大手前大学

教学運営の基本方針

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

通学課程全体

大手前大学は、本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、自ら課題を探求し、自律的に考え行動して解決の道を切り拓く、意欲と能力に富んだ学生を国内外から幅広く受け入れます。多様な能力を持った学生を幅広く受け入れるために、多種の選抜方式を用意し公正かつ厳正な選考を行います。

本学は以下の資質を備えた人材を積極的に受け入れます。

総合文化学部

総合文化学部は、本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、以下の資質を備えた人材を積極的に受け入れます。各種入学試験では、それまでに学習した教科の基礎的知識・技能および下記の資質を多面的・総合的に評価します。

  1. 文化的事象に対する知的好奇心と探究心および自己向上意欲がある。
  2. 文化的事象について学ぶうえで必要とされる基礎的知識と学習能力がある。
  3. 学修成果を活用して社会に貢献しようとする意欲がある。

ついては、基礎的な教科の「国語」、「外国語」、「地理歴史」、「公民」、「数学」、「情報」などの基礎力を身につけていることが望まれます。また、一定程度のコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを重視します。

これらの能力をさまざまな試験によって問います。AO入試では面談によって、志望動機とともにコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを判断し、二次選考で調査書によって高等学校での学習成果を確認します。また、特に優れた外国語能力をもつ人を対象とした英語AO入試を設けています。公募制推薦入試では、調査書の内容と適性検査によって知識と論理的思考力などを見ます。一般入学試験では、各科目の試験を通して、知識や語学力、論理的思考力、数理力などを問います。このほか大学入試センター試験利用入試を設けて、同様の資質を問います。

メディア・芸術学部

メディア・芸術学部は、本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、以下の資質を備えた人材を積極的に受け入れます。各種入学試験では、それまでに学習した教科の基礎的知識・技能および下記の資質を多面的・総合的に評価します。

  1. 創造的表現活動に対する関心・旺盛な探究心と自己を高めようとする強い意欲がある。
  2. 他者とコミュニケーションを取りながら協調・協働し、問題解決をしようとする意欲がある。
  3. 将来に対して明確な目標を持ち、自らの夢に向かって挑戦する意志がある。

ついては、基礎的な教科の「国語」、「外国語」、「地理歴史」、「数学」、「情報」、「芸術」などの基礎力を身につけていることが望まれます。また、一定程度のコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを重視します。

これらの能力をさまざまな試験によって問います。AO入試では面談によって、志望動機とともにコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを判断し、二次選考で調査書によって高等学校での学習成果を確認します。また、芸術性や建築の素養を評価するため、作品AO、建築AO入試を設けています。また、特に優れた外国語能力をもつ人を対象とした英語AO入試を設けています。公募制推薦入試では、調査書の内容と適性検査によって知識と論理的思考力などを見ます。一般入学試験では、各科目の試験を通して、知識や語学力、論理的思考力、数理力などを問います。このほか大学入試センター試験利用入試を設けて、同様の資質を問います。

現代社会学部

現代社会学部は、本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、現代社会のさまざまな事象や課題を自律的に考え解き明かし、多様な学問領域に挑戦する、以下の資質を備えた人材を積極的に受け入れます。各種入学試験では、それまでに学習した教科の基礎的知識・技能および下記の資質を多面的・総合的に評価します。

  1. 現代社会のさまざまな事象・課題に対する関心・旺盛な探究心と向上心がある。
  2. 他者とのコミュニケーションを積極的にとり、課題解決をしようとする意欲がある。
  3. 未来に向かって創造性に積極的に取り組む意志がある。

ついては、基礎的な教科の「国語」、「外国語」、「地理歴史」、「公民」、「数学」、「情報」などの基礎力を身につけていることが望まれます。
また、一定程度のコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを重視します。

これらの能力をさまざまな試験によって問います。AO入試では面談によって、志望動機とともにコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを判断し、二次選考で調査書によって高等学校での学習成果を確認します。また、特に優れた外国語能力をもつ人を対象とした英語AO入試を設けています。公募制推薦入試では、調査書の内容と適性検査によって知識と論理的思考力などを見ます。一般入学試験では、各科目の試験を通して、知識や語学力、論理的思考力、数理力などを問います。このほか大学入試センター試験利用入試を設けて、同様の資質を問います。

健康栄養学部

健康栄養学部は、本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、自ら課題を探求し自律的に考え行動して解決の道を切り拓く意欲と能力に富み、食を通じて国民の健康向上への貢献を志す学生を受け入れます。
多様な能力を持った学生を幅広く受け入れるために、多種の選抜方法を用意し公正かつ厳正な選考を行います。
本学は以下の資質を備えた人材を積極的に受け入れます。

