トランスファープログラム
Transfer Program
(米国大学編入留学・卒業システム)

大手前大学に入学し、アメリカの大学に編入留学、そして卒業

最終学位はアメリカの大学

「英語コミュニケーション」「国際関係学」専攻の学生は、1年生から英語で英語を学ぶ少人数授業(LEO)、そして世界の中の自分を考え学ぶ実践的な授業(国際関係学)、さらには一般教養科目を英語で学ぶ科目群(GJS)を履修し、個々の学生の適性に合ったガイダンスを受けながら未来のビジョンを創りあげていきます。
その一つの道筋が、アメリカに留学し米国大学を卒業するプログラム。大手前大学では、3年次修了(早期卒業)後の米国編入留学を全面的にサポートします。
日本の大学に入学し、最終的にはアメリカの大学の学位を取得し卒業する、という新しいプログラムに参加してみませんか。

特待生奨学金制度も充実

公募制推薦入試・一般入試の英語科目の得点が80点以上の学生には、最大4年間の学費が全額免除される“英語特待生奨学金制度”が適用されます。
また、優秀な学生に、留学が決定した段階で“留学支援奨学金”が提供される制度もあります。
この奨学生の選考は、学力、英語力、学びへの意欲、コミュニケーション力などを、1年ごとに総合的に判断し、書類審査および面談によって最終決定されます。
したがって、入学時に奨学生ではなくても、めざすことができます。

編入留学までの履修モデル