大手前大学

教学運営の基本方針

三つの方針

アドミッション・ポリシー

大手前大学は本学の建学の精神、目的、使命及び教育方針に共感し、自ら課題を探求し自律的に考え行動して解決の道を切り拓く意欲と能力に富んだ学生を国内外から幅広く受入れます。多様な能力を持った学生を幅広く受入れるために、多種の選抜方式を用意し公正かつ厳正な選考を行います。

本学は以下の資質を備えた人材を積極的に受入れます。

  1. 問題解決に必要な基礎的知識・能力及びその潜在能力
  2. 旺盛な好奇心・探究心と自己を高めようする強い意欲
  3. 社会に貢献しようとする高い志と社会的責任感

カリキュラム・ポリシー

大手前大学は本学の建学の精神、目的、使命に基づき、リベラルアーツ教育を通じてすべての学生が豊かな教養と専門的学術、旺盛な自己開発精神、優れた国際感覚及び問題解決能力を備えた人材を育成するカリキュラム体系を構築します。

問題解決能力の養成の中心的教育手法として、本学独自に開発したC-PLATS®能力開発システム、その具体的教育手法として「問題解決型学修(PBL学修)」と自ら能動的に考え行動する「自己主導型学修(SDL学修)」を全てのカリキュラムにおいて実施することにより、卒業時までに問題解決に必要なC-PLATS®能力を養成します。

本学は以下の方針に基づきカリキュラムを構築します。

  1. 全ての授業において問題解決に必要な以下に示す10の能力:C-PLATS®を養成する。
    1. (1)社会性基盤能力:チームワーク、社会的責任能力
    2. (2)思考基盤能力:創造力、計画力、論理的思考力、分析力
    3. (3)行動基盤能力:コミュニケーション力、プレゼンテーション力、リーダーシップ、行動力
  2. 学部横断的に専攻プログラムを組み合わせて履修するシステムにより、幅広い視野と豊かな人間性、専門性及び高い問題解決能力を養成する。
  3. 学生の能動的・自律的・主体的学修を促すカリキュラム体系、および教育システムを提供する。
  4. 学修成果を高めるために、学修の系統性や順次性に配慮してカリキュラム体系を構築する。
  5. 不断の教育改革による教育内容の充実と厳正で公正な成績評価により、教育の質保証を行う。

ディプロマ・ポリシー

大手前大学は、本学の建学の精神、目的、使命、及び教育方針に基づき社会に貢献できる価値ある人材として認める学生に対して卒業を認定し、学位を授与します。所定の期間在学し、使命及び教育方針に基づいて設定された授業科目を履修して、基準となる単位数、専攻プログラム、必修プログラム等を定められた成績評価基準を満たして修めることが学位授与の基準となります。

本学は、学生の学修成果を可視化し厳格かつ公正な評価基準に基づく成績評価を行うことにより、学位授与者が以下の知識・能力・態度を身につけていることを保証します。

  1. 専門分野における知識と以下に示す10の能力:C-PLATS®を修得し、それらを駆使して思考し、決断し、行動して社会に貢献することができる。
    1. (1)社会性基盤能力:チームワーク、社会的責任能力
    2. (2)思考基盤能力:創造力、計画力、論理的思考力、分析力
    3. (3)行動基盤能力:コミュニケーション力、プレゼンテーション力、リーダーシップ、行動力
  2. 自ら問題を発見し、多様な人々と協働して問題を解決することができる。
  3. 豊かな人間性、高い倫理観及び社会的責任感を有している。
ページトップへ