  1. 健康と栄養に対する強い関心と旺盛な探究心および自己成長意欲
  2. 健康と栄養の専門家として社会に貢献しようとする高い志
  3. 管理栄養士を目指すための基盤となる知識・能力

ついては、基礎的な教科の「国語」、「外国語」、「生物」、「化学」、「数学」などの基礎力を身につけていることが望まれます。
また、一定程度のコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを重視します。

これらの能力をさまざまな試験によって問います。AO入試では面談によって、志望動機、特に管理栄養士資格取得への意欲とともにコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを判断し、二次選考で調査書によって高等学校での学習成果などを見ます。公募制推薦入試では、調査書の内容と適性検査によって知識と論理的思考力などを見ます。一般入学試験では、各科目の試験を通して、知識や語学力、論理的思考力、数理力、理科の学力などを問います。このほか大学入試センター試験利用入試を設けて、同様の資質を問います。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

通学課程全体

大手前大学は本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、リベラルアーツ教育を通じてすべての学生が豊かな教養と専門的学術、旺盛な自己開発精神、優れた国際感覚および問題解決能力を備えた人材を育成するカリキュラム体系を構築します。

問題解決能力の養成の中心的教育手法として、本学独自に開発したC-PLATS®能力開発システム、その具体的教育手法として「問題解決型学修(PBL学修)」と自ら能動的に考え行動する「自己主導型学修(SDL学修)」を、全てのカリキュラムにおいて実施することにより、卒業時までに問題解決に必要なC-PLATS®能力を養成します。

本学は以下の方針に基づきカリキュラムを構築します。

  1. 全ての授業において問題解決に必要な以下に示す10の能力:C-PLATS® を養成する。
    (1)社会性基盤能力:チームワーク、社会的責任能力
    (2)思考基盤能力:創造力、計画力、論理的思考力、分析力
    (3)行動基盤能力:コミュニケーション力、プレゼンテーション力、リーダーシップ、行動力
  2. 学部横断的に専攻プログラムを組み合わせて履修するシステムにより、幅広い視野と豊かな人間性、専門性および高い問題解決能力を養成する。
  3. 学生の能動的・自律的・主体的学修を促すカリキュラム体系、および教育システムを提供する。
  4. 学修成果を高めるために、学修の系統性や順次性に配慮してカリキュラム体系を構築する。
  5. 不断の教育改革による教育内容の充実と厳正で公正な成績評価により、教育の質保証を行う。

総合文化学部

総合文化学部は、歴史、文化、国際関係、言語など人類の営為が生み出したさまざまな文化的事象を教育研究の対象とし、文化についての深い洞察力と豊かな教養を身につけ、異文化に対しても広い視野をもって尊重し理解することのできる教養豊かな人材を養成するため、以下の方針に基づいて、教育課程を編成し実施します。

  1. 文化的事象に関する豊かな教養とともに専攻分野における学術的専門性を身につける。
  2. 異なる文化を多角的、多元的にとらえる広い視野と考察力を育む。
  3. 自ら問題を発見し解決を導く主体的・能動的学修を促す。

メディア・芸術学部

メディア・芸術学部は、デザイン・造形美術、マンガ制作、映像アニメーション、建築・インテリア、出版編集、メディアコミュニケーション、映画・演劇を教育研究の対象とし、理論と実践による多様な学修活動を通じて、創造的な構想力と表現力を修得し、文化的に人間生活を考える素養を備えた感性豊かな人材を養成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

  1. 広範な芸術文化活動を理解し、創造的な構想力と表現力を生み出す素養を高める。
  2. 専攻分野の特徴と目的に応じて、社会現場で必要とされる実践的な専門知識、技能等の修得をはかる。
  3. 現代社会における文化の潮流を構造的に理解し、自らが情報発信できる力を身につけるとともに、他者との協働の中で新たな自分を発見し、総合的な力をつける。

現代社会学部

現代社会学部では、心理学、観光ビジネス、ファッションビジネス、情報、企業経営の5専攻を設けています。これらの専攻の学修活動において社会現象を研究の対象とし、現代社会の諸課題を発見・理解できる基礎力を備え、社会で活躍できる人材の養成を目指すため、以下の方針に基づいて、教育課程を編成し実施します。

  1. 社会のさまざまな活動を理解し、洞察力、創造力等を高める。
  2. 社会の課題を発見し、解決を導く能動的な学修を行う。
  3. 専攻分野における、実践的な専門知識、技能等の修得をはかる。

健康栄養学部

健康栄養学部は、「食」を通じて人々の健康および生活の質向上を支援する管理栄養の専門家として、医療、福祉をはじめスポーツ、学校、企業など幅広い分野で社会に貢献できる人材を養成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

