDY FOR LIFE」に則り、日本をはじめ、欧米、アジア諸国における文学、歴史、思想、社会、芸術など文化現象の比較論的研究・調査を行うとともに、調和のとれた国際感覚を有し、とみにグローバル化へと進む世界への貢献を可能とする優れた資質を備えた学生を受け入れる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

日本をはじめ世界各地域の文学、歴史、思想、社会、芸術などの文化現象の比較研究を行うとともに、国際社会に対応しうる高度な専門知識と広い視野を備えた人材を育成する。この方針に基づいて、修士論文作成に導く必修科目、基礎科目及び関連科目を設置し、専門分野と関連分野の学習、研究を互いに有機的に連携し、補強する教育課程を編成し、実施する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大手前大学大学院比較文化研究科博士前期課程においては、以下に示すような能力を身につけ、所定の科目を30単位以上修得した上で、かつ必要な研究指導を受け、学位論文の審査に合格した者に学位を授与する。

  1. 本学の大学院生が修了するにあたって、備えておくべき能力。
    博士前期課程においては、それぞれの専門を深く理解し、体系的にそれを表現できる知識と能力をもつこと。
  2. 修士論文審査基準
    研究テーマの問題設定が明確であり、その問題設定にもとづいて、文献やデータを適切に利用し、明晰な論理に基づいて立論しそれらの上に、結論として独自の学問的知見を備えていること。
    なお、学位論文としての形式を備えていること、また、研究倫理への十分な配慮がなされていること。

比較文化研究科 比較文化専攻(博士後期課程)

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学の建学の精神である「STUDY FOR LIFE」に則り、日本、欧米、アジア諸国を中心として、世界各地の文学、歴史、思想、社会、芸術など文化現象の比較論的研究・調査を行うとともに、高度な専門知識、調和のとれた国際感覚、さらにとみにグローバル化へと進む世界への貢献を可能とする優れた資質を備え、既にその研究実績に基づいて独自の研究テーマを確立し、さらにそれを深く研究しようとする意欲を有する学生を受け入れる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

日本をはじめ世界各地域の文学、歴史、思想、社会、芸術などの文化現象の比較研究を行うとともに、国際社会に対応できる高度な専門知識と広い視野を備えた人材を育成する。この方針に基づき、各自の博士論文作成に導く研究指導のほか、前期課程のいずれの授業科目をも履修できることを前提とした、自己の研究の基盤をさらに広く深く掘り下げるための教育課程を編成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大手前大学大学院比較文化研究科博士後期課程では、以下に示すような能力を身につけ、かつ必要な研究指導を受け、学位論文の審査に合格した者に学位を授与する。

  1. 本学の大学院生が修了するにあたって、備えておくべき能力。
    博士後期課程においては、自分の専門の分野において、深い思考力と広範な知識を身につけ、自立した研究者としての能力を修得していること。
  2. 博士論文審査基準
    研究テーマが当該分野の研究史をふまえた上で、明確に問題設定されて整然と論じられていること。その問題設定に基づく仮説を検証するために、文献やデータを収集・分析し、新しい独自の学問的見解が示されていること。そしてその成果の一部が、全国レベルの学会誌の投稿に耐えうるものであること。
    なお、学位論文としての形式を備えていること、また、研究倫理への十分な配慮がなされていること。
ページトップへ