  1. 全てのカリキュラムは食と健康のスペシャリストを養成すると同時に、豊かな人間性、高い倫理観、困難を克服する問題解決能力など、社会人としての基盤的能力を養成するものとする。
  2. 専攻科目のうち、基礎教育分野では、社会人経験者を含めたあらゆる学生に対応できるよう、健康と栄養の専門家に必要な自然科学系を重視したカリキュラムとする。
  3. 専攻科目のうち、専門教育分野では、最新の研究成果を取り入れ、社会現場で豊富な経験を持つ医師、薬剤師および管理栄養士による講義および実習を充実させ、社会現場で即戦力となる実践的な専門家の養成をはかる。
  4. 医療、福祉をはじめ多様な分野において必要な専門知識・技能等、および個人の状況に応じた栄養指導のための高度な専門知識・技術等の修得をはかる。
  5. 成績評価は厳正に行い、成績(Grade Point Average=GPA)に基づく適正な学修量を測り、質の高い学修に導く。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

通学課程全体

大手前大学は、本学の建学の精神、目的、使命、および教育方針に基づき、社会に貢献できる価値ある人材として認める学生に対して卒業を認定し、学位を授与します。所定の期間在学し、使命および教育方針に基づいて設定された授業科目を履修して、基準となる単位数、専攻プログラム、必修プログラム等を、定められた成績評価基を満たして修めることが学位授与の基準となります。

本学は、学生の学修成果を可視化し、厳格かつ公正な評価基準に基づく成績評価を行うことにより、学位授与者が以下の知識・能力・態度を身につけていることを保証します。

  1. 専門分野における知識と以下に示す10の能力:C-PLATS®を修得し、それらを駆使して思考し、決断し、行動して社会に貢献することができる。
    (1)社会性基盤能力:チームワーク、社会的責任能力
    (2)思考基盤能力:創造力、計画力、論理的思考力、分析力
    (3)行動基盤能力:コミュニケーション力、プレゼンテーション力、リーダーシップ、行動力
  2. 自ら問題を発見し、多様な人々と協働して問題を解決することができる。
  3. 豊かな人間性、高い倫理観および社会的責任感を有している。

総合文化学部

本学では、所定の卒業要件を満たし、学修によって修得した知識と能力をもって社会に貢献することのできる学生に学位を授与します。総合文化学部では、以下の要件を満たす学生に対して卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 文化に対する幅広い視野と教養および専攻領域における専門的能力を修得している。
  2. 高い問題解決能力を備え、多様な人びとともに課題に取り組むことができる。
  3. 学修によって育まれた豊かな人間性と明確な社会的責任感を有する。

メディア・芸術学部

本学では、所定の卒業要件を満たし、学修によって修得した知識と能力をもって社会に貢献することのできる学生に学位を授与します。メディア・芸術学部では、以下の要件を満たす学生に対して卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 専門分野で培った創造的な構想力をもって社会にかかわっていくことができる。
  2. 他者、社会、世界に関心を示し、多様な人々と協働して問題を解決することができる。
  3. 良質な価値観を持って、文化的で豊かな社会を構築する力となれる。

現代社会学部

本学では、所定の卒業要件を満たし、学修によって修得した知識と能力をもって社会に貢献することのできる学生に学位を授与します。現代社会学部では、以下の要件を満たす学生に対して卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 豊かな教養と旺盛な自己開発精神、専攻領域における専門知識を修得している。
  2. 優れた国際感覚とコミュニケーション能力を備えている。
  3. 学修によって育まれた豊かな人間性と、社会に貢献する意欲と能力を備えている。

健康栄養学部

健康栄養学部の学生には、4年間における学びおよびボランティア活動などの課外活動を通して、健康と栄養の専門家として社会に貢献できる人材として認める学生に対し卒業認定し、学位(栄養学)を授与します。所定の期間在学し、使命および教育方針に基づいて設定された授業科目を履修して、厳正な成績評価のもと基準となる単位数、成績評価基準を満たすことを学位授与の基準とします。

本学は、学位授与者が以下の知識・能力・態度を身につけていることを保証します。

  1. 実践的な管理栄養士として必要な資質を保持するとともに、管理栄養士国家試験に挑戦できるレベルの総合的な能力を有している。
  2. 豊かな人間性と高い倫理観と社会的責任感を有している。
  3. 自ら問題を発見し、多様な人々と協働して問題を解決することができる。

日本高等教育評価機構による認証評価で「認定」を受けました。

大手前大学は、平成27年度に(公財)日本高等教育評価機構による認証評価を受審し、平成28年3月8日付けで同機構が定める評価基準を全て満たしているとの認定を受けました。なお、当該評価の認定期間は、平成27年4月1日から平成34年3月31日までの7年間です。

ページトップへ